国道446号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般国道

国道446号標識

国道446号
総延長 52.5 km
実延長 20.8 km
現道 20.8 km
制定年 1982年
起点 宮崎県日向市
新生町交差点(地図
主な
経由都市
宮崎県東臼杵郡美郷町
終点 熊本県球磨郡湯前町地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0010.svg国道10号(起点)
Japanese National Route Sign 0327.svg国道327号(日向市東郷町)
Japanese National Route Sign 0388.svg国道388号(美郷町南郷区)

Japanese National Route Sign 0265.svg国道265号
Japanese National Route Sign 0219.svg国道219号(終点)

テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
宮崎県美郷町南郷区・国道388号との合流点付近(熊本県方面)

国道446号(こくどう446ごう)は、宮崎県日向市を起点とし、熊本県球磨郡湯前町を終点とする一般国道

概要[編集]

大部分が国道388号国道327号重用区間であり、単独区間は日向市東郷町 - 美郷町南郷区間の約21キロメートルに限られる。

1982年の指定当初は美郷町南郷区以西の大河内越・湯山峠も国道446号の単独区間であったが、1993年に国道388号が延長指定され、当該区間は国道388号の重用区間となった。2009年現在、宮崎県の資料(道路現況調書)では美郷町南郷区以西が国道388号の単独区間として扱われている。

なお、似たような例として新潟県国道404号[注釈 1]がある。また、四国国道492号も大半が本国道より若い番号の国道との重用区間で、この国道同様単独区間はわずかしか認められていないが、こちらは指定当時からこの区間のみであった。

路線データ[編集]

沿革[編集]

  • 1982年4月1日 - 一般国道446号として路線指定施行[2]。熊本県道・宮崎県道13号人吉日向線の大半を国道としたもの。
  • 1993年4月1日 - 国道388号の延長指定により美郷町南郷区 - 熊本県湯前町(終点)間が国道388号の重用区間となる[3]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

  • 国道327号(起点 - 日向市東郷町、国道503号も重複)
  • 国道388号(美郷町南郷区 - 終点)
  • 国道265号(椎葉村大河内 - 椎葉村吐合)

道路施設[編集]

トンネル[編集]

  • 鎌柄トンネル

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

  • 国道10号(日向市)
  • 国道327号(日向市)
  • 国道388号(美郷町)
  • 国道265号(椎葉村)
  • 国道219号(湯前町)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ こちらは国道403号の延伸による。
  2. ^ a b c d e f g 2015年4月1日現在

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]