山口県道347号下松新南陽線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
山口県道347号標識
山口県道347号下松新南陽線(山口県周南市遠石)

山口県道347号下松新南陽線(やまぐちけんどう347ごう くだまつしんなんようせん)は下松市望町1丁目と周南市若山2丁目を結ぶ一般県道である。

全区間が旧国道2号である。周南バイパス全通に伴い本路線に移行した。

路線データ[編集]

  • 起点:下松市望町1丁目(末武中交差点=国道2号交点・国道188号終点)
  • 終点:周南市若山2丁目(西ノ端交差点=国道2号交点)
  • 総延長:
  • 実延長:

沿革[編集]

通過市町村[編集]

  • 下松市
  • 周南市

沿線の地理[編集]

主要施設[編集]

名所・旧跡・観光地[編集]

  • 遠石八幡宮
  • 勝栄寺 - 大内氏の重臣だった陶氏の拠点だったところで、土塁が残っている。毛利元就ゆかりの地でもある。
  • 西国街道(旧山陽道

接続道路[編集]

車線・最高速度[編集]

区間 車線
上下線=上り線+下り線
最高速度
末武中交差点 - 久米交差点 2=1+1 50 km/h
久米交差点 - 周南市遠石交差点 4=2+2
周南市遠石交差点 - 浦山交差点 6=3+3
浦山交差点 - 西ノ端交差点 2=1+1[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新南陽駅付近(政所交差点前後)は4=2+2

関連項目[編集]