山口県道33号下関美祢線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
山口県道33号標識
山口県道33号 下関美祢線
主要地方道 下関美祢線
起点 下関市小野【地図
終点 美祢市大嶺町東分【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
都道府県道34号標識
山口県道34号下関長門線
Japanese National Route Sign 0491.svg 国道491号
Japanese National Route Sign 0002.svg 国道2号
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
都道府県道65号標識
山口県道65号山陽豊田線
Japanese National Route Sign 0435.svg 国道435号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

山口県道33号下関美祢線(やまぐちけんどう33ごう しものせきみねせん)は、山口県下関市美祢市を結ぶ県道主要地方道)である。

概要[編集]

以前は下関市と萩市を結ぶ山口県道33号下関萩線だったが、国道435号1975年 - 1982年国道376号)や国道490号の昇格によって重用区間が長くなったために存在意義が薄まり、1994年(平成6年)に終点が短縮されて現行路線になった(以前の終点側は山口県道32号萩秋芳線の一部として独立)。

全線上下2車線の快適な道で、本路線と国道435号・国道490号を介した下関 - 萩間について見れば国道191号経由よりも距離は短い。中国自動車道小月IC - 美祢西ICのほぼ全区間と併走する。

元々は下関市小月京泊(京泊交差点・旧国道2号と分岐)が起点であったが、小月バイパス開通時に起点が下関市松屋本町5丁目になり、さらに下関市小野 - 下関市王司神田1丁目間の下関市道を県道に昇格させたことにより起点がさらに移動した。[要出典]

路線データ[編集]

歴史[編集]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

下関市吉田(木屋川付近、美祢方面)

沿線にある施設など[編集]

沿線の名所・旧跡・観光地

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目[編集]