国道302号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道302号標識
国道302号
総延長 76.1 km
実延長 65.1 km
現道 65.1 km
制定年 1970年
起点 愛知県名古屋市中川区
かの里東交差点(地図
愛知県清須市、名古屋市、春日井市
東海市海部郡飛島村を巡行する環状線
終点 起点に同じ
接続する
主な道路
記法
国道1号標識 国道1号
国道22号標識 国道22号
国道41号標識 国道41号
国道19号標識 国道19号
国道363号標識 国道363号
国道153号標識 国道153号
国道23号標識 国道23号
国道247号標識 国道247号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
起終点(かの里東交差点)の歩道橋から南側を望む(2015年3月)。並行する名二環名古屋西JCT-飛島JCT2020年度に開通する予定。
守山区名東区の境界付近(2013年4月

国道302号(こくどう302ごう)は、名古屋環状2号線と呼ばれる外環道路で、名古屋第二環状自動車道(名二環)と並行する一般国道部分と伊勢湾岸自動車道に平行する伊勢湾岸道としての自動車専用道路からなる一般国道

同じ名古屋の外環道路である愛知県道59号名古屋中環状線との交点が5箇所ある。なお、名古屋環状2号線は英語ではRing Road No.2と案内されている。

概要[編集]

名古屋市守山区喜多山1丁目付近は渋滞が多く発生している。名鉄瀬戸線踏切がある上にこの前後で車線が減少しているためだが、交通の円滑化および踏切事故の解消を目的とした名鉄瀬戸線の小幡駅 - 大森・金城学院前駅間(1.9 km)の単独立体交差事業[1]が進んでおり、完成予定の平成31年度(2019年度)以降、渋滞の解消が期待される。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[2][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

路線状況[編集]

バイパス[編集]

通称[編集]

重複区間[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

1987年度(昭和62年)に撮影された国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。写真下部を横断している道路が国道302号。

交差する道路[編集]

一般国道部分
この間自動車専用道路(伊勢湾岸自動車道
  • 飛島IC : 伊勢湾岸自動車道
  • 国道23号(海部郡飛島村・梅之郷IC)

なお、並行する名古屋第二環状自動車道とは全てのインターチェンジで接続する。

交差する河川・鉄道[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b c d e f g h 2015年4月1日現在
  3. ^ 重複区間を除く

出典[編集]

  1. ^ 一般国道302号及び都市計画道路守山本通線と名古屋鉄道瀬戸線との立体交差事業 - 名古屋市
  2. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2014年12月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 16. 2017年5月1日閲覧。
  4. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2014年12月9日閲覧。
  5. ^ 一般国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(昭和44年12月4日政令第280号)
  6. ^ 一般国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(昭和49年11月12日政令第364号)
  7. ^ 道路開通情報 (PDF) - 国土交通省
  8. ^ “国道302号の不通区間が開通します。” (プレスリリース), 国土交通省中部地方整備局愛知国道事務所, (2011年3月22日), http://www.cbr.mlit.go.jp/kisya/2011/1522.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]