小田原厚木道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
その他の自動車専用道路
(有料)
Odawara-Atsugi Road Route Sign.svg
国道271号標識
E85 小田原厚木道路
地図
総延長 31.7 km
実延長 31.7 km
現道 31.7 km
制定年 1963年昭和38年)(国道)
1969年(昭和44年)(有料道路)
開通年 1969年(昭和44年)
起点 神奈川県小田原市
小田原西IC北緯35度14分43秒 東経139度8分0秒 / 北緯35.24528度 東経139.13333度 / 35.24528; 139.13333 (小田原西インターチェンジ)
終点 神奈川県厚木市
東名高速道路厚木IC北緯35度25分25.5秒 東経139度21分47秒 / 北緯35.423750度 東経139.36306度 / 35.423750; 139.36306 (厚木インターチェンジ)
接続する
主な道路
記法
E84 西湘バイパス
E1 東名高速道路
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

小田原厚木道路(おだわらあつぎどうろ)は、神奈川県小田原市から厚木市東名高速道路厚木IC(JCT兼用)へ至る中日本高速道路管理の一般有料道路であり、全区間が一般国道271号に指定されている。略称は小田厚

高速道路ナンバリングによる路線番号は、「E85」が割り振られている[1]

平塚IC - 厚木ICは法定による自動車専用道路に指定されている。平塚IC以西も通行規制により自動車専用となっているので、利用者の見地からは全線が自動車専用である。

概要[編集]

神奈川県平塚市下吉沢

神奈川県小田原市を起点に、厚木市を終点とする延長31.7キロメートル (km)、 パーキングエリアなども整備された高架の4車線道路で、東名高速道路の枝線的な役割を担う一般国道271号に指定された自動車専用の有料道路である[2]。国道として1963年に制定され、全線開通したのは1969年である[3]。125 cc以下の二輪車(原動機付自転車および小型自動二輪車)は全線が通行禁止である。一般の高速道路(高規格幹線道路)に近い道路構造を有する一方、路肩は幅が狭いため制限速度は70 km/hに抑えられている[3]。このような一般国道は過去に前例がなく、現在も特殊なケースに属する(#歴史を参照)[2]。平塚 - 厚木間は、上下4車線の自動車専用道路の両側から一般道が挟むという特徴的な構造で[4]、かつてはこの一般道も国道271号指定の道路であったが、2006年に移管されて国道指定を解除されている。

政令で定める起終点間を連絡する道路が小田原厚木道路のみであり、国道271号の一般道路は現在存在しない。このため、国道271号にかかわる項目についても本項で述べる。

小田原厚木道路[編集]

国道271号標識

一般国道の路線を指定する政令[5][注釈 1]に基づく起終点および重要な経過地は次のとおり。(カッコ内は中日本高速道路の管理区間)を示す。

過去の神奈川県管理区間(一般部)[編集]

「一般国道271号」の道路区域から外され[7]神奈川県道63号相模原大磯線に編入された[8]

  • 管理延長:9.8 km
  • 起点:神奈川県厚木市酒井(国道129号交点)
  • 終点:神奈川県平塚市岡崎(神奈川県道 平塚秦野線交点)
  • 車線数:2車線(一般部・一部区間は2車線×2)
  • 管理:神奈川県県土整備局厚木土木事務所・平塚土木事務所

インターチェンジなど[編集]

IC番号 施設名 接続路線名 小田原西
から(km)
備考 所在地
小田原西IC E84 西湘バイパス 0.0 小田原市
- 風祭トンネル 全長805 m(上り)
全長806 m(下り)
荻窪IC 1.8 厚木方面出入口
- 坂下トンネル 全長128 m
小田原東IC 国道255号 6.7
- 小田原PA 下り線のみ
- 小田原TB 本線料金所
- 弁天山トンネル 全長968 m(上り)
全長981 m(下り)
二宮IC 県道71号秦野二宮線
(町道経由)
13.7 中郡 二宮町
- 二宮トンネル 全長483 m(上り)
全長445 m(下り)
大磯IC/PA 県道63号相模原大磯線
(町道経由)
17.2 PAは上り線のみ 大磯町
- 平塚TB 本線料金所 平塚市
平塚IC/PA 県道63号相模原大磯線別線
県道62号平塚秦野線
23.2 PAは下り線のみ
伊勢原IC 県道63号相模原大磯線別線
県道44号伊勢原藤沢線
26.8 小田原方面出入口 伊勢原市
厚木西IC 県道63号相模原大磯線別線
県道604号愛甲石田停車場酒井線
30.8 厚木市
5 厚木IC E1 東名高速道路 31.7 東名高速道路にのみ接続
E1 東名高速道路 横浜渋谷銀座方面 C4 圏央道 海老名相模原方面

歴史[編集]

建設までの経緯[編集]

河野一郎。当時、政権与党自由民主党の領袖の一人であった。

1962年(昭和37年)7月18日に建設大臣に就任した河野一郎は、「横紙破り」とよばれる政治行動でも知られた政界の実力者で、国務大臣として辣腕をふるい、首都高速道路東名高速道路名神高速道路などの整備を強力に推進していった[9]

河野は東名高速道路の建設ルートが、河野の出身地で地元選挙区がある小田原市を通過しないことに不満を持っていた。 当時日本道路公団副総裁であった富樫凱一は「河野さんは自分の方へ持ってきたかったけれども、それでは道路の形として意味がなくなると考えて、承知しなかった」[10]と語っている[注釈 3]

建設大臣就任から間もない1962年(昭和37年)8月7日に河野は記者会見で「東海道新バイパス」の建設を発表した。「最近しばしばマヒ状態を呈している東海道の交通緩和の具体策として、都心から、湘南地方を避け、東海道へ抜ける新しいバイパス(自動車道路)を建設する必要がある」と述べ、直ちに事務当局に対し、この新自動車道路計画を実施に移すようまた、日本道路公団の有料道路として年内に着手するよう指示した[12]

当時建設省道路局高速道路課長であった小林元橡は、「調査3日、計画設計3週間、工事3ヵ月で完成」という条件をつけられ、「おかしいやら馬鹿らしいやらであったが」「大臣命令なので一応お受けせねばならない」ということで検討を開始したが、「大蔵省主計局の担当主計官に話をしたが、本気になってくれない。」「一方、大臣からは急げ急げの注文がある」ということで、「このために東名の厚木-松田間の片側3車線の1車線を削り[注釈 4]、その分を振り向けることでスジを立てて主計局も了承」したと述べている[14]

このようにして厚木ICから小田原へ直通する暫定2車線の有料道路を新設するという、強引ともとれる辻褄合わせの苦肉の策を打ち出して、1963年(昭和38年)3月30日に、「二級国道271号小田原厚木線」の追加路線指定がなされた[13][15]

一般に、国道は全国十数本の路線がまとめて指定されるのが通例であるが、国道271号に限っては、この1路線のみ単独で指定を受けている[2]。のちに、1965年(昭和40年)道路法改正により、一級・二級の国道区分が廃止されて、一般国道にすべて統合されたことにより、「一般国道271号」の路線となった[16]。このようにして、小田原厚木道路の建設は、河野一郎の政治力のもと就任から半年余りという異例の短期間で実行へと移された。

拡幅・立体化事業[編集]

当路線は全線が現在の上り車線側を使った対面通行で暫定供用された。また当初計画では平塚IC - 厚木西ICは平面交差となっていた。しかしその後の交通量の増加に対応するために、全線を4車線に拡幅するとともに、交通の円滑化のために平面交差区間を立体化する改築工事が1972年から1979年にかけて行われた。

  • 1972年(昭和47年)1月26日:平塚IC - 厚木ICを立体化かつ4車線に拡幅する事業変更許可が下る。
  • 1974年(昭和49年)7月16日:小田原西IC - 平塚ICを4車線に拡幅する事業変更許可が下る。
  • 1979年(昭和54年)7月5日:完成。

改築事業[編集]

4車線化された後も交通量は増大し、自動車交通の高速化とともに、渋滞の頻発する本線料金所や加減速車線の短いインターチェンジなど、設計年次の古い道路設備が見劣りするようになった。このような状況を解決し、安全性の確保や利便性の向上を図る改築工事が1992年から2003年にかけて行われた[17]

具体的な内容は次のように分類される。なお、完成時期については各IC・PA等の項目を参照されたい。

  1. 本線料金所のレーン増設(小田原TB平塚TB
  2. インターチェンジの加減速車線の延長(荻窪IC小田原東IC大磯IC平塚IC下り入口
  3. パーキングエリアの駐車場拡張・設備の拡充(大磯PAおよび平塚PAの新設・小田原PA
  4. 道路情報板の改善(LED化)
  5. 耐震補強対策

年表[編集]

国道271号[編集]

  • 1963年(昭和38年)4月1日二級国道271号小田原厚木線(神奈川県小田原市 - 神奈川県厚木市)として指定[15]
    この路線の指定の政令は同年3月30日に公布され、この一部改正令に記載されたのは国道271号だけであった。また、1965年に一級・二級の別がなくなり一般国道となったため、この路線が最後に指定された二級国道となる。
  • 1965年(昭和40年)4月1日:一般国道271号となる[16]
  • 2006年(平成18年)3月28日 : 一般部の国道指定が外れ[7]神奈川県道63号相模原大磯線の一部となる[8]

小田原厚木道路[編集]

  • 1964年(昭和39年)
  • 1969年(昭和44年)
    • 3月8日:工事終了[19]
    • 3月19日:全線対面通行(暫定2車線)で供用開始。一般国道271号中、小田原市早川から厚木市酒井までの区間を有料道路「小田原厚木道路」とし、料金徴収期間を1999年3月18日までとする[20]
  • 1977年(昭和52年)10月1日:料金徴収期間を2006年3月18日までとする[21]
  • 1979年(昭和54年)
  • 1992年(平成4年)
  • 1997年(平成9年)3月:小田原TBで全国初のETC実用化試験を開始[24]
  • 1999年(平成11年)
    • 6月18日:大磯PA(上り線)供用開始(15時から)。
    • 6月18日:平塚PA(旧・上り線)営業終了(22時閉鎖)。
      以前は平塚TBの厚木寄りに平塚PA(旧)が上り線のみ存在した。平塚売店を併設していたが、駐車台数が大・小型車合わせて25台と面積が狭く、改築事業の際に大磯PA供用に伴って閉鎖された。なお、大磯PAの供用開始日に平塚PA(旧)が営業を行っていたのは、大磯PA売店の営業開始が翌19日朝からとなっていたためである。
  • 2002年(平成14年)
    • 6月28日:小田原西ICの西湘バイパス下り線からの連絡路供用開始(新設)。
    • 7月19日:小田原西ICの西湘バイパス上り線への連絡路供用開始(新設)。
  • 2003年(平成15年)3月21日:平塚PA(下り線)供用開始。
  • 2005年(平成17年)10月1日道路関係四公団の民営化により日本道路公団から中日本高速道路に移管[25]。民営化にあたり全国路線網に編入される[26]
  • 2006年(平成18年)
    • 3月29日:一般国道の指定区間を指定する政令の改正に伴い、小田原厚木道路が指定区間となる。
    • 4月1日:特定区間割引(荻窪IC以西 - 小田原東IC)実施、料金徴収期間を2050年9月30日までとする[27]
  • 2007年(平成19年)
    • 4月1日:ETC短区間割引実施(適用区間は下記参照)[28]
    • 9月10日台風9号により被害を受けた西湘バイパスの一部区間通行止に伴い、応急復旧までの期間、迂回路確保のため当路線全区間の無料通行措置がとられる。9月27日に西湘バイパスが上り線のみの片側対面通行により暫定的に復旧したため、この措置は終了した。
  • 2009年(平成21年)
    • 3月28日:深夜割引、通勤割引および休日特別割引の適用が開始される[29]
    • 3月30日:平日昼間割引および平日夜間割引の適用が開始となる[29]
  • 2018年(平成30年)
    • 5月8日:小田原東IC - 荻窪IC間の川端高架橋の床版取り替えリニューアル工事が開始される[30]

路線状況[編集]

小田原厚木道路(専用部)[編集]

ほぼ全区間が片側2車線・規制速度70 km/hの完全立体交差である。建設時期が古く路肩が狭いという難点もあるが、その構造は都市高速道路に近く快適に走行可能な道路である。線形が良いため多くの車両が規制速度よりも速い速度で走行している。このため、覆面車両(私用概態警邏車)による取締りが強化されている。

案内標識において「小田厚」という表記が使用されている例(神奈川県道714号栢山停車場曽我線栢山入口交差点)

周辺利用者からは通称「小田厚(おだあつ)」という略称が使用されており、2019年4月22日現在ではIC付近やJCTの案内標識にも使用されている。

平塚IC - 厚木ICは自動車専用道路に指定されている。対して、平塚IC以西は道路交通法による一部車両通行規制道路として125 cc以下の二輪車、軽車両などは通行が禁止されている。これは大磯ICを境に当路線の設計速度が異なり、大磯IC以西の規制速度を神奈川県公安委員会により70 km/hへ引き上げて指定したことに関係する。小田原西ICおよび平塚IC付近に自動車専用道路に関する案内標識があるが、利用者の見地からは自動車専用道路である区間との大きな相違はない。

終点の厚木ICでは東名高速道路のみに接続し、国道129号などの一般道路へは直接連絡していない。一般道路へは厚木西ICを利用する(下記一般部の項目参照)。

週末・混雑期には西湘バイパス箱根口IC石橋ICを先頭とする渋滞が当路線まで延びることがある。この点から、荻窪IC小田原西ICの区間では、渋滞中の割り込み事故防止のため左側車線から右側車線への車線変更が禁止されている。小田原西ICで箱根方面に向かう車両は、荻窪IC付近までに右側車線への車線変更が必要となる。

また、設計時期の古さから二宮ICは、加速車線・減速車線とも有効長が極端に短く見通しも悪い。特に厚木方面入口は、流入車両が本線との速度差から(本線に車両が接近していても)無理やり加速して合流せざるを得ない状況となる場合も多く、流入車両・本線走行車両とも注意が必要となる。

なお、周辺有料道路における道路案内との整合性から、道路事業者の広報物などにおいては旧日本道路公団時代から、政令上やキロポストでの起終点の向きとは逆に、小田原方面の車線を「下り線」、厚木方面の車線を「上り線」として案内を行っている。

ハイウェイラジオ[編集]

  • ハイウェイラジオ小田原(小田原東IC - 二宮IC間)[31]
    • 川崎管制からの放送で[31]、東名高速とほぼ同様の放送が行われている。

交通量[編集]

24時間交通量(台) 道路交通センサス

区間 平成17(2005)年度 平成22(2010)年度 平成27(2015)年度
小田原西IC - 荻窪IC 13,158 16,737 15,089
荻窪IC - 小田原東IC 24,254 26,427 18,180
小田原東IC - 二宮IC 24,254 26,427 26,478
二宮IC - 大磯IC 27,486 29,680 33,376
大磯IC - 平塚IC 27,486 29,680 29,505
平塚IC - 伊勢原IC 28,911 31,592 30,973
伊勢原IC - 厚木西IC 23,905 26,503 28,375
厚木西IC - 厚木IC 29,622 31,615 34,679

(出典:「平成22年度道路交通センサス」・「平成27年度全国道路・街路交通情勢調査」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

料金徴収[編集]

大磯ICを境界に「小田原区間」(小田原市早川から神奈川県中郡大磯町生沢まで)および「厚木区間」(神奈川県中郡大磯町生沢から厚木市酒井まで)に分け[33]、それぞれを均一料金区間として、小田原TB平塚TBの両本線料金所にて料金徴収を行う。

両本線料金所を通過しない一部区間利用については、次の通りとなる。

  • 荻窪IC以西 - 小田原東IC:小田原東ICの箱根方面ランプに料金所があり、小田原区間の料金が必要。ただし現在は特定区間割引料金の設定がある。各車種による通行料金は後述の通り。
  • 二宮IC - 大磯IC:料金不要。
  • 平塚IC - 伊勢原IC以東:平塚ICの厚木方面ランプに料金所があり、厚木区間の料金が必要。
  • 厚木西IC - 厚木IC:料金不要(ただし、厚木ICでは一般道との流出入不可)。

各料金所はETCに対応しており、利用区間によっては当路線独自のETC短区間割引の適用がある[28]。また2009年(平成21年)3月28日より深夜割引など[29]ETC割引制度の適用も開始された。

特定区間割引[編集]

2006年(平成18年)4月1日開始[27][34]。ETC非装着車でも割引された通常料金が適用される。さらに適用条件を満たして走行するとETC割引制度も併用される。

ETC短区間割引[編集]

2007年(平成19年)4月1日開始のETC車両による無線通行限定の割引である[28][35]。区間内のICで流出入の時点でETCカードチェックがなされ、一回の走行で小田原TB・平塚TBの両方を通過しても区間内走行であればそれぞれの区間で割引が適用される。通勤割引および平日昼間割引においては両区間で1回とみなされる特例も併用される。

所管警察[編集]

高速道路に近いつくりながら、道路は制限速度70 km/hに抑えられていることからスピード違反が絶えず、覆面パトカーによる取り締まりが非常に多いのも小田原厚木道路の特徴にもなっている[3]

元・国道271号側道(一般部)[編集]

平塚インター入口交差点 - 厚木西IC付近の区間では、側道に一般部が併設される構造となっている。この側道は、北側・南側とも片側1車線の二方向交通(対面通行)となっている区間と、北側が厚木方向・南側が小田原方向となっている区間がある。

なお、この側道は厚木西IC付近から小田原厚木道路と分かれて北上し、船子北谷交差点で国道129号と平面接続する[注釈 5]。厚木ICでは一般道路との接続がないため、厚木西IC - 国道129号の連絡にはこの区間を利用する。各交差点に右折車線がないため、渋滞が発生しやすい。

また、この側道は、かつては国道271号に指定されていたが、2006年神奈川県道63号相模原大磯線に降格された[7][8]

上記区間以外(平塚以西)に、国道271号の一般道路は存在しなかった。

標識のマークは、正方形に「271側道」となっている。

地理[編集]

東名高速道路が経由しない小田原市へのアクセス道路であり、おおむね神奈川県西部を斜めに縦断している。小田原市から大磯町付近までは国道1号の北側をほぼ平行する。その後国道1号から離れ、平塚市内陸部や伊勢原市を経由して、厚木IC東名高速道路に接続する。

なお、伊勢原IC - 厚木西IC間で新東名高速道路と立体交差するが、交差部にジャンクションは設けられず、直接接続しない。

通過する自治体[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b c d e f g 2019年4月1日現在
  3. ^ なお、富樫は「河野一郎さんの頼みをはねつけてしばらくやめられた」「河野さんのことでおやめになったとは聞いていますが、ルート問題でしたか」[11]ということで間もなく日本道路公団副総裁を辞任した。河野の没後の1966年(昭和41年)に、富樫は日本道路公団総裁に就任した。
  4. ^ 交通量の多い地域であったため、その後東名高速の厚木IC - 大井松田IC間も6車線に拡幅された[13]
  5. ^ 同交差点は、側道からは左折(渋谷・相模原方面)のみ可で、右折(平塚方面)は禁止されている。

出典[編集]

  1. ^ 高速道路ナンバリング路線図、国土交通省、2017年4月20日
  2. ^ a b c 佐藤健太郎 2015, p. 104.
  3. ^ a b c 佐藤健太郎 2015, p. 107.
  4. ^ 佐藤健太郎 2015, p. 105.
  5. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2019年11月7日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 Page white excel.png (Microsoft Excelの.xls)”. 道路統計年報2020. 国土交通省道路局. 2021年7月23日閲覧。
  7. ^ a b c 2006年(平成18年)3月28日付神奈川県告示第191号
  8. ^ a b c 2006年(平成18年)3月28日付神奈川県告示第192号
  9. ^ 佐藤健太郎 2015, p. 104–105.
  10. ^ 座談会「富樫凱一氏を囲んで」における発言 「日本道路協会50年史」1997年
  11. ^ 座談会「富樫凱一氏を囲んで」における発言 「日本道路協会50年史」1997年
  12. ^ 1962年(昭和37年)8月7日付朝日新聞
  13. ^ a b 武部健一 2015, pp. 187–188.
  14. ^ 「河野号令にびっくり」小林元橡 「道を拓く:高速道路と私」全国高速自動車国道建設協議会編 1985年
  15. ^ a b Wikisource reference 1963年(昭和38年)3月30日政令第109号. 二級国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令 (昭和三十八年). - ウィキソース. (施行:昭和38年4月1日)
  16. ^ a b 1965年(昭和40年)3月29日政令第58号「一般国道の路線を指定する政令」(施行:昭和40年4月1日)
  17. ^ パンフレット『小田原厚木道路改築工事』日本道路公団小田原工事事務所(当時)刊より
  18. ^ 1964年(昭和39年)3月23日日本道路公団公告第13号「小田原厚木道路工事開始公告」
  19. ^ 1969年(昭和44年)3月4日日本道路公団公告第9号「工事完了公告」
  20. ^ 1969年(昭和44年)3月17日日本道路公団公告第13号「有料道路「小田原厚木道路」料金徴収公告」
  21. ^ 1977年(昭和52年)9月29日日本道路公団公告第47号「有料道路「小田原厚木道路」の料金の額及び徴収期間の変更公告」
  22. ^ 日本道路公団『年報-平成15年-事業の概要と道路統計』
  23. ^ 1992年(平成4年)9月30日日本道路公団公告第38号「有料道路「小田原厚木道路」の料金の額及び徴収期間の変更公告」
  24. ^ 1998年(平成10年)7月16日『官報』号外第146号35ページ「首都圏整備計画の策定及び実施状況の概要」
  25. ^ 2005年(平成17年)7月28日国土交通省告示第712号「日本道路公団、首都高速道路公団、阪神高速道路公団及び本州四国連絡橋公団の業務の引継ぎ並びに権利及び義務の承継に関する基本方針」
  26. ^ 全国路線網に属する高速自動車国道以外の高速道路 国土交通省道路局
  27. ^ a b 2006年(平成18年)3月31日中日本高速道路株式会社公告第11号「高速道路の料金の額及び徴収期間の公告」
  28. ^ a b c 2007年(平成19年)3月30日中日本高速道路株式会社公告第44号「高速道路の料金の額及び徴収期間の変更公告」
  29. ^ a b c 2009年(平成21年)3月27日中日本高速道路株式会社公告第15号「高速道路の料金の額及び徴収期間の変更公告」
  30. ^ 2018 高速道路リニューアルプロジェクトの一環としてE85 小田原厚木道路(小田原TB~荻窪IC間)の昼夜連続・対面通行規制を実施させていただきます ~東名高速道路・一般道への迂回のご検討をお願いいたします~”. 中日本高速道路株式会社東京支社 (2018年2月14日). 2018年5月8日閲覧。
  31. ^ a b 2002年(平成14年)5月28日総務省告示第325号「無線局の免許又は承認を与えた件」
  32. ^ 令和2年度全国道路・街路交通情勢調査の延期について (PDF)”. 国土交通省 道路局 (2020-10-114). 2021年5月1日閲覧。
  33. ^ 2016年(平成28年)3月31日中日本高速道路株式会社公告第12号「高速道路の料金の額及び徴収期間の変更公告」
  34. ^ 平成18年4月1日(土)から小田原厚木道路「小田原西IC〜小田原東IC」及び「荻窪IC〜小田原東IC」の料金割引を行います。
  35. ^ 小田原厚木道路の一部区間割引実施のお知らせ

参考文献[編集]

  • 佐藤健太郎『国道者』新潮社、2015年11月25日。ISBN 978-4-10-339731-1
  • 武部健一『道路の日本史』中央公論新社〈中公新書〉、2015年5月25日。ISBN 978-4-12-102321-6

関連項目[編集]

外部リンク[編集]