赤穂市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あこうし
赤穂市
Ako montage.JPG
Flag of Ako Hyogo.JPG
赤穂市旗
Ako Hyogo chapter.JPG
赤穂市章
1951年昭和26年)9月制定
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 兵庫県
団体コード 28212-0
面積 126.86km2
総人口 48,189
推計人口、2016年6月1日)
人口密度 380人/km2
隣接自治体 相生市赤穂郡上郡町
姫路市(海上)
岡山県備前市
市の木 サクラ
市の花 ツツジ
赤穂市役所
所在地 678-0292
兵庫県赤穂市加里屋81番地
北緯34度45分17.9秒東経134度23分25.2秒座標: 北緯34度45分17.9秒 東経134度23分25.2秒
赤穂市役所
外部リンク 赤穂市 公式サイト

赤穂市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町

 表示 ウィキプロジェクト

赤穂市(あこうし)は、兵庫県の南西部、岡山県との県境に位置する瀬戸内海国立公園の一部を成す。西播磨県民局の管轄。旧赤穂郡

概要[編集]

のちに忠臣蔵として語り伝えられることとなる赤穂事件ゆかりの地である。毎年12月14日には赤穂市最大の催しとして赤穂義士祭が行われている。古くから塩田入浜式塩田揚浜式塩田流下式塩田)が栄え、生産されている塩は「赤穂の塩」として全国に流通している。市の中心部を流れる、千種川名水百選)の豊富な水系に恵まれた赤穂市は水道料金(簡易水道を除く家庭用水道料金)が国内で一番安い[1]。400年前(1616年)に敷設され、現在でも市内の随所にその遺構が残る赤穂上水は、神田上水(東京都)福山上水(広島県)と並んで日本三大上水道(江戸三大上水道)のひとつに数えられる[2]。平成24年2月、赤穂市は「健康とスポーツを新機軸としたスポーツ先進都市」の実現を目指すため「スポーツ都市」とすることを宣言している。


地理[編集]

千種川(名水百選)
赤穂城跡
赤穂市中心部周辺の空中写真。1980年撮影の21枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

播磨灘に注ぐ千種川名水百選)の河口に広がる平野地に、赤穂城を中心とした城下町の名残が残る市街地と、古い港町の町並み(都市景観100選)が美しく、牡蠣の養殖が盛んな坂越瀬戸内海国立公園赤穂温泉のある御崎などで知られる。 赤穂市は、約8200万年前(後期白亜紀)に火山が噴火してできた巨大な赤穂カルデラ(赤穂コールドロン)の中に市域がスッポリ入る珍しい特徴の地形にある。赤穂カルデラの規模は南北約16キロ・東西約21キロにも及び、日本国内では阿蘇カルデラ(約25km)、姶良カルデラ(約20km)に匹敵する規模である。カルデラに特徴的な地層で、割れ目にマグマが入り込んで出来る「平行岩脈群」が、福浦から赤穂御崎坂越にかけての海岸域に露出しており、現在でも見ることが出来る[3][4][5][6]

気候[編集]

瀬戸内海沿岸に位置する赤穂市は、日本の気候区分でいう瀬戸内海式気候に属し、1年間を通して晴天の日が多いため、古くから塩田が栄えた。12月から2月までの平均気温は5.1℃(平成24年度)であり、積雪もほとんどない。

隣接している自治体[編集]

歴史[編集]

赤穂市域の全部または一部はかつて、吉備国に属した。吉備国弥生時代古墳時代筑紫出雲ヤマト毛野などと並んで日本列島を代表する政権として繁栄し、ヤマトと連合して列島の統一・治世に貢献したが、吉備の興隆に脅威を感じたヤマトに勢力を削減され、備前備中備後美作に分割され、さらに赤穂市域は播磨国へと移されることになったという。これ以後、経済・文化の面で結びつきの強い旧吉備地域の政治的な統一は現在に至るまで達成されていない。

  • 1951年(昭和26年)9月1日 - 赤穂郡赤穂町坂越町高雄村が合併して発足。
  • 1955年(昭和30年)4月1日 - 赤穂郡有年村を編入。
  • 1963年(昭和38年)9月1日 - 岡山県和気郡日生町の一部(寺山を除く大字福浦)を編入。
  • 赤穂郡上郡町との間で合併協議を行っていたが、2007年(平成19年)9月に行われた住民投票で合併反対票が賛成票を大きく上回った。これを受けて、上郡町との合併は断念された。

行政[編集]

  • 市長:明石元秀(2015年1月27日就任、現在1期目)

歴代市長

立法[編集]

市議会[編集]

  • 定数:18名
  • 任期:2013年(平成25年)4月9日 - 2017年(平成29年)4月8日
  • 議長:家入時治(政翔会)
  • 副議長:藤友俊男(赤諒会)
会派名 議席数 議員名(◎は代表)
赤諒会 4 ◎土遠孝昌、有田光一、藤友俊男、重松英二
新風 4 ◎奥藤隆裕、瓢敏雄、山田昌弘、永安弘
政翔会 3 ◎田端智孝、家入時治、竹内友江
日本共産党赤穂市会議員団 2 ◎小林篤二、川本孝明
経政会 2 ◎釣昭彦、藤本敏弘
公明党 2 ◎木下守、前川弘文
無会派 1 小路克洋

2016年4月5日現在。

兵庫県議会(赤穂市、赤穂郡及び佐用郡選挙区)[編集]

  • 定数:1名
  • 任期:2015年(平成27年)6月11日 - 2019年(平成31年)6月10日
氏名 会派名 当選回数
長岡壯壽 自由民主党 4

2014年3月24日の県議会本会議で、旧「赤穂市及び赤穂郡選挙区」は佐用郡選挙区と統合されることが決まった。定数は合わせて1名[7]

経済[編集]

特産品[編集]

兵庫県指定伝統工芸品 赤穂市HP 伝統的工芸品のご紹介

  • 赤穂雲火焼 - 江戸時代後期に大嶋黄谷によって創出された焼き物。夕焼け雲を連想させる独特の紋様が特徴。
  • 赤穂段通(日本三大緞通) - 江戸時代末期に児島なかによって発案された綿の段通。全工程が手作業で、挟せて、摘む(つむ)独自の技法で織られ、その独特な色合いと文様は幻の緞通とも言われた。最盛期は高級敷物として海外にも輸出、皇后御召列車東宮の御船、枢密院玉座の敷物として使われた。京都祇園祭で保存使用されている屏風飾りの敷物の多くも赤穂段通である。佐賀の鍋島と大阪のと並んで日本三大緞通の一つ[8]

産業[編集]

赤穂市の労働力人口のうち、産業就業者数の割合(2010年調べ)

  • 第1次産業就業者数 458人
  • 第2次産業就業者数 7,427人
  • 第3次産業就業者数 13,591人

主な産業事業所[編集]

漁業[編集]

坂越港全景
  • 坂越漁港
  • 福浦漁港

金融機関[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

姉妹都市[編集]

圏域提携都市[編集]

  • 東備西播定住自立圏 - 2009年(平成21年)連携協定を締結。
(参加自治体)岡山県備前市、兵庫県赤穂市、赤穂郡上郡町
  • 播磨圏域連携中枢都市圏 - 2015年(平成27年)姫路市と播磨圏域連携中枢都市圏形成に係る連携協約を締結。
(参加自治体)姫路市、赤穂市、相生市、加古川市、高砂市、加西市、宍粟市、たつの市、稲美町、播磨町、市川町、福崎町、神河町、太子町、上郡町、佐用町の8市8町で構成。

義士親善友好都市[編集]

  • 義士親善友好都市交流会議(通称:忠臣蔵サミット)1989年(平成元年)創設。平成27年現在、全国30の市と区が加盟。- 赤穂市の呼びかけで、全国の「赤穂義士ゆかりの地」となる自治体が、親善と友好を深めながら情報を交換、地域の活性化と発展向上のために相互協力していくことを目的に創設。毎年、開催される忠臣蔵サミットは加盟自治体のひとつが開催地となっている。2015年は赤穂市、2016年は8月4日-5日に赤穂市が主催し、東京都内で開催する。
(加盟自治体)北海道砂川市 岩手県一関市 山形県米沢市 茨城県桜川市 栃木県大田原市 茨城県笠間市 群馬県安中市 群馬県藤岡市 東京都千代田区 東京都中央区 東京都港区 東京都新宿区 東京都墨田区 東京都豊島区 新潟県新発田市 長野県諏訪市 愛知県南知多町 愛知県西尾市 滋賀県大津市 滋賀県野洲市 兵庫県明石市 兵庫県相生市 兵庫県豊岡市 兵庫県加西市 兵庫県加東市 兵庫県篠山市 岡山県津山市 岡山県高梁市 広島県三次市 熊本県山鹿市
  • 義士親善友好都市間における災害応急対策活動の相互応援協定 参加23自治体 - 忠臣蔵サミット加盟自治体のうち23の自治体が、災害時における相互応援協定を結んでいる。
(加盟自治体)北海道砂川市、岩手県一関市、茨城県笠間市、茨城県桜川市、栃木県大田原市、群馬県藤岡市、東京都千代田区、東京都港区、東京都新宿区、東京都墨田区、新潟県新発田市、長野県諏訪市、愛知県西尾市、滋賀県大津市、滋賀県野洲市、兵庫県相生市、兵庫県豊岡市、兵庫県赤穂市、兵庫県加西市、兵庫県篠山市、兵庫県加東市、広島県三次市、熊本県山鹿市。

地域[編集]

人口[編集]

2010年(平成22年)国勢調査より前回調査からの人口増減をみると、2.43%減の50,533人であり、増減率は県下41市町村中19位、49行政区域中27位。

Demography28212.svg
赤穂市と全国の年齢別人口分布(2005年) 赤穂市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 赤穂市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
赤穂市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 45,942人
1975年 49,583人
1980年 51,046人
1985年 52,374人
1990年 51,131人
1995年 51,426人
2000年 52,077人
2005年 51,794人
2010年 50,533人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

幼稚園 小学校 中学校
赤穂市立 赤穂幼稚園 赤穂市立 赤穂小学校 赤穂市立 赤穂中学校
赤穂市立 城西幼稚園 赤穂市立 城西小学校
赤穂市立 塩屋幼稚園 赤穂市立 塩屋小学校 赤穂市立 赤穂西中学校
赤穂市立 赤穂西幼稚園 赤穂市立 赤穂西小学校
赤穂市立 尾崎幼稚園 赤穂市立 尾崎小学校 赤穂市立 赤穂東中学校
赤穂市立 御崎幼稚園 赤穂市立 御崎小学校
赤穂市立 坂越幼稚園 赤穂市立 坂越小学校 赤穂市立 坂越中学校
赤穂市立 高雄幼稚園 赤穂市立 高雄小学校
赤穂市立 有年幼稚園 赤穂市立 有年小学校 赤穂市立 有年中学校
赤穂市立 原幼稚園 赤穂市立 原小学校
高等学校
兵庫県立 赤穂高等学校
特別支援学校
兵庫県立 赤穂特別支援学校
大学・専門学校
関西福祉大学
はくほう会医療専門学校赤穂校(旧西はりま医療専門学校

マスメディア[編集]

放送局名 デジタル放送 アナログ放送
2011年平成23年)7月24日終了時点)
リモコンキーID チャンネル 空中線電力 ERP チャンネル 空中線電力 ERP
映像 音声 映像 音声
NHK
神戸総合
1 22 1W 4.9W 50 10W 2.5W 32W 10W
NHK
大阪教育
2 13 52
SUN
サンテレビジョン
3 26 4.2W 56 8.1W
MBS
毎日放送
4 16 54
ABC
朝日放送
6 15 58
KTV
関西テレビ放送
8 17 60
ytv
讀賣テレビ放送
10 14 62
  • UHFアンテナを高山向け(垂直)とは別に岡山県向け(水平)にもう1本設置することによって、テレビせとうち(TSC、アナログ23ch・デジタル18ch)が視聴可能なので、基本的には5大キー局すべてが視聴可能(但し、放送区域外なので、殆どの世帯でパラスタックアンテナが必要)。
  • アンテナの向きによっては岡山・香川の山陽放送(RSK、アナログ11ch・デジタル21ch)、岡山放送(OHK、アナログ35ch・デジタル27ch)、西日本放送(RNC、アナログ9ch・デジタル20ch)、瀬戸内海放送(KSB、アナログ25ch・デジタル30ch)が映る場合もある。
  • 坂越地区では市内とは別の地区の共同アンテナを立てている。地区で共同アンテナ使用料を出資し、赤穂中継局や生駒送信所摩耶山送信所経由でテレビ大阪(TVO)や在阪広域民放、SUN、NHKを見ることが出来るが、映りが良くない家もある。デフォルトでTVOを見るときは、5ch、NHK神戸総合を見るときは1ch、NHK大阪教育は3ch、SUNは12chという家もある。
  • 有年地区では、相生市の相生若狭野中継局からの電波を受信している。
  • ラジオは、地元局であるCRKラジオ関西よりMBSラジオABCラジオの方が電波の入りが良い。夜になると場所によっては、関東の文化放送ニッポン放送九州のKBC九州朝日放送やRKK熊本放送などが入る。

交通[編集]

JR線では、新快速電車の終日直通運転により、京阪神から乗換することなく播州赤穂駅へ直結(大阪駅から約90分、三ノ宮駅から約70分)、車の場合、吹田ICから約90分、神戸JCTから約70分で山陽自動車道赤穂ICへアクセスする。

鉄道[編集]

その他、山陽新幹線相生駅 - 岡山駅間で当市を通過している。

なお赤穂線の開業以前、有年駅 - 播州赤穂駅(国鉄(JR)の駅とは別位置)に赤穂鉄道という私鉄線も存在した。

バス[編集]

路線バス
  • ウエスト神姫 - 市全域、及び隣接する市・郡部との連絡。
    • 陣たくん号(旧くらちゃん号) 運行詳細HP[1] - 市内の観光名所めぐりができる期間限定周遊バス。平成26年4月より、名称を赤穂市のマスコットキャラクター名に変更し、新たに「陣たくん号」として運行。指定期間中の土・日・祝祭日、播州赤穂駅と坂越駅を起点に一日三往復する。
    • ゆらのすけ 運行詳細HP[2] - 市内5つのルートを運行するコミュニティ型の市内循環バス。祝日も運行(日曜日と12月29日 - 1月3日は運休)。
    • ていじゅうろう 運行詳細HP[3] - 2年の試験運行を経て2014年3月より本格運行開始。東備西播定住自立圏形成推進協議会から受託運行されている圏域バス。日曜日は運休。上郡ルート(上郡駅 - イオン赤穂店 - 赤穂市民病院)と、備前ルート(吉永病院 - 三石駅 - 赤穂市民病院 - イオン赤穂店)の2路線。2015年9月までは、備前ルートの月、水、金曜日を日生運輸(株)備前バスが運行していた。

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・施設[編集]

赤穂観光情報センター[4] - JR播州赤穂駅構内2階にある社団法人赤穂観光協会の運営する観光案内所。市内及び近隣地域の観光案内の他、宿泊やレンタサイクルなどの情報を提供する。土産物や義士グッズなどを販売するコーナーもある。

加里屋・上仮屋(中心市街地)エリア[編集]

赤穂城本丸庭園(国の名勝)
  • 花岳寺 - 新西国三十三箇所観音霊場第31番
    • 山門 - 元禄時代を偲ぶ数少ない建物で赤穂市指定文化財。元の赤穂城塩屋総門(明治元年に移築)。
    • 義士宝物館
    • 義士木像堂
    • 忠義塚
    • 赤穂藩主3代(浅野家永井家森家)、大石家、赤穂義士墓所
    • 鳴らずの鐘
    • 大石名残の松
    • 御成道 - 花岳寺門前から赤穂城までの南北の道。道沿いの古い町屋は赤穂市市街地景観重要建築物に指定。
  • 萬福寺 - 播磨六坊の一つ。多くの義士の遺墨が残る赤穂義士ゆかりの寺。
  • 永応寺 - 播磨六坊の一つ。赤穂城下に建立された最古の寺院。赤穂藩主浅野家、赤穂義士ゆかりの寺。
  • お城通り - 赤穂駅と赤穂城跡を結ぶメインストリート。城下町風への修景が進められている。
  • 息継ぎ広場 - 息継ぎ井戸
    • からくり時計「義士あんどん」 - 高さ約4mのあんどん型のからくり時計。朝9時から夜8時までの毎正時、陣太鼓の音と共に扉が開かれ、からくり人形が忠臣蔵の4つの名場面を再現する。上演時間はナレーション付きで約3分間。
  • 赤穂情報物産館 - 息継ぎ広場の横にある赤穂観光アンテナショップ。塩味饅頭や赤穂塩など、約150種類の地元の土産物、義士関連グッズなどを集めて販売する。2階では、仮名手本忠臣蔵などの歌舞伎や、忠臣蔵を題材に採り上げたの映画やドラマなどの資料、赤穂ロケの様子などをパネル展示している。
  • 赤穂緞通加里屋工房 - 織方の技法(赤穂市指定文化財)の見学や、機織体験もできる。※要予約。有料。
  • 赤穂玩具博物館[5] - 古民家を活用した個人博物館。大正・昭和を中心とした昔懐かしい玩具3000点以上展示。
  • BEATLES博物館「サロン ド グラス オニオン」 - 熱烈なTHE BEATLESファンである個人収集家が、古民家を活用して館長を務める博物館。2万点を超える貴重な収蔵品を展示。午前11時〜午後4時開館。月・木曜休み(祝日は開館)。
  • 赤穂市立歴史博物館 - NHK土曜時代劇『忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣~』のドラマ化を記念し、礒貝十郎左衛門の資料を特別公開中。期間は平成29年1月下旬まで。
  • 赤穂市立民俗資料館(旧大蔵省赤穂塩務局庁舎) - ビートルズ来日50周年記念展を開催。※平成28年8月30日まで。
  • 赤穂市文化会館・ハーモニーホール[6]
  • 赤穂市立図書館[7] - 2002年グッドデザイン賞(建築環境デザイン部門)受賞。日本の最も美しい図書館(エクスナレッジ社刊)41館に選出。館内には、草間弥生「水玉の銀河2011」、奈良美智「メルティング・ムーン」などのアート作品がある。
  • 赤穂市立赤穂城南緑地公園 - 城南緑地とも呼ばれる。市立の総合運動公園で体育館、武道館、屋内プール、野球場、陸上競技場、テニスコート、相撲場の他、バラ園などがあり、国体や県大会の西播磨のメイン会場にもなっている。
    • 赤穂市民総合体育館[8]

塩屋(高山)・天和エリア[編集]

  • 塩屋荒神社
  • 赤穂ピクニック公園
  • 高山観光牧場
  • 塩屋山みかん園
  • 恋ヶ浜

尾崎エリア[編集]

  • 赤穂八幡宮 - 大石良雄赤穂浪士関係の文化財を数多く所蔵。秋季例祭での獅子舞は兵庫県無形民俗文化財
  • おせど(大石良雄仮寓地跡)
  • 普門寺 - 木造千手観音坐像(十一面千手千眼観世音菩薩坐像)は、国の重要文化財
  • 丸山県民サンビーチ - 松林が続く人気の海水浴場。ビーチ沿いの山手には、テントサイト34区画を備えたキャンプ場がある。駐車場(125台)、炊飯場、シャワー(浄水)も併設。全て無料。(シャワーは海水浴期間のみ)
  • たでのはな美術館 - 日本板画院同人の館主によって収集された近代版画200点あまりを展示する個人の版画専門美術館。

御崎エリア[編集]

御崎(国の名勝、大塚海岸ライオン岩付近)
  • 赤穂御崎 (国の名勝瀬戸内海国立公園日本百景日本の夕陽百選恋人の聖地美しい日本の歩きたくなるみち500選
    • 赤穂温泉(赤穂御崎温泉)(名湯百選
    • 伊和都比売神社(御崎明神) - 式内社。古来より航海安全、縁結びの神として信仰。
    • 大石名残の松 - 内蔵助が赤穂を離れる船から眺めたという松。花岳寺の“大石名残の松”とは別。
    • たたみ岩(御前岩)
    • きらきら坂 - にちよう朝市「御崎マルシェ」(毎月第二日曜日開催)[9]
    • 福浦海水浴場 - 赤穂御崎の海岸遊歩道沿いにあり、最盛期の昭和レトロな雰囲気が残る海水浴場。そのロケーションから、近年、民宿などがリニューアルし復興の兆しがある。
    • 東福浦海水浴場(大塚海岸) - 赤穂御崎から続く海岸遊歩道の東端にある海水浴場。夏はキャンプ客や音楽イベントなどで賑わう。
    • ライオン岩
    • 赤穂御崎展望広場
    • 大石内蔵助銅像 - 内蔵助旅立ちの姿の像。
  • 赤穂市立野外活動センター[10] - 瀬戸内海国立公園が一望できる市営のキャンプ場。テント/大4サイト、小20サイト。管理棟1棟(宿泊60人)。
  • 桃井ミュージアム[11]-赤穂雲火焼展示館-
  • 兵庫県立赤穂海浜公園[12] - 塩田跡に造られた面積71.7haに及ぶ西播磨地区で最大規模の県立公園。
  • 赤穂海浜・赤穂元禄スポーツセンター[16] - 赤穂海浜公園に隣接し、全面人工芝の一般用サッカーコート(1面)、フットサルコート(3面)などを兼備えた多目的グラウンド施設。ナイター設備、駐車場完備。要予約。兵庫県から用地を無償借用した赤穂市が施設を維持管理する。平成27年5月竣工。
  • 赤穂市立田淵記念館(赤穂市立美術工芸館 田淵記念館)
  • 赤穂緞通工房 東浜[17] - 赤穂緞通の一畳敷織機を常設、製作工程を見学できる。赤穂市東浜町に平成28年5月開設。
  • 唐船山 - 千種川の河口東岸にある、標高19mの兵庫県で一番低い山。播磨灘 - 瀬戸内海、赤穂市街地の眺望を楽しめる。昔、唐船が沈没して島(唐船島)となり、やがて陸続きとなった山で、頂上で足踏みするとドンドンと内部の空洞で反響すると言い伝えられる。
  • 赤穂唐船サンビーチ - 県立赤穂海浜公園の南側に広がる遠浅の砂浜で、海水浴や潮干狩りで人気のレジャースポット。駐車場や休憩所等の設備もある。

坂越エリア[編集]

坂越(都市景観100選)
生島(国の天然記念物)

坂越都市景観100選

  • 生島樹林 (国の天然記念物瀬戸内海国立公園
  • 宝珠山(宝珠山 - 茶臼山登山道(ウォーキングコース)/宝珠山八十八箇所霊場)
  • 小倉御前(小倉宮)の墓・石碑
  • 辰巳柳太郎生家 - 顕彰碑「夢」
  • 坂越大道 - 千種川の高瀬舟船着き場と坂越の港を結ぶ全長300m程の大通り。通りの両側には坂越で最も往時の面影を残す美しい町並みが続く。近年、古民家を活用したカフェや人気スイーツ店が出店し、赤穂の新しい観光スポットになっている。
  • 黒崎墓所-他所三昧(兵庫県指定史跡)
  • 坂越緞通工房[18] - 赤穂緞通の技法を伝承、製作している個人工房。見学は事前に問合せが必要。
  • 坂越大泊鉱山跡 - アース製薬坂越工場の背後にある丸山の中腹にある鉱山跡。(1960年営業採掘開始~1974年閉山)当初はロウ石を主に採掘していたが、高品位の金鉱石が確認された後は、国内でも有数の金鉱脈として「昭和のゴールドラッシュ」「瀬戸内の金山」として脚光を浴びた。しかし、採算に見合う採掘量が確保できず、集中豪雨の被害も重なり、10年余りでその役目を終えた。2016年、赤穂市全域が巨大なカルデラ地形内にある事が判明、現在でも残るホッパーなどの鉱山産業遺構が再評価されている。
  • みかんのへた山古墳
  • 海の駅しおさい市場
  • 天塩スタジオ赤穂[19] - 塩や味噌造りなどの体験教室や、食育セミナーなどを通して和食文化の発信にと、平成28年5月に赤穂化成坂越本社内にオープンしたキッチン付きのイベントスペース。平成27年10月にオープンした天塩東京スタジオに続いて2ヵ所目の開設。レンタルスペースとしての貸し出しもある。予約制。

高雄エリア[編集]

  • 尼子山 - 標高259m。別名「赤穂富士」とも言う。
    • 尼子山神社 - 尼子将監(義久)の墓
    • 尼子山城跡 - 尼子山山頂に尼子義久によって築かれた山城の跡。永禄6年(1563年)毛利軍に攻められ落城した。
  • 赤穂ふれあいの森 - シイやアカマツ、コナラ、希少なシリブカガシの林などが見られる、総面積が約180haの広大な森林公園。山頂広場までは車道が整備されており、清流千種川を見下ろし、遠くに西播磨の山々や瀬戸内の海までを見渡せる絶景は、高雄橋と共に山陽新幹線の人気の撮影ポイントでもある。
  • 神護寺 - 周世の高雄山にある天台宗の寺院跡。鎌倉初期の文治年中(1185-1190年)に京都の神護寺を中興した文覚小人が開いたと伝えられる。『播磨鑑』には天平神護(765-766年)に和気清麻呂が建立したとも記述されている。仏像2体と境内にある手水鉢(大石良欽寄進)や石灯籠(大石良雄寄進)など石造物5基が赤穂市有形文化財に指定されている。
    • 山王神社 - 浅野長直赤穂城完成2年後の寛文3年(1663)に神護寺境内に建立。寛文6年(1666)に、三十六歌仙絵の扁額(赤穂市指定文化財)を寄進している。
  • 高雄橋 - 周辺に人家なども少なく、清流千種川を跨ぐ山陽新幹線橋梁には防音壁もないため、新幹線の車両全景が撮影が可能で、橋上からの眺めは国内でも有数の名撮影地になっている。JRのCMに度々登場する西日本屈指の新幹線撮影ポイント。休日には多数の撮影者が訪れる。

有年エリア[編集]

  • かぶ〜んうね - JR有年駅側から赤穂ふれあいの森に向かう途中にあるかぶと虫の観察施設。毎夏、期間限定でオープンする。かぶと虫の販売も有る。
  • 有年原・田中遺跡公園
  • 赤穂市立有年考古館[20]
  • 東有年・沖田遺跡公園

祭事・催事[編集]

  • 赤穂かきまつり(1月下旬 - 2月上旬頃の日曜日) - JR赤穂線沿線の牡蠣の産地(相生・赤穂・日生)で週替わりリレー形式で行われる牡蠣祭りで、最大規模のまつり。京阪神などから約2万人の人出で賑わう。会場は兵庫県立赤穂海浜公園
  • 春の義士祭(4月第2日曜日) - 大石神社で開催される春の義士桜祭。公募で選ばれた女人義士行列などのパレードなどがある。
  • 市民の夕べ-播州赤穂花火大会(8月第1土曜日) - 2016年で46回を迎える赤穂恒例の花火大会。兵庫県立赤穂海浜公園を会場に、約2500発以上の打ち上げ花火と、盆踊りや夜店、各種ステージ、企画イベントで賑わう。
  • 坂越たこまつり(8月上旬の日曜日) - 「坂越盆踊り」は赤穂市の無形民俗文化財で17世紀頃から伝わる。
  • ル・ポン国際音楽祭(10月)ル・ポン国際音楽祭2016 - 赤穂市ゆかりの樫本大進が音楽監督を務める室内楽の国際音楽祭。2016年で10回目を迎える音楽祭を記念して、最終日の公演を、東京サントリーホールにおいて、同ホールの30周年記念参加公演も兼ねて行う。
  • 坂越の船祭り(10月第2日曜日) - 瀬戸内三大船祭りの一つ。国の重要無形民俗文化財
  • 赤穂八幡宮神行式(10月第3日曜日) - 兵庫県指定重要無形民俗文化財
  • 赤穂シティマラソン(11月)第6回赤穂シティマラソン大会 - 第1回、3回-5回大会が連続して、全国ランニング大会100撰に選出。
  • 赤穂でぇしょん祭り(11月第1日曜日)第13回赤穂でえしょん祭り - 近畿、中国、四国を中心に全国から約50団体のよさこいチームが赤穂海浜公園に集う。多数のご当地グルメも出店、よさこいの忘年会ともいわれる祭り。
  • 忠臣蔵ウイーク(義士祭前約1週間)- 多彩な忠臣蔵関連の企画やイベントで赤穂市内が忠臣蔵一色になる週間。
  • 赤穂義士祭12月14日

出身有名人[編集]

ゆかりの有名人[編集]

赤穂が関連した主な映画・ドラマ[編集]

※1960年以前の作品は「赤穂事件を題材とした作品」参照。
以下、忠臣蔵関連の作品は、出演者のうち主役と大石内蔵助役のみ抜粋。制作中、公開前の作品も含みます。

赤穂市内でロケが行われた映画・ドラマ・CM[編集]

※一部、ロケ中、公開前の作品も含みます。

映画
ドラマ
コマーシャル

その他[編集]

市外局番は、総務省電気通信番号指定の番号区画432-2に該当し、0791(20 - 29・40 - 59)となっている。

  • 0791(20 - 29・40 - 59)エリア
    • 相生市・赤穂市・たつの市(新宮町光都)・上郡町佐用町(光都)
    • 総務省総合通信基盤局よると0791(30 - 39・80 - 99)は、どの地域にも割り当てられておらず、かつ2012年6月現在割当の予定もない。

郵便番号は、以下の通りとなっている。

電気は、福浦が中国電力、その他が関西電力となっている。これは、かつて福浦が岡山県だったためである(備前福河駅などにその名残が見られる)。

備考[編集]

赤穂御崎は、近畿圏内のライダーのツーリングスポットとして有名である。ただし、兵庫県道32号坂越御崎加里屋線は、一部区間が土・日・祝日のみ二輪車通行禁止になっているので注意が必要である。

坂越・尾崎間に「尾崎トンネル」がある。これがあることにより、今まで国道250号線を通る(車で15分)、山際の細い道を通る、御崎を通るしか選択肢がなかったが、トンネルを使えば尾崎まで車で5分で行けるようになった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 10立方メートル使用時の月額料金は367円で、国内最高値の群馬県長野原町の3510円と比べると約10倍の格差がある。2014年日本水道協会調べ。
  2. ^ ◆コラム◆ 赤穂上水道について赤穂市教育委員会
  3. ^ 赤穂市中心に巨大カルデラ 8200万年前に形成
  4. ^ 巨大カルデラ兵庫・赤穂に 阿蘇や姶良に匹敵、産総研
  5. ^ 赤穂市は恐竜時代のカルデラの中にできた町だったことが判明
  6. ^ 兵庫に巨大カルデラ=白亜紀後期に噴火の跡-産総研
  7. ^ “県議会定数2減87に 条例改正案可決 兵庫”. 産経ニュース. (2014年3月25日). http://sankei.jp.msn.com/region/news/140325/hyg14032502320004-n1.htm 2014年3月26日閲覧。 
  8. ^ 赤穂緞通
  9. ^ 後藤仁公式ホームページ「後藤 仁(GOTO JIN)のアトリエ」後藤仁公式ブログ「後藤 仁(GOTO JIN)の制作・旅日誌」
  10. ^ http://www.ageha.net/

外部リンク[編集]