国道24号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道24号標識
国道24号
地図
Japan National Route 24 Map.png
総延長 217.0 km
実延長 217.0 km
現道 158.0 km
制定年 1952年指定(原型は1930年
起点 京都府京都市下京区
烏丸五条交差点(地図
主な
経由都市
奈良県奈良市橿原市五條市
和歌山県橋本市
終点 和歌山県和歌山市
県庁前交差点(地図
接続する
主な道路
記法
国道1号標識 国道1号
国道163号標識 国道163号
国道165号標識 国道165号
国道26号標識 国道26号
国道42号標識 国道42号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
国道24号 起点
京都府京都市下京区
烏丸五条交差点

国道24号(こくどう24ごう)は、京都府京都市から奈良県奈良市を経て、和歌山県和歌山市に至る一般国道である。

概要[編集]

国道24号 終点
和歌山県和歌山市 県庁前交差点

府県庁所在地である京都市、奈良市、和歌山市を結ぶ延長約217キロメートル (km) の一般国道の路線で、起点の京都市下京区国道1号分岐(烏丸五条交差点)から南下して奈良盆地和歌山平野に沿って西に向かい、和歌山県庁前の県庁前交差点に至る。主な通過地は、京都府宇治市城陽市木津川市、奈良県奈良市、大和郡山市橿原市葛城市御所市五條市、和歌山県橋本市紀の川市岩出市である。

関西圏では国道171号国道176号三田市以南)とともに渋滞酷道と呼ばれるほど渋滞が慢性的である。現在はこの渋滞を解消すべく、バイパス京奈和自動車道が建設中であり、京都府内が西日本高速道路有料道路として、和歌山県内が無料道路として全線開通したが、奈良県内の全線開通がいつになるかは未定。現在のところ、奈良・和歌山県内は無料で開通している。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1] に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

国道24号は、京都と奈良という2つの都を結ぶ、歴史的に見れば重要な路線であるが、1885年明治18年)の内務省告示第6号「國道表」公布時には国道に指定されなかった。

1887年(明治20年)11月28日に国道49号「東京より奈良県に達する路線」が追加指定された。この路線は国道2号(現1号)から京都市山科で分岐して奈良市に至るもので、今日の国道24号の原形ではあるが、京都中心部は経由していない。

1920年大正9年)施行の旧道路法に基づく路線認定では、旧49号が国道15号「東京市より奈良県庁所在地に達する路線」となった。この際、京都市中心部を経由するようにルートが変更されており、京都と奈良を直接結ぶ現在の国道24号のルートとなった。1929年昭和4年)、奈良県議会で国道15号の和歌山への延伸が求められ、それを受けて1930年(昭和5年)11月18日、県道奈良和歌山線・八木高田線・高田御所線・御所五条線が国道15号に編入されて京都 - 和歌山間の路線となる。

1952年(昭和27年)12月4日、新道路法に基づく路線指定で、旧15号が一級国道24号(京都府京都市 - 和歌山県和歌山市)として指定。

1965年(昭和40年)4月1日に、道路法改正によって一級・二級の別がなくなり一般国道24号となる。

1973年(昭和48年)4月1日大久保バイパス宇治市大久保田原交差点 - 城陽市城陽新池交差点間)が開通。

1977年(昭和52年)5月16日、奈良バイパス木津町市坂 - 大和郡山市発志院町)が暫定2車線で供用開始[4]

1988年(昭和63年)8月29日、京滋バイパス開通に伴いから宇治市槇島町十一交差点(京滋バイパス交差点)から城陽市城陽新池交差点までが京都府道300号(現・京都府道69号城陽宇治線)となる。

2005年4月1日に橿原市 - 大和高田市のルートが大和高田バイパス経由に経路変更。

2009年9月28日に京都市塩小路通から八条通間のJR高架下区間が、2車線から4車線に拡幅。併せて2.1 mの高さ制限も解除。

旧道[編集]

路線状況[編集]

通称[編集]

バイパス[編集]

高規格幹線道路[編集]

大臣指定高規格幹線道路(B路線)

一般道路[編集]

奈良バイパス
奈良県奈良市佐保台西町
和歌山バイパス
和歌山県岩出市中島

重複区間[編集]

国道168号との重複
奈良県御所市鳥井戸
  • 国道163号:京都府木津川市山城町上狛四丁町(上狛四丁町交差点) - 京都府木津川市木津大谷(大谷交差点)
  • 国道25号:奈良県大和郡山市(横田町交差点) - 奈良県天理市(嘉幡町交差点)
  • 国道169号:奈良県橿原市八木町(橿原郵便局前交差点) - 奈良県橿原市兵部町(兵部町交差点)
  • 国道165号国道166号:奈良県橿原市八木町(橿原郵便局前交差点) - 奈良県橿原市四条町(四条西交差点)
  • 国道168号:奈良県大和高田市(東室ランプ) - 奈良県五條市(本陣交差点
  • 国道370号:奈良県五條市(三在交差点) - 和歌山県橋本市(橋本1丁目交差点)
  • 国道480号:和歌山県伊都郡かつらぎ町(笠田東交差点) - 和歌山県紀の川市(穴伏交差点)
  • 国道26号:和歌山県和歌山市(元寺町五丁目交差点 - 県庁前交差点)

道路施設[編集]

橋梁[編集]

  • 観月橋(宇治川、京都市伏見区)
  • 泉大橋(木津川、木津川市)
  • 紀州大橋(紀ノ川、和歌山市)※和歌山バイパス

トンネル[編集]

  • 釜窪東トンネル・釜窪西トンネル(五條市釜窪町)※京名和自動車道区間
  • 畑田トンネル(五條市畑田町)※京名和自動車道区間
  • 知谷トンネル(紀の川市)※京名和自動車道区間
  • 春日山城トンネル(紀の川市)※京名和自動車道区間
  • 根来トンネル(紀の川市 - 岩出市)※京名和自動車道区間

道の駅[編集]

道路情報ラジオ[編集]

  • 横田(奈良県大和郡山市)

交通量[編集]

(右の「表示」を押す)

地理[編集]

和歌山県橋本市市脇1丁目
(2011年6月)

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

(右の「表示」を押す)

R24 map.png

※上図は2010年3月9日時点のデータ

主な峠[編集]

  • 風の森峠(標高210m) : 奈良県御所市

接続路線図[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 1997年に市制施行・改称し、京田辺市発足。
  3. ^ a b 2007年3月12日に3町が合併して木津川市発足。
  4. ^ 2004年10月1日に2町が合併して葛城市発足。
  5. ^ a b 2005年11月7日に5町が合併して紀の川市発足。
  6. ^ a b c d e f g 2014年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2013年9月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 3. 2017年3月26日閲覧。
  3. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2013年9月14日閲覧。
  4. ^ 官報第15100号 建設省告示第796号 1977年5月14日 p.17
  5. ^ 平成22年度道路交通センサス 一般交通量調査 箇所別基本表(京都府) (PDF)”. 国土交通省道路局. p. 5. 2012年5月28日閲覧。
  6. ^ 平成22年度道路交通センサス 一般交通量調査 箇所別基本表(奈良県) (PDF)”. 国土交通省道路局. p. 1. 2012年5月28日閲覧。
  7. ^ 平成22年度道路交通センサス 一般交通量調査 箇所別基本表(和歌山県) (PDF)”. 国土交通省道路局. p. 1. 2012年5月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]