小矢部市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おやべし
小矢部市
Flag of Oyabe Toyama.JPG
小矢部市旗
Oyabe Toyama chapter.JPG
小矢部市章
市旗・市章、共に1963年昭和38年)4月1日制定
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 富山県
団体コード 16209-4
法人番号 7000020162094
面積 134.07km2
総人口 30,043
推計人口、2016年10月1日)
人口密度 224人/km2
隣接自治体 砺波市南砺市高岡市
石川県金沢市河北郡津幡町
市の木 宮島杉
市の花 ハナショウブ
市の花木 紅梅
小矢部市役所
所在地 932-8611
富山県小矢部市本町1番1号
北緯36度40分31.9秒東経136度52分7.3秒
小矢部市役所
外部リンク 小矢部市

小矢部市位置図

― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト
小矢部市中心部周辺(石動地区)の空中写真。1975年撮影の3枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

小矢部市(おやべし)は、富山県西部にある

概要[編集]

江戸時代では富山市金沢市に近かったことから、北陸街道宿場町として栄えた。現在は金沢市への通勤・通学率が高く、県境を跨いで金沢都市圏を形成している。能越自動車道東海北陸自動車道北陸自動車道の三つの高速道路が通る交通の要衝として工業化が進み、市内にはリクシル伊藤ハムスズキパナソニック等の企業の工場がある。市内の中心部には小矢部川が流れている。市内には有名建築を模した保育所小学校中学校が立ち並び、メルヘンの街として有名である。

地理[編集]

北部から北西部から南西部にかけては山地ならびに中山間地。東部から南部にかけては砺波平野の一角を成し、石動・津沢の両市街地を除いて全般に散居村ののどかな景観が広がる。

  • 山: 稲葉山、三国山
  • 河川: 小矢部川、子撫川、渋江川
  • 湖沼: 子撫川ダム湖

隣接する自治体[編集]

沿革[編集]

人口[編集]

Demography16209.svg
小矢部市と全国の年齢別人口分布(2005年) 小矢部市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 小矢部市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
小矢部市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 35,367人
1975年 35,791人
1980年 36,497人
1985年 36,711人
1990年 36,374人
1995年 35,785人
2000年 34,625人
2005年 33,533人
2010年 32,078人
総務省統計局 国勢調査より

行政[編集]

市長[編集]

  •  市長 - 桜井森夫
実の祖父桜井与蔵も2代目の市長を務めていた。

市役所[編集]

  • 小矢部市役所
    • 小矢部市本町1番1号
  • 津沢コミュニティプラザ(旧砺中支所)
    • 小矢部市清水369番地1

その他[編集]

  • 基本的に砺波地区であるが、高岡地区広域圏事務組合(高岡市・氷見市と構成)にも属する。この他、高岡地区のカテゴリーに含まれるところは:
    • 富山県高岡土木センター
    • 富山県高岡農林振興センター(高岡農地林務事務所と高岡農業普及指導センターとの合併により発足)
    • 富山県観光連盟砺波地区会には属していない。
    • 電話の市外局番(高岡MAの0766)
      • ただ、同じく旧西砺波郡の高岡市戸出地区福岡地区とともに市内局番が60番台のため、事実上「西砺波MA」ともいえる。
  • 平成の大合併」では、前市長の大家啓一が旧西砺波郡福岡町との1市1町合併を所望していたが、福岡町及び当時の町長の石澤義文は元々高岡市志向が強いこともあり高岡市との合併の意志が強く、小矢部市は形勢不利であった(福岡町はすでに火葬場建設組合事業、ケーブルテレビ事業などでも高岡市と提携していた)。また、福岡町及び石澤は合併にあたり「砺波地区とは一緒にやれない」として、砺波地区からの離脱の意向も示していた。やがて高岡市・福岡町サイドから、2市1町による高岡広域圏内での合併案を持ち掛けられるも、今度は逆に小矢部市サイドに砺波市志向が強い背景もあって誘いを拒否。単独市制の道を選んだ。これにより「となみ野」の一員としての面目を保つこととなった。
  • 最近では富山県内の消防本部の再編への動きが本格的に進みつつあるが、この小矢部市でもあくまでも砺波医療圏(砺波市・小矢部市・南砺市)での統合を求める声と、高岡広域圏での統合を望む声とに分かれていたが、結果的に2011年4月1日、砺波医療圏での統合により「砺波地域消防組合」を設立することになった。 

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

2001年8月24日姉妹都市提携
2006年2月20日高岡市・小矢部市災害時相互応援協定締結
2012年4月18日北秋田市・小矢部市災害時相互援助協定締結
2014年2月19日大府市・小矢部市災害時相互援助協定締結

経済[編集]

産業[編集]

小矢部市に本社を置く企業
主な事業所
  • リクシル小矢部工場
  • カーマ小矢部物流センター
  • パナソニックエコシステムズ小矢部
農業協同組合

公共機関[編集]

小矢部警察署

警察[編集]

  • 小矢部警察署富山県警察
    • 水島駐在所
    • 津沢駐在所
    • 若林駐在所
    • 正得駐在所
    • 北蟹谷駐在所
    • 宮島駐在所
    • 南谷駐在所
    • 薮波駐在所
    • 小矢部検問所

消防[編集]

医療機関[編集]

地域[編集]

教育[編集]

過去に存在した学校

交通[編集]

石動駅

鉄道路線[編集]

バス路線[編集]

道路[編集]

マスメディア[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

クロスランドおやべの「クロスランドタワー」

国内外の代表的な洋風建築物をモデルにしたメルヘン建築物[1]が数多く建てられていることで有名。

出身有名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 建築家中川理は「ディズニーランダゼイション」(ディズニーランド化)と呼んでいる。小矢部市立蟹谷中学校が典型的で尖塔はオックスフォード大学、校舎中央はベルサイユ宮殿、左右は迎賓館を模倣した建築である。

外部リンク[編集]