白川村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しらかわむら
白川村
Ogi Shirakawa-gō, Gifu, Japan.jpg
白川村旗 白川村章
白川村旗 白川村章
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
大野郡
市町村コード 21604-6
法人番号 1000020216046 ウィキデータを編集
面積 356.64km2
総人口 1,487[編集]
推計人口、2020年9月1日)
人口密度 4.17人/km2
隣接自治体 高山市飛騨市
富山県南砺市
石川県白山市
村の木 ブナ
村の花 白山シャクナゲ
白川村役場
村長 成原茂
所在地 501-5692
岐阜県大野郡白川村鳩谷517番地
北緯36度16分15.4秒東経136度53分54.8秒
白川村役場
外部リンク 公式ウェブサイト

白川村位置図

― 市 / ― 町・村

ウィキプロジェクト
テンプレートを表示
白川郷(荻町)全景
冬の白川郷合掌集落

白川村(しらかわむら)は、岐阜県北西部の大野郡にある。北は富山県、西は石川県に接する山村である。村内の白川郷にみられる白川郷・五箇山の合掌造り集落で知られる。

概要[編集]

白川村は日本有数の豪雪地帯であり、特別豪雪地帯に指定されている。このような風土から合掌造りという独特な家屋が生み出された。白川郷・五箇山の合掌造り集落ユネスコ世界遺産に登録されている[1][2]白山国立公園の山並みを背景としたその姿は観光資源としても重要である。また庄川の上流には白水湖御母衣湖といったダム湖がある。

岐阜県内にあるが、東海北陸道は富山県方面の方が先に開通し、岐阜県方面の開通までは同じ飛騨地域の高山市自動車で片道1時間半ほどを要したため、距離的にも近い富山県南砺市との結びつきが強い(2008年の東海北陸道の全線開通により現在は南砺市方面が35分程度、高山市方面は50分程度の所要時間となった)

また岐阜県内の南部の美濃地域よりも富山県石川県へのほうが移動距離が小さい。県庁所在地岐阜市までは自動車で120分程度を要する一方で隣接する富山県の富山市までは75分程度、石川県の金沢市までは70分程度で移動できる(2020年12月現在)。

1999年(平成11年)には、富山県東礪波郡城端町平村上平村西礪波郡福光町(いずれも現在は南砺市)とともに「南砺広域連合」を結成している。村内小白川地区は岐阜県側の放送電波の伝送が難しいため、となみ衛星通信テレビの区域外再送信の対象となっている。

地理[編集]

白川村は岐阜県北部(飛騨地域)のうち北西部に位置する。白山を主峰とする両白山地により石川県と区切られ、北を人形山によって富山県五箇山と区切られている山村である。村の面積の95.7%を山林が占めており、それも急峻なところが多いことが特徴である。山々の間を縫うように庄川が流れ、北に隣接する富山県南砺市へと続いている。庄川沿いのわずかな平坦地に集落が散らばっている。

地形[編集]

山地[編集]

主な山
主な峠

河川[編集]

主な川

瀑布[編集]

主な滝

湖沼[編集]

主な湖

御母衣湖

気候[編集]

白川村(1981–2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C°F 2.9
(37.2)
3.5
(38.3)
7.8
(46)
15.6
(60.1)
21.4
(70.5)
24.7
(76.5)
27.9
(82.2)
29.6
(85.3)
24.8
(76.6)
18.9
(66)
12.7
(54.9)
6.0
(42.8)
16.3
(61.3)
平均最低気温 °C°F −4.7
(23.5)
−5.2
(22.6)
−2.5
(27.5)
2.7
(36.9)
8.3
(46.9)
13.8
(56.8)
18.1
(64.6)
19.0
(66.2)
15.0
(59)
8.2
(46.8)
2.3
(36.1)
−2.0
(28.4)
6.1
(43)
降水量 mm (inch) 275.1
(10.831)
213.3
(8.398)
195.0
(7.677)
143.1
(5.634)
139.9
(5.508)
203.5
(8.012)
280.4
(11.039)
165.1
(6.5)
223.1
(8.783)
148.3
(5.839)
200.5
(7.894)
249.8
(9.835)
2,437.1
(95.95)
降雪量 cm (inch) 356
(140.2)
271
(106.7)
162
(63.8)
23
(9.1)
1
(0.4)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
23
(9.1)
212
(83.5)
1,055
(415.4)
平均月間日照時間 54.7 76.2 116.0 163.3 177.8 145.6 148.3 171.6 118.0 112.9 83.4 61.6 1,426.7
出典:気象庁[3]

人口[編集]

Demography21604.svg
白川村と全国の年齢別人口分布(2005年) 白川村の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 白川村
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

白川村(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

隣接自治体[編集]

岐阜県の旗岐阜県
富山県の旗富山県
石川県の旗石川県

歴史[編集]

白川村の成立[編集]

古くから飛騨国庄川流域は白川郷と呼ばれており、その内「下白川郷」と呼ばれる川下側(北側)が白川村、「上白川郷」と呼ばれる川上側(南側)が荘川村(現:高山市)となった。江戸時代中期から白川村には合掌造り家屋が建設されており、300年以上前に建てられた家屋もあるという[4]

1875年(明治8年)7月29日に町村が統合された際に、芦倉村、有家ヶ原村、飯島村、牛首村、内ヶ戸村、大窪村、大牧村、尾神村、荻町村、加須良村、小白川村、木谷村、島村、椿原村、野谷村、鳩谷村、平瀬村、福島村、馬狩村、牧村及び御母衣村が合併して白川村は立村した[5]1889年(明治22年)の町村制が施行されたときに自治体として発足した。

単独村制の維持[編集]

1995年(平成7年)から2005年(平成17年)にかけて行われた平成の大合併の際には、飛騨地域の全ての市町村で結成した「飛騨地域合併推進協議会」に白川村も参加し、また村内では独自に「白川村広域合併研究会」を設置した[6]。飛騨の最大都市である高山市に編入される形で一市二郡(吉城郡大野郡)で合併する場合と、白川村単独を続ける場合とを比較検討し、2001年(平成13年)に「合併是非論展開表」を取りまとめた[6]

検討の結果、合併した場合の面積は3,229km2鳥取県に匹敵する広域となるため、一体的な行政運営が可能なのか疑問視されたこと、白川村から高山市の中心部までは83㎞もあり移動が困難であること、また人口1,900人足らず(当時)の白川村からは市議会議員を選出できない可能性があること、そして白川村独自のコミュニティ機能が崩壊することが心配され、8割近くの住民が合併に反対した[6]。また、南砺市との結びつきや世界遺産でもある白川郷のイメージを損ねてほしくないという内外の声もあり、2003年(平成15年)に同協議会を離脱し、単独村制を維持することにした。

現在、飛騨地域では唯一のであり(その他の市町村は合併により高山市・飛騨市下呂市の3市となった)、岐阜県内でも白川村の他には加茂郡東白川村[注釈 1]の一村を残すのみである[7]

政治[編集]

行政[編集]

村長[編集]

歴代村長
  • 成原茂 (2011年 -)
  • 谷口尚(1999年4月26日 - 2011年)

対外関係[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

海外[編集]

姉妹都市

経済[編集]

第三次産業[編集]

観光業[編集]

観光地化による影響

白川村が単独の村として存続できている理由としては、合掌造り集落がもたらす観光関連収入により財政状態が良好であることが大きい。 以前から合掌造り集落は観光地として有名であったが、1995年の世界遺産登録[2]以降はさらに多くの観光客が訪れるようになった。

この盛況ぶりが観光関連収入を生む反面、観光客が合掌造りの家(中は普通に生活している家にも関わらず)の戸を勝手に開ける、上がりこみ写真を撮る等のマナーの悪さによる被害が発生したり、合掌集落の住民が勝手に自宅内などでみやげ物屋や駐車場を開設するため、観光地化により素朴さ・日本の原風景であることが損なわれ魅力が低下しているのではないかという危惧を生んでいる[要出典]

生活の変化

2008年(平成20年)7月、東海北陸自動車道全線開通により白川村から高山市などへのアクセスが改善し、高校生が下宿通学から解放され自宅通学可能になるなどの恩恵があった。

施設[編集]

教育[編集]

小中一貫校[編集]

村立

交通[編集]

鉄道[編集]

交通は道路のみであり、村内に鉄道路線は通っていない。

鉄道を利用する場合、高山駅名古屋駅金沢駅新高岡駅富山駅などから高速バスを利用することになる。

なお、高山本線白川口駅は当村やその付近ではなく、加茂郡白川町(美濃白川)に所在する。

バス[編集]

合掌造り集落入口の荻町交差点に隣接して白川郷バスターミナルが整備されており、村を発着するほぼ全ての高速バス・路線バスが乗り入れる。

路線バス[編集]

下記のバス会社が運行する高速バス・路線バスが、周辺自治体から村へのアクセスや村内の移動の手段となっており、村民の重要な交通の足となっている。

道路[編集]

高速道路[編集]

国道[編集]

県道[編集]

道の駅[編集]

観光[編集]

世界遺産[編集]

名所・旧跡[編集]

主な城郭
主な寺院
主な神社

観光スポット[編集]

文化・名物[編集]

祭事・催事[編集]

主な祭事
主な催事
  • 白山白川郷ウルトラマラソン - 白山白川郷ホワイトロードを通じ、隣接市である石川県白山市と共催で行われるウルトラマラソン。2013年より実施。例年9月に開催されている。

出身関連著名人[編集]

白川村を舞台とした作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ なお東白川村は県南部の美濃地方の東部に位置し、白川村とは近接していない。 

出典[編集]

  1. ^ 世界遺産について”. 白川村観光協会. 2011年3月27日閲覧。
  2. ^ a b c Centre, UNESCO World Heritage. “Historic Villages of Shirakawa-go and Gokayama” (英語). UNESCO World Heritage Centre. 2020年12月22日閲覧。
  3. ^ 過去の気象データ検索”. 気象庁. 2013年10月28日閲覧。
  4. ^ 白川郷合掌造り集落保存の歴史(白川郷観光情報|白川村役場)” (日本語). 白川郷観光情報|白川村役場. 2020年12月23日閲覧。
  5. ^ 村制施行(白川村役場)” (日本語). 白川村役場. 2020年12月23日閲覧。
  6. ^ a b c 岐阜県白川村/日本一美しい村つくらまいか ~合掌集落とともに自立を目指して~ - 全国町村会”. www.zck.or.jp. 2020年12月23日閲覧。
  7. ^ 岐阜県の市町村一覧 - 岐阜県公式ホームページ(市町村課)”. www.pref.gifu.lg.jp. 2020年12月23日閲覧。
  8. ^ a b c d 国際交流”. 白川村 (2012年6月13日). 2014年6月17日閲覧。
  9. ^ a b c 姉妹(友好)提携情報”. 自治体国際化協会. 2014年6月17日閲覧。
  10. ^ 白川村立学校設置条例
  11. ^ 旧遠山家住宅(岐阜県大野郡白川村)”. 文化庁. 2012年4月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]