戸出町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
戸出町
廃止日 1966年2月10日
廃止理由 編入合併
戸出町中田町高岡市
現在の自治体 高岡市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 富山県
西礪波郡
面積 21.05km2.
総人口 11,034
国勢調査1965年
隣接自治体 高岡市福岡町中田町砺波市
戸出町役場
所在地 939-1104
富山県高岡市戸出町3-4-4
外部リンク 戸出町
座標 北緯36度41分2.7秒
東経136度58分34.3秒
高岡市内での戸出(図中の南の地域)
 表示 ウィキプロジェクト
戸出町の最大行事「戸出七夕まつり」の夜景。ちょうちん飾りが見られる。(2004年7月撮影)
同じく「戸出七夕まつり」の夜景。中央の大竹飾りに“かんざし”が見られる。(2005年7月撮影)
こちらも「戸出七夕まつり」の夜景。七夕竹飾りの本数では日本一の規模を誇る。(2007年7月撮影)

戸出町(といでまち)は、現在の富山県高岡市南部に存在していた1966年2月10日高岡市編入合併し、高岡市の一部となった。この項目では、現在の戸出地域についても解説する。現在の戸出地域は、戸出(といで)、醍醐(だいご)、是戸(これと)、北般若(きたはんにゃ)の4地域から構成される。

歴史[編集]

陸路での大量の物品運搬が困難だった時代、庄川本流だった千保川の水運は砺波の大動脈だった。また、中世以降北陸道の主道として栄えた上使街道高岡開町の後も多くの人の往来があった。

そんな千保川上使街道が交わる要衝の地に発展の可能性を見い出した礪波郡下中条村十村の川合又右衛門は、1617年元和3年)にこの地の新開を加賀藩に願い出て許可を得た。

江戸時代初期、砺波平野平野部の開墾が盛んに行われたが戸出地区は砺波平野平野部において最も歴史の古い町である。戸出開町の後、出町、福野福光、津沢の順に砺波平野平野部に他の町が成立していった。

その後、戸出地区では六斎市(毎月、2、7、12、17、22、27日に行われる市)が開催され町として形態を整えてた。だが高岡の町に近かったこともあり市は次第に廃れていった。

1635年寛永12年)頃より苧麻を原料としたの生産が盛んになった。以降、は戸出地区の特産品として知られるようになった。1654年承応3年)には、当時、礪波郡で最大規模の戸出御蔵が置かれた。また、福光道加賀街道井波道城端道上使街道宿場町としても栄えた。

2003年平成15年)の戸出古戸出遺跡発掘の際には8世紀後半~9世紀頃の土師器須恵器が見つかっており平安時代にはこの地域に集落が存在していたことがわかっている。延喜式小野宮年中行事等平安時代の書物に、胡麻油が越中の特産品だった旨の記載があることからその頃当地でも胡麻油の生産が盛んであったと推測される。

また奈良時代東大寺荘園「杵名蛭村」が戸出市野瀬近辺に存在したとする学説も発表されている。

年表[編集]

町章[編集]

旧・戸出町の町章は“戸”いう文字花びらを図案化したものである。の名所として近隣に知られた戸出公園を意識してデザインされたと考えられる。1966年2月10日高岡市になるまで使用された。現在、毎年7月6日に行われる戸出七夕まつりの民謡踊り街流しの際に、この町章がデザインされた浴衣が着用されている。

地名の由来[編集]

  • 1614年頃の越中古地図には「灯油田」という村名が残っている。古来、「戸出」は「灯油田」と書かれていたということである。
  • この地で灯油荏胡麻油胡麻油菜種油)の生産が盛んであったために、この名がついたと考えられている。現在当地では菜種油が生産されているが、菜種油の生産が日本全国に普及したのは江戸時代中期であり、地名の由来となったのは胡麻油か荏胡麻油であろう。戸出地区近辺には灯油にまつわる地名が他にもみられる。砺波の「油田」や醍醐の「油屋」などが一例である。このことから、かつては、この一帯ではかなりの広範囲にわたり灯油の生産が行われていたと考えられている。
  • 「灯油田」が「戸出」と表記されるようになったのは川合又右衛門が加賀藩より受けた「戸出野開きの御印」に起因する。「『戸』を『出』でて『野』を拓く」との思いと込めこの文字を当てたと考えられている。

産業[編集]

教育施設[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

城端線

道路[編集]

一般国道

主要地方道

一般県道

特産品[編集]

観光[編集]

祭事・催事[編集]

名所・旧跡[編集]

現在の戸出[編集]

地域の特色[編集]

市街地域[編集]

市街地域は、町制施行前の戸出、古戸出、中之宮の3村の領域からなる。

東町(ひがしまち)
町並みのに位置することからこの名がついた。現在の1丁目 - 2丁目の一部。戸出駅などがある。
秋葉町(あきばちょう)
1949年(昭和24年)5月1日、町を大火が襲った。その後、1952年(昭和27年)、火防の神として知られる秋葉大権現を勧請し、町名を「東横町」から「秋葉町」に改めた。東町の。北町のに位置する。現在の2丁目の一部。
御蔵町(おくらまち)
加賀藩戸出御蔵の東側に開かれた町。現在は当時の御蔵はない。東町の南。年配の人の中には、古い呼び名である「御蔵横町(おくらいよこちょう)」と呼ぶ人もいる。現在の2丁目の一部。
巴町(ともえまち)
町名の由来は「巴御前は大清水村の村娘だった」という戸出地区の民間伝承と関連するとする説もある。元禄時代より続けられている幌武者行列では巴町の子供が巴御前に扮して町をねり歩く。旧・国道156号の東側に位置する。東町から見て西、本町から見てにある。現在の2丁目の一部。
寺町(てらまち)
戸出開町の祖である川合家の菩提寺である永安寺があるためにこの名がついた。本町より移転された御旅屋門がある。ファミリープラザハニーがあった辺り。巴町の。ハニー開店以前、バス停の名は「戸出ハニー前」ではなく「戸出寺町」であった。現在の2丁目の一部 - 3丁目の一部。
馬場町(ばんばまち)
千保川の番屋があったといわれておりその「番屋」が訛って「馬場」となったと考えられている。寺町の。現在の2丁目の一部 - 3丁目の一部。馬場町、寺町の東側には当時に庄川本流でもあった千保川が流れていた。そしてここには大きな船着場があった。また、この地に馬場があったためとする説もある。馬場町で代々馬を生産してきた澤田家では1863年(文久3年)に馬頭観音像を安置したものが現在にまで残っている。
北町(きたまち)
町並みのに位置することからこの名がついた。巴町のJAの支店や会館などがある。現在の2丁目の一部 - 3丁目の一部。
本町(ほんまち)
町並みの中央に位置することからこの名がついた。「戸出の四つ角」から西側が本町となる。巴町の西。「戸出の四つ角」にある石田薬局 - 北陸銀行 - 戸出野神社参道までのところに、戸出開町の祖である川合家の屋敷及び加賀藩御旅屋があった。現在の3丁目の一部。
新田町(しんでんまち)
新田才許(加賀藩より新田を開墾するよう命じられた役職)が新たに開墾した「新田嶋」という地名からとって「新田町」とした。本町の西国道156号の東側。現在の3丁目の一部。
富久町(ふくまち)
新田町の戸出野神社の西側。年配の人の中には、古い呼び名である「南町(みなみちょう)」と呼ぶ人もいる。現在の3丁目の一部。
古中東町(ふるなかひがしまち)
「古中」という名称は昔の村名の頭文字に由来するものである。元々は、上使街道をはさみ、は、旧・中之宮村、は、旧・古戸出村であり、別々の自治組織があった。1948年(昭和23年)頃、自治上の不便を解消するためにこれを1つにして「古中」とした。さらに、古中の東に位置するのでこの町名となった。国道156号の西側。現在の4丁目の一部。
古中中町(ふるなかなかまち)
古中の中央に位置するのでこの町名となった。現在の4丁目の一部。
古中西町(ふるなかにしまち)
古中の西に位置するのでこの町名となった。現在の5丁目。

市街地域の地名変遷[編集]

1966年以前は、「戸出町」以下に1889年の町制施行前の旧村名、大字名、地番を付していた。古い家の表札には今でも下のような住所で書かれていることがある。

西砺波郡戸出町戸出字御灯淵○○番地

1966年高岡市への編入合併に伴い変更され、下のようになる。

高岡市戸出町戸出字御灯淵○○番地

1971年、市街地域(戸出、古戸出、中之宮の3地域)を1丁目から5丁目までを以下のように割り振り、現在に至っている。なお、6丁目と7丁目は歴史の項目にある通り、これ以降に開町している。

高岡市戸出町2丁目○番×号

現在の地名(丁目)は以下の通りである。

  • 1丁目:JR城端線の東側地域。
  • 2丁目:JR城端線から旧・国道156号までの地域。
  • 3丁目:旧・国道156号から国道156号線(バイパス)までの地域。
  • 4丁目:国道156号(バイパス)から馬市川まで。
  • 5丁目:馬市川の西側地域。古中西町の地域。

市街地域以外[編集]

  • 市街地域以外の戸出地区としては、狼、市野瀬、市野瀬新、伊勢領集落がある。
  • 伊勢領は比較的人家はばらけているが庄川扇状地の湧水地帯の北側にあるために散居村ではなく塊村となっている。
  • 狼、市野瀬は千保川左岸自然堤防である微高地上に成立した集落である。狼、市野瀬集落の東側、北般若地区春日集落までの間には人家のない田園地帯が広がっているが、これは江戸時代中期まで庄川の本流として流れていた千保川の川床の名残である。
  • 市野瀬新は1685年貞享2年)に市野瀬集落の東に拓かれた集落である。

参考文献[編集]

  • 戸出史料(大正8年)
  • 戸出町史(昭和47年)
  • 戸出400年のあゆみ(平成18年)

外部リンク[編集]