高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路(こうそくじどうしゃこくどうにへいこうするいっぱんこくどうじどうしゃせんようどうろ)とは高規格幹線道路の1つ。A'路線とも言われる。

概要[編集]

本来、高速自動車国道として整備される路線のうち、早期の全区間整備の必要性は低い路線に並行している一般国道で、部分的に混雑解消や山間部の隘路解消などのためバイパス道路の整備が急務となっている一部区間のために、高速自動車国道の一部を一般国道バイパス扱いで先行整備した道路[1][2]税金(国との建設費負担は2対1)又は追加で東日本中日本西日本の各高速道路会社(民営化以前は日本道路公団)等が建設費を投入して建設する。建設費をすべて税金のみで賄った場合は無料道路となり、高速道路会社も負担した場合は一般有料道路として供用されることになる。

実質的に高速自動車国道の一部であっても、あくまでも一般国道のバイパスとして扱われるため、高速自動車国道の法定最高速度や最低速度は適用されず、指定最高速度標識のない場合の最高速度は60 km/hとなる。また、有料道路の場合、当該道路単独で償還しなければならないことから通行料金の賃率が全国的な料金プール制を採る高速自動車国道よりも割高になるほか、特典の付与率も比較的低くなっている[注 1]広島岩国道路では、ETC車に限り料金の値下げが実施されており、連続する山陽自動車道と変わらない料金で走行できるようになっている[3]。 また、みちのく有料道路第二みちのく有料道路山口宇部道路のように県道の一部がA'路線に指定されている場合もある。また、みちのく有料道路の全線、月山道路志戸坂峠道路の一部のように一般道路の区間がA'路線に指定されている場合もある。

高速道路ナンバリング 営業路線名 国土開発幹線自動車道による路線名 並行する一般国道自動車専用道路
E5 [注 2] 北海道縦貫自動車道 函館新道名寄美深道路音威子府バイパス幌富バイパス豊富バイパス
E5A [注 2] 北海道横断自動車道根室線・網走線 黒松内新道
後志自動車道 倶知安余市道路
E38/E44 [注 2] 北海道横断自動車道根室線 釧路外環状道路根室道路
E61 十勝オホーツク自動車道 北海道横断自動車道網走線 北見道路
[注 2] 美幌バイパス
E4A [注 2] 東北縦貫自動車道八戸線 百石道路第二みちのく有料道路[注 3]上北自動車道みちのく有料道路[注 4]
E46 [注 2] 東北横断自動車道釜石秋田線 釜石道路、仙人峠道路、遠野道路
E48 [注 2] 東北横断自動車道酒田線 月山道路
E7 日本海東北自動車道 日本海沿岸東北自動車道 朝日温海道路遊佐象潟道路象潟仁賀保道路仁賀保本荘道路
秋田自動車道 秋田外環状道路琴丘能代道路二ツ井今泉道路鷹巣西道路[注 3]鷹巣大館道路大館西道路
E13 東北中央自動車道 東北中央自動車道 相馬福島道路米沢南陽道路
[注 2] 尾花沢新庄道路新庄北道路泉田道路新庄金山道路金山道路主寝坂道路真室川雄勝道路院内道路横堀道路湯沢横手道路
E6 [注 2] 常磐自動車道 仙台東部道路仙台北部道路
E14 [注 2] 東関東自動車道館山線 京葉道路富津館山道路
E51 [注 2] 北関東自動車道 東水戸道路
E1A 伊勢湾岸自動車道 第二東海自動車道
近畿自動車道名古屋神戸線
伊勢湾岸道路
E25 [注 2] 近畿自動車道名古屋大阪線 名阪国道
E42 [注 2] 近畿自動車道紀勢線 湯浅御坊道路すさみ串本道路串本太地道路那智勝浦新宮道路新宮紀宝道路熊野道路熊野尾鷲道路
E2 [注 2] 山陽自動車道 広島岩国道路小郡道路山口宇部道路[注 3]
E29 鳥取自動車道 中国横断自動車道姫路鳥取線 志戸坂峠道路
E9 山陰道 山陰自動車道 鳥取西道路青谷羽合道路北条道路東伯中山道路中山名和道路名和淀江道路米子道路安来道路松江道路出雲仁摩道路仁摩温泉津道路福光・浅利道路江津道路浜田道路浜田三隅道路益田道路萩・三隅道路長門・俵山道路俵山・豊田道路
E56 高知自動車道[4] 四国横断自動車道 須崎道路窪川佐賀道路佐賀大方道路
[注 2] 中村宿毛道路津島道路宇和島道路大洲道路
E77 九州中央自動車道 九州横断自動車道延岡線 五ヶ瀬高千穂道路高千穂日之影道路北方延岡道路
E10/E78 東九州自動車道 東九州自動車道 椎田道路宇佐別府道路延岡道路延岡南道路日南・志布志道路隼人道路

高速自動車国道への編入[編集]

高速自動車国道との接続によってA'路線からA路線に編入されるケースもある。以下に、A'路線と言う概念が成立して以降のA路線編入区間について示す。

編入年月日 編入路線名 旧道路名
1998年(平成10年)7月1日 E48山形自動車道 笹谷トンネル
2005年(平成17年)4月1日 E42阪和自動車道 海南湯浅道路
2017年(平成29年)11月21日 E11高松自動車道 高松東道路[注 5]

隠れ高速[編集]

1966年(昭和41年)に国土開発幹線自動車道建設法で制定された路線網7600 km。これ以外に高速自動車国道を建設しようとしても法的根拠を持たないために不可能である。この路線網は1987年(昭和62年)に14000 kmに拡充されることになる。

高速自動車国道(高速道路)は闇雲に建設できるわけではなく、1966年(昭和41年)に国土開発幹線自動車道建設法で制定された路線網7600 kmに根拠を求める必要がある。この路線網に記載のない場合は、高速自動車国道として建設することはできない[5]。つまり、地方が高速道路欲しさに有力政治家に働きかけても、法律の壁に阻まれて建設することは不可能である。7600 kmとは、採算に見合う限度一杯の路線網として、これ以上の高速道路建設に歯止めをかける意味をもっており、採算を度外視した高速道路誘致を図る政治家を寄せ付けないためのものでもあった[6]

しかし、地方は高速自動車国道を切望し、法律の壁を縫って高規格の道路を誘致する方法を画策した。金丸信などは選挙地盤の山梨県に将来、高速道路を誘致するために「高速道路らしき国道」すなわち国道バイパスを建設する手法を駆使した[7]宮崎県延岡市の場合は、日本道路公団と太いパイプでつながる早生隆彦を市長に据えて打開策を練った[8]。そして建設省の道路局長と掛け合った結果、一般有料道路を造ってはどうかと提案された。高速自動車国道は法律の根拠がなければ建設できないが、一般有料道路ならば公団は建設省に申請するだけでよく、高速道路らしき道路を造り続けていけば、やがては高速道路網に組み込まれる可能性がある[9]。折しもこの提案がもたれた1980年代は、7600 kmで計画された国土開発幹線自動車道網が1985年(昭和60年)頃には拡充されるという話が出回りはじめ、東九州への高速道路誘致を目指す地元代議士や早生らの陳情のタイミングはこれと機を一にするものでもあった[10]。そうした道路局長の提案を早生は受け入れ、延長3.7 kmの一般有料道路「延岡南道路」の建設へと至った[10]。これが将来の高速道路格上げの可能性がある道路ということで、公団はこの手の一般有料道路を「隠れ高速」と呼んだ[11]。このように昭和50年代に計画された日本道路公団の一般有料道路とは、将来高速道路網7600 kmが拡大されることを見越して造られたものであった[12]

東九州において採用されたこの手法は、道路族の有力政治家が好んで駆使することとなり、結果、全国に短距離の一般有料道路が次々と建設されることになった[13]。地元民にとっては高速道路も一般有料道路も違いが分からず同じに見えることで、政治家は一般有料道路を誘致すれば、それは地元民に対する有効なアピールとなった[14]

こうして瞬く間に全国に展開された一般有料道路だが、その路線延長が各々短すぎてネットワークを形成していないことに加え、需要予測が甘かったことから採算性が極めて悪い結果を招くことになった[15]。日本道路公団は財政投融資に建設の資金源を求め、通行料金で返済する公団方式を採用することから、早期の採算性向上が見込めない一般有料道路の建設は即座に公団の経営を圧迫した[16]。公団の首が借金で回らないと見るや国は、採算性の悪い一般有料道路建設のために利子補給(国税投入)を行なうことでさらなる不採算路線の建設へと公団の尻を叩いた[17]

やがて1987年(昭和62年)9月の国土開発幹線自動車道建設法の一部改正により道路網が7600 kmから14000 kmに拡充された際、全国に散らばって計画された一般有料道路網は高規格幹線道路網に全て取り込まれ、かつて建設省道路局長の提案した通り、全国高速道路網の一部となった。こうして一般有料道路は高速自動車国道への入場券の役割を果たすことになった[18]。そして全国19か所[19]の隠れ高速はその後「高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路」となっている。

脚注[編集]

注記[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ETCマイレージポイントが高速自動車国道の半分しか付与されない。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 当該区間においては、一般国道自動車専用道路としての名称をそのまま用いる。
  3. ^ a b c 第二みちのく有料道路、鷹巣西道路、山口宇部道路は県道。
  4. ^ 一般道路であるみちのく有料道路も東北縦貫自動車道八戸線に並行とされているが別に基本計画区間も策定されている。
  5. ^ 営業路線名としては既に高松自動車道の一部だった。

出典[編集]

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]