大野町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおのちょう
大野町
Ono rose garden.jpg
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
揖斐郡
市町村コード 21403-5
法人番号 8000020214035 ウィキデータを編集
面積 34.20km2
総人口 22,601[編集]
推計人口、2019年10月1日)
人口密度 661人/km2
隣接自治体 瑞穂市本巣市揖斐郡揖斐川町池田町安八郡神戸町
町の木 もみじ
町の花 つつじバラ
大野町役場
町長 宇佐美晃三
所在地 501-0592
岐阜県揖斐郡大野町大字大野80番地
北緯35度28分14.2秒東経136度37分39.2秒
Gifu Ono Town Hall ac.jpg
外部リンク 公式ウェブサイト

大野町位置図

― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト
来振神社
揖斐二度桜
町内の根尾川に設けられている「自然石パノラマ魚道」

大野町(おおのちょう)は、岐阜県揖斐郡濃尾平野の西北端に位置する。

地理[編集]

濃尾平野の北西端に位置する。北部に標高300m程の山地があるが、町域の大半は平地である。揖斐川根尾川の合流地域に位置し、東側・西側・南側は河川に囲まれている。

隣接している自治体

人口[編集]

Demography21403.svg
大野町と全国の年齢別人口分布(2005年) 大野町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 大野町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

大野町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


歴史[編集]

  • 1897年(明治30年)4月1日 - 揖斐郡黒野村、六里村、麻生村、相羽村、下方村が合併して大野村が発足。
  • 1932年(昭和7年)10月1日 - 大野村が町制を施行して大野町が発足。
  • 1954年(昭和29年)4月1日 - 大野町、西郡村豊木村富秋村が合併して改めて大野町が発足。
  • 1956年(昭和31年)4月1日 - 鶯村を編入する。
  • 1960年(昭和35年)1月1日 - 川合村を編入する。
  • 1960年(昭和35年)4月1日 - 西座倉地区が神戸町に編入される(川合村時代に決定済)。

行政[編集]

  • 町長:宇佐美晃三(2010年3月1日 - )

町議会

  • 議員定数は10人。
  • 定例会は年4回(3月、6月、9月、12月)。

姉妹都市・友好都市[編集]

教育[編集]

大野中学校

中学校[編集]

小学校[編集]

社会教育[編集]

  • 大野町立図書館 - 1994年(平成6年)7月12日に開館した大野町総合町民センターにある[1]。2007年(平成19年)10月には岐阜県の町村立図書館として初めて指定管理者制度を導入した[2]。2014年(平成26年)には岐阜県で初めて国立国会図書館デジタルコレクションを導入した[3][4]。2015年(平成27年)には大野町が運営する施設としては初めて公衆無線LAN(Wi-Fi)を導入した[5]

その他教育施設[編集]

交通[編集]

廃線となった鉄道路線の代わりに岐阜バスが通り、他にも名阪近鉄バス揖斐川町コミュニティバスが通る。なお、これらの業者ではTOICAmanacaなどの全国共通ICカード乗車券は一切使用できない。

鉄道[編集]

かつては名古屋鉄道谷汲線揖斐線が走っており、黒野駅は揖斐線と谷汲線の乗換駅となる主要駅だった。2001年(平成13年)には谷汲線が廃線となり、2005年(平成17年)には揖斐線も廃線となった。現在の大野町に鉄道路線は存在せず、最寄り駅は本巣市にある樽見鉄道北方真桑駅である。黒野駅跡地は黒野駅レールパークとして整備された。

道路[編集]

施設[編集]

警察[編集]

  • 揖斐警察署(揖斐郡揖斐川町)管内
    • 大野交番
    • 川合警察官駐在所(町南部を管轄)

消防[編集]

金融機関[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

黒野駅ミュージアム

出身人物[編集]

その他[編集]

  • 市外局番は町内全域0585(揖斐川MA)。
  • 現在の大野町の名は、かつての大野郡のほぼ中央に1897年(明治30年)に誕生した大野村に由来する。それ以前にも大野郡には大野村という村が存在していたが、1889年(明治22年)の合併で豊木村となり、昭和の大合併で大野町に合併している。現在の地名の大野町大野が、かつての大野郡大野村である。

脚注[編集]

  1. ^ 「大野 総合町民センターが完成 12日から供用開始 音楽ホールや図書館」『中日新聞』1994年7月4日
  2. ^ 「大野町図書館 10月から指定管理者で運営」『中日新聞』2007年7月29日
  3. ^ 「国会図書館資料閲覧OK デジタル131万点 大野町図書館が県内初」『中日新聞』2015年10月2日
  4. ^ 「国会図書館の資料類、大野でも閲覧可能に 県内初、サービス活用」『朝日新聞』2014年5月31日
  5. ^ 「大野町図書館でWi-Fi開始 町営施設 初のサービス」『中日新聞』2015年10月2日

外部リンク[編集]