白川八幡神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
白川八幡神社
白川八幡神社
所在地 岐阜県大野郡白川村荻町559
位置 北緯36度15分17.3秒 東経136度54分20.8秒 / 北緯36.254806度 東経136.905778度 / 36.254806; 136.905778 (白川八幡神社)座標: 北緯36度15分17.3秒 東経136度54分20.8秒 / 北緯36.254806度 東経136.905778度 / 36.254806; 136.905778 (白川八幡神社)
主祭神 八幡神応神天皇
創建 和銅年間
地図
白川八幡神社の位置(岐阜県内)
白川八幡神社
白川八幡神社
テンプレートを表示

白川八幡神社(しらかわはちまんじんじゃ)は、岐阜県大野郡白川村にある神社である。

世界遺産白川郷にある神社である。かつての白川郷は飛騨国庄川流域一帯のことであり、1875年(明治8年)、尾神村(御母衣ダムで水没)以北の「下白川郷」23ヶ村が白川村、海上村(御母衣ダムで水没)以南の「上白川郷」18ヶ村が荘川村(現高山市)になっている。白川八幡神社は、かつては上白川郷と下白川郷、計41ヶ村の産土神とされていた。

毎年10月、どぶろく祭りが行われる。

祭神[編集]

応神天皇

拝殿

沿革[編集]

文化財[編集]

白川八幡神社のスギ(村指定天然記念物)[2]

所在地[編集]

岐阜県大野郡白川村荻町559

交通[編集]

自動車[編集]

東海北陸自動車道白川郷ICより約1 km。

公共交通機関[編集]

高速バス路線バス白川郷バスターミナル下車、徒歩12分[3]。同所までの交通アクセスは白川郷#路線バスを参照のこと。

かつては神社のすぐ目の前に加越能バスの「荻町神社前」バス停があり[4]五箇山を経由して高岡駅前までを結ぶ路線バスが発着していた[5]

その他[編集]

拝殿にある絵馬架け

同人ゲーム・ひぐらしのなく頃にに登場する、古手神社のモデルといわれている。そのため、神社にかけられた絵馬の8割程度に、同作に関連するイラストが描かれている。

脚注[編集]

  1. ^ 白川八幡神社”. 岐阜県神社庁. 2018年1月5日閲覧。
  2. ^ 白川村の文化財”. 白川村 (2012年6月12日). 2013年4月21日閲覧。
  3. ^ 白川八幡神社”. トゥーエイト (2018年11月14日). 2020年4月13日閲覧。
  4. ^ バス停「荻町神社前」”. NTTレゾナント (2015年3月30日). 2020年4月13日閲覧。
  5. ^ 【加越能バス】世界遺産バス本格運行のお知らせ”. 白川村 (2014年10月1日). 2020年4月13日閲覧。