国道302号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道302号
一般国道

国道302号標識

国道302号
総距離 55.6 km
制定年 1970年
起点 愛知県名古屋市中川区
かの里東交差点
北緯35度7分34.7秒東経136度49分6秒
主な
経由都市
愛知県清須市
名古屋市、春日井市
東海市海部郡飛島村
終点 起点に同じ
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0001.svg国道1号
Mei-Nikan Expwy Route Sign.svg名二環
Japanese National Route Sign 0022.svg国道22号
Japanese National Route Sign 0041.svg国道41号
Japanese National Route Sign 0019.svg国道19号
Japanese National Route Sign 0363.svg国道363号
Japanese National Route Sign 0153.svg国道153号
Japanese National Route Sign 0023.svg国道23号
Isewangan Expwy Route Sign.svg伊勢湾岸道飛島IC
Japanese National Route Sign 0247.svg国道247号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
起終点(かの里東交差点)の歩道橋から北側を望む。今後、並行する名二環名古屋西JCT-飛島JCTが着工される予定。
守山区名東区の境界付近(2013年4月

国道302号(こくどう302ごう)は、名古屋環状2号線と呼ばれる外環道路で、名古屋第二環状自動車道(名二環)と並行する一般国道部分と伊勢湾岸自動車道に平行する伊勢湾岸道としての自動車専用道路からなる一般国道。 同じ名古屋の外環道路である県道59号との交点が5箇所ある。なお、環状2号は英語ではRing Road No.2と案内されている。

概要[編集]

  • 陸上距離:55.6km
  • 起点:愛知県名古屋市中川区かの里二丁目(かの里東交差点 = 国道1号交点)
  • 終点:起点に同じ
  • 主な経由地:春日町、春日井市、東海市、飛島村
  • 指定区間:全線

その数字から地元の人たちからは「サンマルニ」と呼ばれることがある。

守山区喜多山1丁目付近は渋滞が多く発生している。名鉄瀬戸線踏切がある上にこの前後で車線が減少しているためだが、交通の円滑化および踏切事故の解消を目的とした名鉄瀬戸線の小幡駅 - 大森・金城学院前駅間(1.9km)の連続立体交差化工事[1]が進んでおり、完成予定の平成31年(2019年)度以降、渋滞の解消が期待される。

歴史[編集]

  • 1970年4月1日:一般国道302号(愛知県名古屋市千種区~愛知県海部郡飛島村)指定
  • 1975年4月1日:一般国道302号(愛知県名古屋市中川区~名東区~愛知県名古屋市中川区)指定
  • 2011年3月28日春日井市地蔵川付近の一般国道部の開通により、全線開通[2][3]

接続道路[編集]

一般国道部分

  • 国道1号(起点・終点 : 名古屋市中川区・かの里東交差点)
  • 国道22号(清須市・朝日交差点)
  • 国道41号(名古屋市北区・大我麻町交差点)
  • 国道19号(春日井市・勝川町4丁目交差点)
  • 国道363号(名古屋市名東区・引山交差点)
  • 国道153号(名古屋市天白区・天白高校東交差点)
  • 国道1号(名古屋市緑区・北平部交差点)
  • 国道23号(名古屋市緑区・名古屋南IC交差点)
  • 国道247号(東海市・東海IC交差点)

この間自動車専用道路伊勢湾岸自動車道

  • 飛島IC : 伊勢湾岸自動車道
  • 国道23号(海部郡飛島村・梅之郷IC)

なお、並行する名二環は全てのインターチェンジで接続する。

通過市町村[編集]

1987年度(昭和62年)に撮影された国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。写真下部を横断している道路が国道302号。

交差する河川・鉄道[編集]

別名[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]