八百津町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やおつちょう
八百津町
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
加茂郡
団体コード 21505-8
法人番号 8000020215058
面積 128.79 km²
総人口 10,831
推計人口、2016年10月1日)
人口密度 84.1人/km²
隣接自治体 恵那市美濃加茂市可児市瑞浪市
加茂郡川辺町七宗町白川町
可児郡御嵩町
町の木 マツ
町の花 ササユリ
八百津町役場
所在地 505-0392
岐阜県加茂郡八百津町八百津3903番地の2
北緯35度28分33.7秒東経137度8分29.6秒
八百津町役場
外部リンク 八百津町

八百津町位置図

― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

八百津町(やおつちょう)は、岐阜県加茂郡にあるである。

概要[編集]

八百津町は、北の飛騨川と南の木曽川に挟まれた集落で、海抜120m前後の河岸段丘に沿って住宅、農地が広がっているが、過疎化が進んで人口が減少傾向にある。地場産業の八百津煎餅は、最大時260店舗があったが、現在は32店舗に減少している。

地理[編集]

岐阜県の中南部に位置し、面積の約8割が山林である。

名前の由来[編集]

八百津の地名の由来は、古代の地名からであるとするもの[1]、町を流れる木曽川に丸山ダムができる以前は木材を流しており、それを集積する港(津)が多い(八百)、などがある。たしかに八百津橋がかかる地域の地名は「港町(八百津町八百津港町)」ではあるが、八百津町のホームページにおいては町名の由来は述べられていない。

歴史[編集]

人口[編集]

Demography21505.svg
八百津町と全国の年齢別人口分布(2005年) 八百津町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 八百津町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
八百津町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 16,396人
1975年 15,822人
1980年 15,451人
1985年 15,215人
1990年 14,731人
1995年 14,323人
2000年 13,632人
2005年 12,935人
2010年 12,049人
総務省統計局 国勢調査より

歴代町長[編集]

産業[編集]

古くから林業が行われているほか、第2次産業が盛んである。

  • 内堀醸造(酢の製造会社)
  • 味噌平醸造(醤油や味噌の製造会社)
  • コデマリカフェ

教育[編集]

岐阜県立八百津高等学校

小学校[編集]

  • 八百津町立
    • 八百津小学校
    • 錦津小学校
    • 和知小学校
    • 久田見小学校
    • 福地小学校(2010年に閉校。久田見小学校に統合)
    • 潮見小学校

中学校[編集]

  • 八百津町立
    • 八百津中学校
    • 八百津東部中学校

高等学校[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

町内に鉄道は通っていない(最寄り駅は名鉄広見線明智駅(可児市)またはJR高山本線古井駅(美濃加茂市)、同中川辺駅(川辺町)。かつては名鉄八百津線が町内を通っており、八百津駅中野駅の2駅があったが、2001年に廃止となった。

バス[編集]

道路[編集]

高速道路[編集]

町の西端を東海環状自動車道が走るが、町内にはインターチェンジはない。最寄は可児御嵩インターチェンジまたは美濃加茂インターチェンジ

一般国道[編集]

一般県道[編集]

町内の道路通称名[編集]

  • 犬山街道(岐阜県道83号多治見白川線の一部、岐阜県道381号多治見八百津線の一部)

その他[編集]

  • 八百津町は、同町が杉原千畝の出身地である主張して[2] [3]、杉原千畝による自筆手記2点を含む日本通過ビザ発給の記録、いわゆる「杉原リスト」[4][5]ユネスコ世界記憶遺産登録申請書を提出した[6]。一方、八百津町が管理する杉原千畝の戸籍には、武儀郡上有知町(現在の美濃市)で出生と書かれている[7]ことが判明したため、これを受けて美濃市が調査したところ、出生地とされる住所には「教泉寺」という寺があり[7]、千畝の父である杉原好水が当時勤務していた税務署が、寺に隣接していた事がわかった[7]。なお、杉原千畝の四男は、週刊新潮の取材に対し、ユネスコに世界記憶遺産として登録申請された手記あるいはその下書きとされている原稿には改竄の疑いがあると述べている[8]。また、2016年12月末、日本ユネスコ国内委員会の要請に従い、「杉原リスト」登録申請書における「birth place:生誕地」の文言を「hometown:出身地」と書き改めた[9]。さらに2017年2月中には、出生について書かれた手記と称する2通文書の取り下げるとともに、同申請書から同町が杉原氏の「hometown:出身地」であると書かれた文章を削除していたことが明らかになった[10]
  • 口裂け女は、1978年12月初めに岐阜県加茂郡八百津町で、農家の老婆が母屋から離れたトイレに立った際、口裂け女を見て腰を抜かしたという噂が『週刊朝日』1979年6月29日号に記事として紹介され当時、社会問題化した[11]

名所・旧跡・観光[編集]

フォトギャラリー[編集]

出身有名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 岐阜県の地名
  2. ^ 八百津町ホームページ 杉原千畝はどういう人”. 2017年1月6日閲覧。
  3. ^ 八百津町へ行こう|杉原千畝記念館”. 2017年1月6日閲覧。
  4. ^ 平成27年9月24日 岐阜県報道発表資料”. 2017年1月6日閲覧。
  5. ^ ユネスコ記憶遺産(国際登録)国内公募の選定結果について”. 文部科学省 (2015年9月24日). 2017年1月24日閲覧。
  6. ^ “世界記憶遺産へ登録申請 杉原千畝の資料と上野三碑”. 日本経済新聞. (2016年5月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO02549310Z10C16A5000000/ 2017年1月6日閲覧。 
  7. ^ a b c “千畝氏の出生たどる 戸籍記載の美濃市の寺 四男が訪問”. 岐阜新聞. (2016年7月12日). http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20160712/201607120921_27638.shtml 2016年11月16日閲覧。 
  8. ^ 「世界記憶遺産」に申請された命のビザ「杉原千畝」手記の改竄疑惑 週刊新潮 2016年11月02日
  9. ^ “命のビザ、八百津から世界へ 記憶遺産登録へ高まる期待”. 中日新聞. (2017年2月6日). http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20170206/CK2017020602000026.html 2017年2月6日閲覧。 
  10. ^ “出生巡る手記見送り 千畝氏「世界の記憶」申請”. 岐阜新聞. (2017年2月22日). http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170222/201702220830_29059.shtml 2017年2月22日閲覧。 
  11. ^ 平泉悦郎「全国の小中学生を恐れさせる「口裂け女」風説の奇々怪々」、『週刊朝日』83巻27号(通巻3191号)、朝日新聞出版1979年6月29日NCID AN10051537
  12. ^ 出身地違った?「日本のシンドラー」週刊朝日 1999.9.17

外部リンク[編集]