西礪波郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 中部地方 > 富山県 > 西礪波郡
富山県西礪波郡の範囲(薄黄:後に他郡に編入された地域 水色:後に他郡から編入した地域)

西礪波郡(にしとなみぐん)は富山県にあった

郡域[編集]

1896年明治29年)に行政区画として発足した当時の郡域は、おおむね以下の区域に相当する。

  • 高岡市(戸出光明寺、戸出、戸出町、戸出栄町、戸出市野瀬、本保、荒見崎、辻、柴野内島、六家、福田六家、大源寺、答野出、岩坪、国吉、五十里、五十里東町、五十里西町以西)
  • 砺波市(鷹栖・高波・西中・下中・狐島・東中・小島・小杉・林・杉木(すぎのき)・新栄町・寿町・平和町)
  • 小矢部市
  • 南砺市(上川崎、院林、田尻、下吉江、新邸、田中、一日市、下野、小林、高宮、土生新、大西、立野原東、臼中、刀利以西)

歴史[編集]

越中国の南西部全域を占めていた礪波郡が、1896年(明治29年)の郡制施行の際に当時の政治家・上埜安太郎によって西礪波郡と東礪波郡とに分けられたものである。郡役所は石動町(現・小矢部市)に置かれた。

沿革[編集]

1.石動町 2.宮島村 3.子撫村 4.南谷村 5.埴生村 6.南蟹谷村 7.北蟹谷村 8.東蟹谷村 9.藪波村 10.石黒村 11.西野尻村 12.福光町 13.西太美村 14.広瀬村 15.広瀬館村 16.太美山村 17.東太美村 18.吉江村 19.東石黒村 20.戸出町 21.津沢町 22.水島村 23.鷹栖村 24.高波村 25.林村 26.醍醐村 27.是戸村 28.小勢村 29.福田村 30.東五位村 31.立野村 32.福岡町 33.山王村 34.正得村 35.大滝村 36.松沢村 37.若林村 38.荒川村 39.西五位村 40.五位山村 41.石堤村 42.赤丸村 43.国吉村 (桃:高岡市 紫:小矢部市 赤:砺波市 橙:南砺市)

変遷表[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
礪波郡の一部
行政区の変遷
1896年 - 2005年
次代:
(消滅)