国道297号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道297号
一般国道

国道297号標識

国道297号
陸上区間 107.0 km
海上区間 指定なし
制定年 1970年
起点 千葉県館山市
北条交差点(地図
主な
経由都市
千葉県鴨川市勝浦市
終点 千葉県市原市
市原埠頭入口交差点(地図
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
市原市八幡(市原埠頭付近)
市原市米沢(米沢交差点)

国道297号(こくどう297ごう)は、千葉県館山市から、千葉県勝浦市を経由して千葉県市原市に至る一般国道である。

概要[編集]

房総半島を南北に縦貫して走り、市原市南部や外房方面への幹線道路となっている。起点・館山市から勝浦市までの区間は太平洋沿岸に沿って延びる国道128号と重用であるため、見かけ上の単独区間は、房総半島を外房から内房へと横断するルートの、勝浦市の墨名交差点から終点・市原市八幡海岸通の市原埠頭入口交差点までとなり、「大多喜街道」の愛称がつけられている。市原市内では、館山自動車道市原インターチェンジと連絡する市原バイパスがある。

路線データ[編集]

歴史[編集]

  • 1970年4月1日 - 一般国道297号(千葉県館山市~千葉県市原市)として指定。

路線状況[編集]

別名[編集]

  • 大多喜街道[注釈 1](房総街道)
  • 勝浦街道(古い地図には、この名称で出ている場合もある)

バイパス[編集]

  • 松野バイパス(勝浦市芳賀~大多喜町三又)(未開通)
  • 大多喜バイパス(大多喜町三又~大多喜町横山)
  • 横山バイパス(大多喜町横山~市原市米原)(未開通)
  • 市原バイパス(市原市山田~市原市五井南海岸)

重複区間[編集]

  • 国道128号(館山市・北条交差点~勝浦市・墨名交差点)
  • 国道465号(大多喜町・八声交差点~船子交差点)

道路施設[編集]

道の駅[編集]

橋梁[編集]

  • 浅井橋(養老川、市原市相川 - 同市浅井小向)
  • 西広橋(養老川、市原市西広)
  • 養老橋(養老川、市原市五井)

地理[編集]

房総半島の沿道はゴルフ銀座と呼ばれるほどゴルフ場の多いエリアである。

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 千葉県道路愛称名による愛称となっている[1][2]

出典[編集]

  1. ^ 道路愛称名”. 千葉県 (2010年12月16日). 2013年4月8日閲覧。
  2. ^ 大多喜街道 (PDF)”. 千葉県. 2013年4月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]