国道205号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道205号標識
国道205号
総延長 23.3 km
実延長 23.3 km
現道 23.3 km
制定年 1953年指定
起点 長崎県佐世保市
大塔I.C入口交差点(地図
終点 長崎県東彼杵郡東彼杵町
江頭交差点(地図
接続する
主な道路
記法
国道35号標識 国道35号
国道202号標識 国道202号
国道34号標識 国道34号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
東彼杵町内

国道205号(こくどう205ごう)は、長崎県佐世保市から同県東彼杵郡東彼杵町に至る一般国道である。

概要[編集]

崎岡町交差点から終点の江頭交差点まで、ほぼ全線で大村線と併走する。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

  • 1953年昭和28年)5月18日
    • 二級国道205号佐世保彼杵線(佐世保市 - 長崎県東彼杵郡彼杵町)として指定施行[4]
  • 1960年(昭和35年)6月20日
    • 合併による町名変更により、二級国道205号佐世保東彼杵線(佐世保市 - 長崎県東彼杵郡東彼杵町)として指定施行[5]
  • 1965年(昭和40年)4月1日
    • 道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道205号として指定施行[1]

路線状況[編集]

バイパス[編集]

  • 針尾バイパス(佐世保市、早岐地区は交通量が多く慢性的な渋滞に悩まされていたが、本道の開通で解消された。これにより早岐・広田地区の国道205号は長崎県道222号平瀬佐世保線(一部区間)と長崎県道248号崎岡町早岐線に格下げされた。又、これにより国道205号起点は早岐2丁目の田子の浦交差点だったのが大塔IC入り口交差点に変更)

道路施設[編集]

橋梁[編集]

  • 早岐瀬戸大橋
  • 新早岐瀬戸大橋

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

長崎県佐世保市
長崎県東彼杵郡川棚町
長崎県東彼杵町

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b c d e f g 2015年4月1日現在

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]