山口県道212号山口阿知須宇部線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
山口県道212号標識
山口県道212号山口阿知須宇部線
制定年 1991年平成3年)
起点 山口県山口市
終点 山口県宇部市東岐波
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0002.svg国道2号
Japanese National Route Sign 0009.svg国道9号
Japanese National Route Sign 0190.svg国道190号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

山口県道212号山口阿知須宇部線(やまぐちけんどう212ごう やまぐちあじすうべせん)は山口市陶と宇部市東岐波を結ぶ一般県道

概要[編集]

山口県道212号下郷山口線および山口県道364号阿知須東岐波線を母体として[1]1991年平成3年)に認定された路線。

山口市小郡下郷(交通センター前交差点) - 山口市阿知須(きらら浜南交差点)間は山口きらら博開催に合わせて整備された高規格道路区間であるが、きらら博終了後に交通量が増えなかったこともあり、2020年現在もきらら浜付近を除いて暫定2車線での供用が続いている。なお、当路線に並行する山口宇部道路2011年に延伸・無料化された。

阿知須駅前交差点から終点までは、旧国道190号の区間である。

通過市町村[編集]

  • 山口市
  • 宇部市

地理[編集]

沿線の主要施設[編集]

接続道路・インターチェンジ等[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山口県道212号下郷山口線は1994年平成6年)、山口県道364号阿知須東岐波線は1991年(平成3年)にそれぞれ廃止

関連項目[編集]