国道190号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般国道

国道190号標識

国道190号
総延長 43.7 km
実延長 43.7 km
現道 43.7 km
制定年 1953年指定
起点 山口県山口市
岡屋交差点(地図
主な
経由都市
山口県宇部市
終点 山口県山陽小野田市地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0002.svg国道2号
Japanese National Route Sign 0009.svg国道9号
Japanese National Route Sign 0490.svg国道490号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
山陽小野田市埴生(国道2号旧道)

国道190号(こくどう190ごう)は、山口県山口市から同県宇部市を経由して同県山陽小野田市に至る一般国道である。

概要[編集]

山口市から宇部市を経由して山陽小野田市に到る区間で山越えとなっている旧山陽道西国街道)沿いを通過する国道2号および9号に対し、同区間で国道2号および9号の海側(周防灘沿い)を通過し、沿岸の各地域を結ぶ延長43.6km一般国道である。人口の多い宇部市の中心部を通過することもあって山口県内でも有数の交通量を誇る路線であり、中でも宇部市藤山交差点と厚東川大橋の交通量は山口県トップである[1]

山口市小郡 - 阿知須間で山口県道212号山口阿知須宇部線が、山口市 - 宇部市間で山口宇部道路および宇部湾岸道路山口県道6号山口宇部線)が、宇部市 - 山陽小野田市間で山陽自動車道宇部下関線がそれぞれ併走しており、国道190号の機能を補完している。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[2][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

路線状況[編集]

3車線以上の車線数をもつ区間は、

  • 江頭交差点(宇部市西岐波) - 東芝中町交差点(宇部市東芝中町)間 : 4車線(片側2車線)
  • 東芝中町交差点 - 松山町二丁目交差点(宇部市松山町):上り側は1車線、下り側は左折・直進レーン1車線+右折レーン2車線
  • 松山町二丁目交差点 - 新町交差点(宇部市新町)間 : 6車線(片側3車線、新川大橋のみ片側2車線)
    • 松山町一丁目交差点(宇部市松山町) - 新川大橋手前は片側1車線の側道もある。
  • 新町交差点 - 労災病院交差点間 : 4車線(片側2車線、厚東川大橋は片側3車線)
  • 新生町交差点(山陽小野田市新生町) - 長田屋橋交差点(山陽小野田市日の出)間 : 4車線(片側2車線)
  • 長田屋橋交差点 - 神田交差点(山陽小野田市西高泊)間 : 3車線(上り線が1車線、下り線が2車線)

であり、上記以外の区間ではほぼ全線が2車線(片側1車線)である。

バイパス・通称[編集]

バイパスとして建設された現道区間
いずれの区間も旧道は国道の指定を外れ、パイパス路線が現道となっている。一般的な道路地図などにおいて以下のバイパス名が記載されることは少ない。
  • 阿知須バイパス(2車線であるが、阿知須中学校前交差点付近のみ4車線に対応した構造となっている)
  • 床波バイパス(開通時点では4車線、両外側の車線を歩道に転用したため現在は2車線)
  • 厚東川バイパス(4車線、厚東川大橋区間は6車線)
  • 小野田バイパス(完成4車線、現在は一部区間で暫定2車線の供用)
なお、宇部市東藤曲2丁目(藤山交差点) - 西梶返1丁目(西梶返交差点)間の4車線(片側2車線)道路「宇部市道北琴芝鍋倉町線」は、かつて国道190号バイパスとして一部の道路地図[7]に記載されていたこともあるが、この道路は宇部市都市計画道路柳ヶ瀬丸河内線として都市計画決定されており、これまで宇部市が事業主体となって整備を行ってきた[8]。将来的には宇部市則貞6丁目付近で現道と接続する計画となっており、現道を短絡するルートとなることから実質的には国道190号のバイパス道路であるが、名称の通り宇部市が管理する宇部市道であり、国道190号ではない。
通称
宇部市の中心市街地を通過する区間において、以下の通称がある。
  • 松山通り(宇部市宇部市、松山町二丁目交差点 - 松山町一丁目交差点)
  • 常盤通り(宇部市常盤町、松山町一丁目交差点 - 中央町交差点)

道路施設[編集]

橋梁[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

山口市
松山町一丁目交差点
宇部市
山陽小野田市

沿線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b 2005年3月22日に小野田市と厚狭郡山陽町が合併して山陽小野田市発足。
  3. ^ 2005年10月1日に山口市ほか4町が合併して山口市発足。
  4. ^ a b c d e f g 2015年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ 8 交通量の現況 (PDF) 」『山口県の道路・2011 -資料編-』pp.5-8
  2. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年11月12日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 10. 2017年4月15日閲覧。
  4. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年11月12日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h 『五十年のあゆみ』
  6. ^ a b c d e f g 8 道路整備に関する出来事 (PDF) 」『山口県の道路・2011 -資料編-』pp.23-26
  7. ^ a b 1994年、『詳密 九州道路地図』、塔文社 ISBN 4-88678-700-2
  8. ^ 柳ヶ瀬丸河内線”. 宇部市都市開発部都市計画課. 2005年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月6日閲覧。

参考文献[編集]

  • 建設省中国地方建設局山口工事事務所 『五十年のあゆみ』 建設省中国地方建設局山口工事事務所、防府、1986年
  • 山口県土木建築部道路建設課道路規格班 『山口県の道路・2011 -資料編-』 山口県土木建築部道路建設課道路規格班、山口、2011年10月6日2012年3月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]