国道159号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道159号
一般国道

国道159号標識

国道159号
七尾街道
総延長 68.3 km
実延長 62.7 km
現道 62.0 km
制定年 1953年指定
起点 石川県七尾市
川原町交差点(地図
主な
経由都市
石川県羽咋市河北郡津幡町
終点 石川県金沢市
武蔵交差点(地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0008.svg国道160号
Japanese National Route Sign 0249.svg国道249号
Japanese National Route Sign 0008.svg国道8号
Japanese National Route Sign 0359.svg国道359号
Japanese National Route Sign 0304.svg国道304号
Japanese National Route Sign 0157.svg国道157号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
終点のむさし交差点。国道159号は左方。正面の建物は北國銀行武蔵ヶ辻支店

国道159号(こくどう159ごう)は、石川県七尾市から同県金沢市に至る一般国道である。

概要[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

  • 1953年昭和28年)5月18日
    二級国道159号七尾金沢線(七尾市 - 金沢市)として指定施行[4]
  • 1965年(昭和40年)4月1日
    道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道159号として指定施行[5]
  • 2003年平成15年)3月21日
    金沢東部環状道路金沢外環状道路山側幹線)今町JCT - 梅田IC間開通により、金沢市今町JCT - 梅田ICも国道159号に指定。
  • 2003年(平成15年)3月24日
    金沢東部環状道路 東長江IC - 鈴見交差点間開通により、金沢市東長江IC - 鈴見交差点も国道159号に指定。
  • 2003年(平成15年)4月1日
    今町 - 津幡町舟橋の旧道を道路区域から除外し、一部は石川県道215号森本津幡線石川県道59号高松津幡線の区域に編入。
  • 2004年(平成16年)3月20日
    金沢東部環状道路 梅田IC - 金沢森本IC間開通により、金沢市梅田IC - 金沢森本ICも国道159号に指定。
  • 2006年(平成18年)4月15日
    金沢東部環状道路全線開通により、金沢市金沢森本IC - 東長江ICも国道159号に指定。
  • 2008年(平成20年)4月1日
    国道8号津幡北バイパス整備に伴い、橋場交差点 - 兼六園下交差点 - 田井町交差点 - 鈴見交差点を国道159号線に指定。同時に、浅野川大橋交番前交差点 - 森本交差点を、国道159号から国道359号に、森本交差点 - 今町を、国道159号から石川県道215号森本津幡線に降格[6][リンク切れ]
  • 2015年(平成27年)2月28日
    七尾バイパス開通により、古府町 - 下町も国道159号に指定。
  • 2015年(平成27年)4月1日
    七尾市古府町 - 同市下町の旧道を道路区域から除外し、一部は石川県道244号七尾鹿島羽咋線の区域に編入。

路線状況[編集]

バイパス[編集]

  • 七尾バイパス:七尾市川原町 - 七尾市下町間、L=4.3km(※うち七尾市川原町 - 七尾市古府町間、L=1.6kmは事業中) 
  • 鹿島バイパス:七尾市下町 - 羽咋市四柳町間、L=13.6km
  • 羽咋道路:羽咋市四柳町 - 宝達志水町二口間、L=6.7km(※全区間事業中)
  • 押水バイパス:宝達志水町宿 - 宝達志水町免田間、L=6.7km
  • 津幡バイパス:かほく市内日角 - 金沢市今町間、L=11.6km
  • 金沢外環状道路山側幹線(通称「山側環状」)金沢東部環状道路:金沢市今町 - 金沢市鈴見台間、L=9.4km(※うち金沢市神谷内町 - 金沢市東長江町、L=1.8kは4車線化拡幅事業中)

通称[編集]

  • 七尾街道(東往来)
金沢市内の通り名
  • 兼六大通り(田井町交差点 - 兼六園下交差点)
  • 百万石通り(兼六園下交差点 - 橋場交差点 - むさし交差点)[7]

重複区間[編集]

  • 国道249号(起点 - 七尾市藤野町北交差点、宝達志水町免田 - 終点)

道路施設[編集]

休憩施設[編集]

いずれも24時間利用可能なトイレ駐車場がある。また、もしもしピットでもある。

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 2005年3月1日に2町が合併して羽咋郡宝達志水町発足。
  3. ^ 2013年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年10月18日閲覧。
  2. ^ 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2014. 国土交通省道路局. p. 8. 2015年3月26日閲覧。
  3. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年10月18日閲覧。
  4. ^ ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  5. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)
  6. ^ 4月1日より、国道の路線名・経路等が変わります。 (PDF)”. 国土交通省北陸地方整備局金沢河川国道事務所. 2009年9月23日閲覧。
  7. ^ 長町地区 (PDF)”. 金沢市犀川・浅野川洪水避難地図. 金沢市役所. 2013年2月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]