国道400号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道400号標識
国道400号
地図
総延長 224.9 km
実延長 114.6 km
現道 111.6 km
制定年 1982年昭和57年)指定
起点 茨城県水戸市
中央郵便局前交差点
主な
経由都市
茨城県常陸大宮市
栃木県大田原市
福島県南会津郡南会津町
終点 福島県耶麻郡西会津町
黒沢入口交差点(北緯37度34分34.97秒 東経139度39分42.49秒 / 北緯37.5763806度 東経139.6618028度 / 37.5763806; 139.6618028 (黒沢入口交差点)
接続する
主な道路
記法
国道50号標識 国道50号
国道118号標識 国道118号
国道293号標識 国道293号
国道294号標識 国道294号
国道461号標識 国道461号
国道4号標識 国道4号
国道121号標識 国道121号
国道289号標識 国道289号
国道49号標識 国道49号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML
国道400号(栃木県那須塩原市下田野、2019年5月)

国道400号(こくどう400ごう)は、茨城県水戸市から福島県耶麻郡西会津町に至る一般国道である。単独区間の起点は栃木県大田原市の佐良土交差点である。茨城県区間はすべて国道118号国道293号との重複区間である。

概要[編集]

起点である茨城県内では全区間が他路線重複である。国道121号と重複する区間は、会津西街道である。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

  • 1982年昭和57年)4月1日 - 一般国道400号(水戸市 - 福島県耶麻郡西会津町)として指定施行[4]
    • 茨城県区間(水戸市三の丸 - 那珂郡美和村(県境)間の延長50.63 km(全線重用)を道路区域に決定[5]

路線状況[編集]

バイパス[編集]

国道118号国道293号および国道294号との重複区間はそれぞれの記事を参照。

大田原西那須野バイパス
栃木県大田原市と那須塩原市西那須野地区(旧西那須野町)を現道の南側を迂回する形で建設されたバイパスである。那須塩原市の国道4号と交差する西三島交差点から大田原市の国道461号と交差する美原交差点までの全長約5 kmで1989年に着工、2009年3月21日に全線開通した。片側2車線で開通し、総工費は約137億円。大田原市の美原地区には、東武宇都宮百貨店大田原店やヨークベニマルなどの郊外型商業施設の集積が進んでいる。
関谷バイパス
栃木県那須塩原市下田野と関谷間約1.6kmにわたる。2000年2月開通。
下塩原バイパス
栃木県那須塩原市関谷と下塩原間の4.6 kmにわたる。異常気象時通行規制区間を約4 km含む現道を3つのトンネルで迂回する計画となっている。2011年9月29日に1つ目のトンネルが開通した。片側1車線で総事業費は150億円。全線開通は2024年度の予定である。
中塩原バイパス
栃木県那須塩原市中塩原と上塩原間の1.6 kmにわたる。幅員狭小で屈曲部が多く、歩行設備も不十分であった現道を南側に迂回している。片側1車線で総事業費は22億円。2011年9月29日に全線開通した。
田島バイパス
杉峠バイパス
三島町-柳津町・西会津町境の杉峠にある幅員狭小区間の解消と磐越自動車道西会津インターチェンジのアクセス改善のために1990年(平成2年)度事業化、翌年度工事開始された。現在までに三島方1.6 km(名入工区)と西会津方0.3 km(上牛尾工区の一部)が部分供用されている。計画当初、峠は1.7 kmの長大トンネルで通過するとされていたが、その後の地質調査で軟弱地盤であることが分かり、そのままでは莫大な費用がかかるため見直され、現道を修繕して使用することになった[6]

重複区間[編集]

国道121号・国道352号・国道400号の3連重複区間(栃木県日光市上三依、2007年12月撮影)

福島県と栃木県の県境をまたぐ区間は、国道121号・352号・400号の3連重複区間で、この区間の道路わきには国内でも珍しく、3路線分だけ縦に3つ連なる国道標識が立ち並ぶ[7]

  • 国道118号(水戸市中央郵便局前交差点 - 常陸大宮市東富交差点)
  • 国道349号(水戸市五軒町一丁目 - 水戸市気象台下交差点)
  • 国道293号(常陸大宮市東富交差点 - 那珂川町若鮎大橋西交差点)
  • 国道294号(那珂川町若鮎大橋西交差点 - 大田原市佐良土交差点)
  • 国道461号(大田原市金燈籠交差点 - 美原交差点)
  • 国道352号(日光市上三依ひのえ屋前 - 南会津町早坂交差点)
  • 国道121号(日光市上三依ひのえ屋前 - 南会津町鎌倉崎交差点)
  • 国道289号(南会津町 鎌倉崎交差点 - 風下交差点)
  • 国道401号(昭和村喰丸交差点 - 佐倉交差点)
  • 国道252号(金山町会津川口駅前 - 三島町高清水交差点)

道路施設[編集]

トンネル[編集]

尾頭トンネル上三依ポータル(日光市上三依 2019年)
  • がま石トンネル(栃木県那須塩原市)
  • 尾頭トンネル(那須塩原市 - 日光市、延長1,782 m
  • 高野トンネル(福島県南会津郡南会津町、延長323 m)
  • 積入山トンネル(南会津郡南会津町 - 下郷町、延長1,579 m)
  • 舟鼻トンネル(南会津郡下郷町 - 大沼郡昭和村)
    • 全長:625.0m
    • 6.0(8.5)m
    • 有効高:4.7m
    • 工法:NATM工法(ショートベンチカット工法)
    • 施工:西部・谷ヶ城・佐久間建設工事共同企業体
    • 竣工:1992年10月
急カーブと急勾配の続く従来の舟鼻峠の改良事業である舟鼻工区(全長1700m)の建設に伴い、国道改良事業として1986年10月25日に起工された。1990年10月1日に貫通し、1992年10月26日に開通した。総工費は14億5500万円[8]

橋梁[編集]

福島県
  • 高野大橋(南会津郡南会津町 高野川)
  • 浅布大橋(南会津郡南会津町)
  • 綱木橋(大沼郡金山町 野尻川)
    • 全長:107.874m
      • 主径間:35.7m
    • 幅員:8.0m
    • 形式:3径間連続非合成鋼箱桁橋
    • 竣工:1984年
    • 総事業費:2億9210万円[9]
1980年度に着工された。1985年11月9日開通。
  • 小綱木橋(大沼郡金山町 野尻川)
    • 全長:62.0m
      • 主径間:30.1m
    • 幅員:8.0m
    • 形式:2径間単純PCポストテンションT桁橋
    • 竣工:1984年
    • 総事業費:1億8950万円[10]
1981年度に着工された。
  • 大綱木橋(大沼郡金山町玉梨字綱木 野尻川)
    • 全長:67.5m
      • 主径間:32.960m
    • 幅員:6.0(8.0)m
    • 形式:2径間単純PCポストテンションT桁橋
    • 竣工:1983年
雪崩による交通障害の解消のために1980年度より綱木工区(事業化当初は主要地方道田島金山線改良事業であった)として事業化された橋梁で、1981年度に着工した。総事業費は1億8920万円[11]
  • 赤谷橋
    • 全長:14.3m
    • 幅員:6.5(11.0)m
    • 形式:PC単純プレテン床版桁橋
    • 竣工:2001年
三島町名入字上赤谷で一級水系阿賀野川水系只見川支流の赤谷川の河口部を渡る。橋上は上下対向2車線で供用され、下り線側に幅員2.5mの歩道が設置されている。1969年に架けられた旧橋梁の幅員狭小対策のため架け替えられた。総工費は2億9700万円[12]
  • 出ヶ原観音橋
    • 全長:65.0m
    • 幅員:6.5(12.0)m
    • 形式:鋼単純箱桁橋
    • 竣工:1998年度
  • 出ヶ原天神橋
    • 全長:55.0m
    • 幅員:6.5(12.0)m
    • 形式:鋼単純箱桁橋
    • 竣工:1996年度
いずれも耶麻郡西会津町出ヶ原で一級水系阿賀野川水系長谷川を渡る。長谷川右岸側の出ヶ原地区を貫く狭隘区間の解消のための改良事業として長谷川左岸側にバイパス道路を整備するために関連橋梁として建設された。総工費は出ヶ原観音橋が3億1000万円[13]、出ヶ原天神橋が2億9900万円[14]

道の駅[編集]

交通量[編集]

平日24時間交通量(平成17年度道路交通センサス)

  • 那須塩原市塩原福渡1164-4 : 10,407

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

国道121号との交点・手前側が重複区間
(栃木県日光市上三依、2010年8月撮影)

沿線にある施設など[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 2004年10月16日に那珂郡大宮町が1町3村を編入して常陸大宮市発足。
  3. ^ 2005年10月1日に2町が合併して那珂郡那珂川町発足。
  4. ^ 2005年10月1日に大田原市へ編入。
  5. ^ 2005年1月1日に1市2町が合併して那須塩原市発足。
  6. ^ 2006年3月20日に2市2町1村が合併して日光市発足。
  7. ^ 2006年3月20日に1町3村が合併して南会津町発足。
  8. ^ a b c d e f g 2019年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年11月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 Page white excel.png (Microsoft Excelの.xls)”. 道路統計年報2020. 国土交通省道路局. 2021年7月11日閲覧。
  3. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年11月12日閲覧。
  4. ^ 一般国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(昭和56年4月30日政令第153号)
  5. ^ 道路の区域決定(昭和57年4月1日 茨城県告示第504号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第7027号: pp.8-9, (1982年4月1日) 
  6. ^ 平成17年度事業別評価調書(チェックリスト) - 福島県土木部
  7. ^ 佐藤健太郎 2014, pp. 176–177.
  8. ^ 福島県のトンネル 会津若松建設事務所 - 福島県土木部
  9. ^ 福島県の橋梁 昭和59年度版 - 福島県土木部
  10. ^ 福島県の橋梁 昭和59年度版 - 福島県土木部
  11. ^ 福島県の橋梁 昭和58年度版 - 福島県土木部
  12. ^ 福島県の橋梁 平成15年度版 (PDF) - 福島県土木部
  13. ^ 福島県の橋梁 平成12年度版 - 福島県土木部
  14. ^ 福島県の橋梁 平成10年度版 - 福島県土木部

参考文献[編集]

  • 佐藤健太郎『ふしぎな国道』講談社〈講談社現代新書〉、2014年10月20日。ISBN 978-4-06-288282-8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]