国道395号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般国道
国道395号標識
国道395号
地図
総延長 58.0 km
実延長 48.9 km
現道 48.9 km
制定年 1982年昭和57年)
起点 岩手県久慈市
久慈I.C交差点(北緯40度11分49.96秒 東経141度46分56.45秒 / 北緯40.1972111度 東経141.7823472度 / 40.1972111; 141.7823472 (久慈I.C交差点)
主な
経由都市
岩手県九戸郡洋野町軽米町
終点 岩手県二戸市
沖交差点(北緯40度18分50.95秒 東経141度18分38.25秒 / 北緯40.3141528度 東経141.3106250度 / 40.3141528; 141.3106250 (沖交差点)
接続する
主な道路
記法
国道45号標識 国道45号
国道340号標識 国道340号
国道4号標識 国道4号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

国道395号(こくどう395ごう)は、岩手県久慈市から二戸市に至る一般国道である。

概要[編集]

久慈市新井田・湊立体交差点から夏井板橋交差点までの区間は国道45号の旧道である。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

国道指定以前[編集]

  • 1954年昭和29年)
    • 1月20日 - 県道福岡久慈線の一部が、久慈福岡線(岩手県九戸郡久慈町(現・久慈市) - 岩手県二戸郡福岡町(現・二戸市))として建設省(現・国土交通省)から主要地方道の指定を受ける[4]
    • 8月16日 - 岩手県より久慈福岡線として県道に認定される[5]
  • 1976年(昭和51年)4月1日 - 県道久慈福岡線が、久慈二戸線として改めて主要地方道の指定を受ける[6]

国道指定後[編集]

路線状況[編集]

通称[編集]

  • 九戸街道

バイパス[編集]

重複区間[編集]

  • 国道340号(九戸郡軽米町軽米第13地割 - 九戸郡軽米町晴山・晴山中学校入口)

道路施設[編集]

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b c d e f g 2020年3月31日現在

出典[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2014年11月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 Page white excel.png (Microsoft Excelの.xls)”. 道路統計年報2021. 国土交通省道路局. 2022年5月15日閲覧。
  3. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2014年11月2日閲覧。
  4. ^ 昭和29年建設省告示第16号
  5. ^ 県道路線の認定(昭和29年岩手県告示第649号)
  6. ^ 主要な都道府県道及び市道を指定する等の件(昭和51年建設省告示第694号)
  7. ^ 一般国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(昭和56年政令第153号)
  8. ^ 岩手県の道路の略年表”. 岩手県県土整備部. p. 3. 2020年5月9日閲覧。
  9. ^ 岩手県の道路の略年表”. 岩手県県土整備部. p. 4. 2020年5月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]