穂積駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
穂積駅
南口
南口
ほづみ
Hozumi
*西岐阜 (2.8km)
(7.7km) 大垣
所在地 岐阜県瑞穂市別府370
所属事業者 JR logo (central).svg東海旅客鉄道(JR東海)
JR logo (freight).svg日本貨物鉄道(JR貨物)
所属路線 東海道本線
キロ程 402.3km(東京起点)
電報略号 ホミ
駅構造 高架駅(盛土上)
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
8,803人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1906年明治39年)8月1日
備考 駅員配置駅
みどりの窓口
* この間に岐阜貨物ターミナル駅有り(当駅から1.6km先)。
テンプレートを表示
北口
ホーム

穂積駅(ほづみえき)は、岐阜県瑞穂市別府にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)東海道本線である。

瑞穂市及び旧・本巣郡穂積町の代表駅である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する高架駅である。駅は盛土上に作られている。

ホームのある本線の他に、その外側に1本ずつホームの無い副本線(待避線)がある。この待避線は回送列車貨物列車旅客列車待避に使われている。また、上り副本線から電化されていない側線1本がある。この側線は、貨物の取り扱いがあったころは電化されていた。

駅長は配置されない駅員配置駅(直営駅)であり、岐阜駅が当駅を管理する。高架下の駅舎内部にはみどりの窓口などが置かれている。自動改札機が設置されており、TOICAおよび提携ICカードが利用できる。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 東海道本線 下り 大垣米原方面[1]
2 上り 岐阜名古屋方面[1]

貨物取扱[編集]

現在は臨時車扱貨物のみを取り扱っており貨物列車の発着が無い。

駅南西に日本石油穂積油槽所があり、そこへ続く専用線が1997年頃まで存在していた。専用線には、汐見町駅発送の石油が到着していた。またそれ以前は、駅東にある砕石工場まで続く専用線も存在あり、現在もその名残がわずかに残っている。

利用状況[編集]

2015年(平成27年)度の1日平均乗車人員8,803人である。(出典:「岐阜県統計書」「瑞穂市DATABOOK」)

各年度の当駅の1日平均乗車人員は以下の通り。

年度 1日平均
乗車人員
1997年(平成09年) 8,515
1998年(平成10年) 8,563
1999年(平成11年) 8,498
2000年(平成12年) 8,436
2001年(平成13年) 8,254
2002年(平成14年) 8,254
2003年(平成15年) 7,978
2004年(平成16年) 8,025
2005年(平成17年) 8,550
2006年(平成18年) 8,573
2007年(平成19年) 8,701
2008年(平成20年) 8,754
2009年(平成21年) 8,466
2010年(平成22年) 8,421
2011年(平成23年) 8,426
2012年(平成24年) 8,515
2013年(平成25年) 8,694
2014年(平成26年) 8,693
2015年(平成27年) 8,803

駅周辺[編集]

駅前の南側・北側にはタクシー乗り場や公衆トイレコインパーキングなどがあり、駅前広場が整備されている。駅北側は一部に私有地が残っている関係で整備が未完となっている。

登場する作品[編集]

  • 僕は友達が少ない - アニメ第一期8話。改札口、南口、南口前ロータリーの噴水と旧穂積町章のモニュメントが登場する。

その他[編集]

  • 汽車まつり - 毎年8月第1土曜日・日曜日に、穂積駅開設を記念してパレードなどが行われる。2006年(平成18年)は穂積駅開業100周年記念として例年より盛大に行われた。
  • 駅東側に市道トンネルがあり、トンネル内西面に開駅当初のホームへの上がり口が設けられていた。2015年現在、トンネル内壁に塗られたペンキで見づらくなっているが、コンクリートで埋められた痕跡が確認できる。

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
東海道本線
特別快速・新快速・快速・区間快速・普通
西岐阜駅 - 穂積駅 - 大垣駅
※貨物駅を含めた隣駅
岐阜貨物ターミナル駅 - 穂積駅 - 大垣駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 駅構内の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(駅掲示用時刻表のPDFが使われているため。2015年1月現在)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]