三河塩津駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三河塩津駅
駅前広場。右の跨線橋が三河塩津駅
駅前広場。右の跨線橋が三河塩津駅
みかわしおつ - Mikawa-shiotsu
蒲郡 (2.3km)
(2.6km) 三ケ根
所在地 愛知県蒲郡市竹谷町油井40-5
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 東海道本線
キロ程 312.9km(東京起点)
電報略号 ミツ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,291人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1988年昭和63年)11月16日
乗換 蒲郡競艇場前駅名鉄蒲郡線
備考 業務委託駅(夜間無人駅
みどりの窓口

三河塩津駅(みかわしおつえき)は、愛知県蒲郡市竹谷町油井にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線である。

概要[編集]

当駅は蒲郡競艇場の利用客を見込んでJR化後に開業した駅である。名古屋鉄道(名鉄)蒲郡線蒲郡競艇場前駅が隣接しており、乗り換えが可能である。

これまで、当駅が開業する前まで、豊橋方面から蒲郡競艇場へ向かう場合は蒲郡駅で名鉄蒲郡線に乗り換えなければならなかったが、開業によって乗り換えなしで向かうようになった。しかし、当駅の開業のあおりなどもあり、名鉄蒲郡線の蒲郡競艇場前駅の利用客は減少している。なお、同線には1968年9月30日まで「塩津駅」があった(後に蒲郡競艇場前駅として統合)。

停車列車は、普通列車区間快速である。日中は上下線とも毎時2本の停車本数となる。

2008年3月の横断歩道橋設置に伴い駅の東側にあった油井踏切は廃止され、三河三谷 - 当駅間の踏切はすべて廃止された。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、橋上駅舎を備える。蒲郡競艇場前駅への階段が橋上駅舎からつながっている。

東海交通事業が業務を受託する業務委託駅で、蒲郡駅が当駅を管理している。早朝深夜は無人となる。蒲郡競艇場の開催日は窓口業務が延長される。

駅舎内にはみどりの窓口自動券売機(TOICA等ICカード対応)1台、簡易型自動改札機(TOICA対応)が設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 東海道本線 下り 岡崎名古屋方面[1]
2 上り 豊橋浜松方面[1]
  • 蒲郡駅方の高架化の際に線路が若干移動した関係で、1番線の階段付近はホームが少し狭くなっている。
改札口 隣接の様子。左は名鉄蒲郡線
改札口
隣接の様子。左は名鉄蒲郡線


利用状況[編集]

「蒲郡の統計」によれば、一日平均の乗車人員は以下の通りであった。

  • 2005年度 - 1,934人
  • 2006年度 - 1,667人
  • 2007年度 - 1,542人
  • 2008年度 - 1,501人
  • 2009年度 - 1,436人
  • 2010年度 - 1,350人
  • 2011年度 - 1,337人
  • 2012年度 - 1,246人
  • 2013年度 - 1,291人

駅周辺[編集]

北口[編集]

南口[編集]

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
東海道本線
特別快速・新快速・快速
通過
区間快速・普通
蒲郡駅 - 三河塩津駅 - 三ヶ根駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 駅構内の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(駅掲示用時刻表のPDFが使われているため。2015年1月現在)。

関連項目[編集]