井口村 (富山県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いのくちむら
井口村
廃止日 2004年平成16年)11月1日[1]
廃止理由 新設合併
福野町城端町平村上平村利賀村井波町井口村福光町南砺市[1]
現在の自治体 南砺市[1]
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 富山県
東礪波郡
団体コード 16407-1
面積 11.50km²
総人口 1,376
(2004年7月31日)
隣接自治体 井波町城端町福野町福光町利賀村
村の木 ブナ
村の花 福寿草
村の花木 ユキツバキ
井口村役場
所在地 939-1898
富山県東礪波郡井口村蛇喰26番地
座標 東経136度50分00秒
北緯36度32分20秒
井口村の県内位置図
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

井口村(いのくちむら)は、かつて富山県東礪波郡におかれていたである。2004年平成16年)11月1日合併して南砺市となった[1]

国内有数のユキバタツバキの自生地があり、日本一の椿村を目指した。

地理[編集]

  • 山: 赤祖父山、扇山、大寺山、丸山
  • 河川: 山田川、赤祖父川、千谷川
  • 湖沼: 赤祖父池

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

村名は、かつてこの一帯に井口郷があったことに由来する。

江戸時代初期には、井口村の中心集落は「町村(まちむら)」と呼ばれていた。これは中世にこの地点に井口地域の「」があったことを示している。その後、戦国時代の城端町成立の際に「井口の市」は吸収され、「城端の六斎市(後に九斎市)」の一部となった。

1647年正保4年)の資料には、福光から井波へ出る道筋として、「福光村 - 一日市(していち)村 - 宗守村 - 町村(後の井口村) - 井波村」とある。

宗守から東へ進まずにあえて南方の「町村」へ向かっているのは「井口の市」が無くなってから70年以上経過し、中世から近世への時代の変化の中にありながら、市場として栄えていた頃の名残が、この時点で薄れていないからとも考えられる。

現在の町は町村制施行時に成立した。 以降、南砺市になるまで一度も合併は行っていない。

沿革[編集]

明治以前[編集]

これ以降、井口氏は石黒荘大光寺郷の『井口』を本拠にして在地化したといわれる。

  • 14世紀 - この頃には井口に市があったとされる。
  • 1573年元亀4年) - 城端町開町にともない、「井口の市」が城端の市に統合される。
  • 1646年(正保3年) - 資料に「町村」の村名が初見。
  • 1647年(正保4年) - 福光から井波へ出る道筋の中に町村が出てくる。
  • 1652年承応元年) - 町村の村名が「井口村」に改められる。

明治以降[編集]

行政[編集]

  • 村長: 伊東浩(2004年まで)

地域[編集]

教育[編集]

  • 井口村立井口小学校
  • 井口村立井口中学校

交通[編集]

道路[編集]

バス[編集]

  • 福野町営バス

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

  • 椿まつり(3月)
  • ふれあいヘラブナ釣り大会(5月)
  • ふる里ふれあい夏まつり(8月)
  • 椿公園
  • 椿ガーデン
  • ゆ~ゆうランド・花椿
  • トナミロイヤルゴルフ倶楽部
  • 井口遺跡
  • 井口城

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 成田有佳(2014年4月8日). “平成の大合併:10周年 砺波、おそろい作戦展開/南砺、お祝い事業を募集”. 毎日新聞 (毎日新聞社)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]