国道342号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道342号
一般国道

国道342号標識

国道342号
路線延長 168.9 km
制定年 1975年
起点 秋田県横手市安田
国道13号交点・安田交差点
主な
経由都市
秋田県雄勝郡東成瀬村
岩手県一関市
終点 宮城県登米市津山町柳津
国道45号交点
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0013.svg国道13号
Japanese National Route Sign 0107.svg国道107号
Japanese National Route Sign 0397.svg国道397号
Japanese National Route Sign 0004.svg国道4号
Japanese National Route Sign 0284.svg国道284号
Japanese National Route Sign 0457.svg国道457号
Japanese National Route Sign 0346.svg国道346号
Japanese National Route Sign 0398.svg国道398号
Japanese National Route Sign 0045.svg国道45号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

国道342号(こくどう342ごう)は、秋田県横手市から宮城県登米市に至る一般国道

2008年6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震祭畤大橋(まつるべおおはし)が倒壊するなど大きな被害が出たが、2010年5月30日正午に全面復旧・再開通した。

概要[編集]

秋田県横手市を通る国道13号十文字バイパスの佐賀会沖田交差点から東へ向かい、岩手県一関市を経由して北上川に沿って南下し、宮城県登米市の国道45号までを結ぶ一般国道路線。一関市内では、東北自動車道一関インターチェンジと接続し、一関市 - 登米市間は、一関街道ともよばれる。秋田県と岩手県の県境には奥羽山脈があり、栗駒山の北側の山腹を越えてゆく。

岩手県では、災害が発生した場合に優先的に交通の確保を図る緊急輸送道路にも指定されている重要路線であり、東日本大震災津波からの「復興支援道路」に位置付けられている[1]。また、岩手県内陸南部の工業団地と宮城県沿岸北部に位置する石巻港を結ぶ物流ルートであるとともに、世界遺産である平泉から日本三景で知られる松島三陸復興国立公園を結ぶ観光ルートでもある[2]

路線データ[編集]

歴史[編集]

路線状況[編集]

バイパス[編集]

重複区間[編集]

  • 国道13号(横手市安田起点 - 横手市十文字町佐賀会・新古内交差点)
  • 国道397号(横手市十文字町佐賀会・新古内交差点 - 東成瀬村・合居橋交差点)
  • 国道4号(一関市・大槻交差点 - 一関市十二神)
  • 国道284号(一関市十二神 - 一関市・新大町交差点)
  • 国道398号(登米市・新小路交差点 - 長谷山三差路)

冬季閉鎖区間[編集]

  • 岩手県一関市厳美町真湯温泉(真湯ゲート) - 秋田県雄勝郡東成瀬村椿川(椿川ゲート)間
期間:11月上旬 - 翌年5月中旬

道路施設[編集]

  • トンネル
    • 夢仙人トンネル(秋田県雄勝郡東成瀬村)
  • 主な橋梁
  • 道の駅

地理[編集]

通過する自治体[編集]

  • 秋田県
    • 横手市 - 雄勝郡東成瀬村 -
  • 岩手県
    • 一関市 -
  • 宮城県

交差する道路[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “一般国道342号『花泉バイパス』全線開通!” (プレスリリース), 岩手県, (2014年9月1日), http://www.pref.iwate.jp/douro/kaitsuu/29986/029988.html 2015年6月13日閲覧。 
  2. ^ a b “一般国道342号『花泉バイパス』(一関市)部分開通!” (プレスリリース), 岩手県, (2014年9月30日), http://www.pref.iwate.jp/douro/kaitsuu/28252/028255.html 2015年6月22日閲覧。 

参考文献[編集]

秋田県

関連項目[編集]