国道23号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般国道

Japanese National Route Sign 0023.svg

国道23号
地図
Japan National Route 23 Map.png
総延長 241.6 km
実延長 241.6 km
現道 213.7 km        
制定年 1952年
起点 愛知県豊橋市
西八町交差点(地図
主な
経由都市
愛知県蒲郡市西尾市名古屋市
三重県四日市市津市松阪市
終点 三重県伊勢市
伊勢神宮内宮前(地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0001.svg国道1号
Japanese National Route Sign 0259.svg国道259号
Japanese National Route Sign 0247.svg国道247号
Japanese National Route Sign 0473.svg国道473号
Japanese National Route Sign 0248.svg国道248号
Japanese National Route Sign 0155.svg国道155号
Japanese National Route Sign 0302.svg国道302号
Japanese National Route Sign 0366.svg国道366号
Japanese National Route Sign 0154.svg国道154号
Japanese National Route Sign 0258.svg国道258号
Japanese National Route Sign 0025.svg国道25号
Japanese National Route Sign 0164.svg国道164号
Japanese National Route Sign 0477.svg国道477号
Japanese National Route Sign 0163.svg国道163号
Japanese National Route Sign 0165.svg国道165号
Japanese National Route Sign 0306.svg国道306号
Japanese National Route Sign 0042.svg国道42号
Japanese National Route Sign 0167.svg国道167号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
「名四国道」区間(名古屋市南区)
国道23号終点(三重県伊勢市、伊勢神宮内宮前[1]
主要国道は起終点を他の国道と接するという規定があるため、終点を示す国道標識は非常に珍しい存在である[1][2]
全日本大学駅伝の内宮前の様子(2006年撮影)

国道23号(こくどう23ごう)は、愛知県豊橋市から三重県伊勢市へ至る一般国道[2]

概要[編集]

豊明市 - 四日市市にかけては国道1号線が名古屋市の中心部以外は2車線区間(片側1車線)も多く混雑が激しいためそのバイパスの役目を果たす。この区間は、名四国道(めいしこくどう)と呼び、地元ではめいよんまたはめいしの愛称で呼ばれている[4]。三重県内の主要都市をほぼ網羅する形で結んでいるため同県内では大動脈の役割を果たす。

長距離トラック運転手の間では英語読みしてツースリーと呼ばれる。[要出典]

距離標(キロポスト)は、豊橋東バイパスと豊橋バイパス豊橋市細谷町(豊橋東IC)から、岡崎バイパスと知立バイパス、名四国道は東京都中央区日本橋から、四日市から伊勢(終点)までは四日市市塩浜・大里町交差点(国道25号交点)からがそれぞれ起点となっていて、大里町交差点をオーバーパスする地点でキロポストは「0km」にリセットされ伊勢神宮内宮前の「70.9km」まで続く。これはこの地点を起点としていた頃の名残である。

歴史[編集]

国道23号の四日市 - 伊勢間は、東海道から分岐して伊勢神宮へ向かう街道(伊勢街道参宮街道)として、江戸時代から賑わって来た道である。

1885年明治18年)内務省告示第6号「國道表」にて、国道9号「東京より伊勢宗廟に達する路線」として指定された。1920年(大正9年)施行の旧道路法に基づく路線認定では、国道1号「東京市より神宮に達する路線」となった[1]

1952年昭和27年)12月4日、新道路法に基づく路線指定で、一級国道23号(三重県四日市市 - 三重県宇治山田市(現・伊勢市))として指定され[1]1965年(昭和40年)4月1日に、道路法改正によって一級・二級の別がなくなり一般国道23号となった。

愛知県豊橋市 - 三重県四日市市間は、国道1号バイパスとして建設されたもので、当初は国道1号とされた。豊橋市 - 豊明市間を名豊道路、豊明市 - 四日市市間を名四国道という。

1975年(昭和50年)4月1日、国道1号バイパスの豊橋市 - 豊明市間を国道23号として整備することとなり、豊橋市 - 幸田町の国道247号国道248号、額田郡幸田町 - 西尾市 - 知立市の主要地方道、豊明市 - 四日市市間の名四国道を国道23号に編入し、国道23号は愛知県豊橋市 - 三重県伊勢市となった。

近年、バイパス整備が進みつつあるが、主要地方道を編入した額田郡幸田町 - 西尾市の旧道は東海道本線の踏切や路肩の狭い区間が存在する。

毎年11月に行われる全日本大学駅伝対校選手権大会(熱田神宮西門 - 伊勢神宮内宮前/8区間・106.8km)はコースの殆ど、実に70kmを使っており、季節の風物詩になっている。

路線状況[編集]

バイパス[編集]

通称[編集]

重複区間[編集]

  • 国道247号:愛知県豊橋市(日色野町交差点) - 愛知県蒲郡市(競艇場西交差点)
  • 国道248号:愛知県蒲郡市(競艇場西交差点) - 愛知県額田郡幸田町(深溝愛宕山交差点)
  • 国道42号:三重県松阪市(小津交差点) - 三重県伊勢市(通町交差点)

道路施設[編集]

道の駅

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

バイパスのうち、豊橋市内の豊橋東バイパス豊橋バイパスを除く。それぞれの接続路線については各記事を参照。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g 2015年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ a b c d 「みちのものがたり 伊勢街道(三重県) 聖域と接続した旧国道1号」朝日新聞2016年6月18日付朝刊、週末be6ページ
  2. ^ a b 佐藤健太郎 2015, pp. 126-131.
  3. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 3. 2017年4月10日閲覧。
  4. ^ 佐藤達哉・佐野豊生・佐野慎治・鈴木昂太. “名四国道の騒音対策について”. 2007年度都市環境プロジェクト実習最終報告書. 大同大学. 2016年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月12日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]