廿日市インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
廿日市インターチェンジ
所属路線 E2 広島岩国道路
IC番号 32-1
料金所番号 01-728
起点からの距離 0.0km(廿日市IC起点)
([1]2.5km) 廿日市JCT
所属路線 西広島バイパス
起点からの距離 350.7km(梅田新道起点)
◄速谷ランプ
西広島ランプ►
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0002.svg国道2号
供用開始日 1987年(昭和62年)2月26日
通行台数 14,497台/日(2006年度)
所在地 738-0043
広島県廿日市市地御前北1丁目
備考 IC番号は山陽自動車道からの連番
テンプレートを表示

廿日市インターチェンジ(はつかいちインターチェンジ)は、広島県廿日市市広島岩国道路インターチェンジ

概要[編集]

将来は広島南道路地域高規格道路 東広島廿日市道路)や益田廿日市道路の終点となる予定であり、広島南道路を介して広島高速3号線に接続される予定である。

山陽自動車道 岩国・北九州方面から広島市街へ向かう場合は、山側にある五日市IC広島ICまで行かずに当ICで降りて西広島バイパスを経由してアクセスする方が走行距離が短いため、広島方面へのアクセスICとしても機能している。

歴史[編集]

周辺[編集]

接続する道路[編集]

[編集]

E2 広島岩国道路
(32)廿日市JCT - (32-1)廿日市IC
西広島バイパス
速谷ランプ - (32-1)廿日市IC(ここまで自動車専用道路) - 西広島ランプ

脚注[編集]

  1. ^ 別紙3 料金の額及びその徴収期間 (PDF)”. 西日本高速道路株式会社. p. 54. 2017年8月6日閲覧。
  2. ^ 中国支社の歴史(あゆみ)”. 西日本高速道路株式会社. 2016年8月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年7月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]