飛越七橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国道156号標識
飛越七橋の案内板(富山県南砺市)

飛越七橋(ひえつななきょう)は、岐阜県富山県の県境付近の庄川に架かる、国道156号の7箇所のの総称である。

この付近は庄川の蛇行のため、国道156号は短い区間で7箇所の県境を6本の橋で通過する。飛越七橋はこの6本の橋に楮橋を加えたものである。この区間を飛越峡合掌ラインともいう。

それぞれの橋の高欄は7色に塗り分けられ、「虹のかけ橋」の愛称がある(ただし、色はの色とは一致していない)。

概要[編集]

庄川の上流側から記述する。

合掌大橋[編集]

飛越七橋で最長の橋「合掌大橋」

白川郷・五箇山の合掌造り集落合掌造りをモチーフにしている。飛越七橋では最も長く、県境を2回通過する。橋の中央に公園と完成祈念碑がある。

  • 橋名: 合掌大橋(がっしょうおおはし)
  • 供用: 1976年(昭和51年)
  • 延長: 440.1m
  • 幅員: 9.5m
  • 構造: 2径間連続箱桁斜張橋+2径間鋼鈑桁橋
  • 区間: 岐阜県大野郡白川村小白川
橋の中央(公園)で、富山県南砺市成出を通過するが、橋の両端とも白川村小白川である。
  • 高欄の色: 黄
  • 桁の色: 茶
  • 管理者: 岐阜県

飛越橋[編集]

飛騨国越中国を跨ぐことから、飛騨国のと越中国のから命名された。

  • 橋名: 飛越橋(ひえつばし)
  • 供用: 1976年(昭和51年)
  • 延長: 149.0m
  • 幅員: 9.5m
  • 構造: 3径間連続非合成鈑桁
  • 区間: 岐阜県大野郡白川村小白川 - 富山県南砺市成出
  • 高欄の色: 赤
  • 桁の色: 赤
  • 管理者: 岐阜県

成出橋[編集]

  • 橋名: 成出橋(なるでばし)
  • 供用: 1976年(昭和51年)
  • 延長: 197.9m
  • 幅員: 9.5m
  • 構造: アーチ合成鈑桁
  • 区間: 富山県南砺市成出 - 岐阜県大野郡白川村小白川
  • 高欄の色: 赤
  • 桁の色: 赤
  • 管理者: 岐阜県

小白川橋[編集]

  • 橋名: 小白川橋(こしらかわばし)
  • 供用: 1977年(昭和52年)
  • 延長: 126.0m
  • 幅員: 9.5m
  • 構造: 鋼鈑桁橋1連+上路トラス橋
  • 区間: 岐阜県大野郡白川村小白川 - 富山県南砺市楮
  • 高欄の色: 緑
  • 桁の色: 赤
  • 管理者: 富山県

宮川原橋[編集]

宮川原の名の由来として、天正年間の山崩れで神社が庄川の川原に押し流され、数年後にこの地で御神体の木像が見つかったという伝説がある。

  • 橋の名前:宮川原橋(みやかわはらばし)
  • 供用:1978年(昭和53年)
  • 延長:127.5m
  • 幅員:9.5m
  • 構造:トラス橋
  • 区間:富山県南砺市楮-岐阜県大野郡白川村小白川
  • 高欄の色:青
  • 桁の色:赤
  • 管理者:富山県

火の川原橋[編集]

木材を運搬するさい、筏で庄川を下った人々がこの川原で休憩し、焚き火をしたという。

  • 橋の名前:火の川原橋(ひのかわらばし)
  • 供用:1978年(昭和53年)
  • 延長:120.0m
  • 幅員:9.0m
  • 構造:トラス橋
  • 区間:岐阜県大野郡白川村小白川-富山県南砺市楮
  • 高欄の色:藍
  • 桁の色:赤
  • 管理者:富山県

楮橋[編集]

この橋のみ、県境を跨がない。

  • 橋の名前:楮橋(こうずばし)
  • 供用:1975年(昭和50年)
  • 延長:106.9m
  • 幅員:9.5m
  • 構造:トラス橋
  • 区間:富山県南砺市楮-南砺市打越
  • 高欄の色:紫
  • 桁の色:赤
  • 管理者:富山県

関連項目[編集]

外部リンク[編集]