この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

国道35号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般国道

国道35号標識

国道35号
地図
Route35 ja.png
路線延長 35.2 km
制定年 1952年
起点 佐賀県武雄市
下西山交差点(地図
主な
経由都市
佐賀県西松浦郡有田町
終点 長崎県佐世保市
八幡歩道橋(地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0034.svg国道34号
Japanese National Route Sign 0202.svg国道202号
Japanese National Route Sign 0205.svg国道205号
Japanese National Route Sign 0206.svg国道206号
Japanese National Route Sign 0384.svg国道384号
Japanese National Route Sign 0497.svg国道497号
Japanese National Route Sign 0204.svg国道204号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
佐世保市の戸尾市場近くの歩道橋から市役所方面を眺める
佐世保市の戸尾市場近くの歩道橋から佐世保駅方面を眺める(上の写真とは反対の方向)

国道35号(こくどう35ごう)は、佐賀県武雄市から長崎県佐世保市へ至る一般国道である。

概要

佐賀県武雄市犬走の佐世保線踊瀬橋梁をくぐるクランクカーブ区間のみ30km/h速度制限がかかるものの、それ以外の区間は50km/hである。

佐賀県西部及び佐世保市の幹線道路であるせいか、起点の下西山交差点では、国道34号へ左折する車よりも国道35号へ直進する車が圧倒的に多い。

起点から佐世保市の陣の内交差点までは2車線だが、陣の内交差点から佐世保駅前までは4車線、佐世保駅前付近から終点(国道204号の一部区間も含む)までは、四ヶ町商店街などがある佐世保市の中心部で6車線(但し、歩道の両側2車線は朝夕ラッシュ時に時間限定のバス専用レーン)になる。

交通量は国道202号との分岐点でもある、田の浦交差点から終点までが多く、とりわけ朝夕の流れはよくない。また、陣の内交差点の手前の交差点である、早苗町交差点も佐世保方面が朝夕を中心に流れが悪い。

この道路と並走する西九州自動車道は当初国道35号の自動車専用道路として開通し、後に国道497号に変更されている。佐世保線と並走し、松浦鉄道とも交差するが、昭和40年代までのバイパス整備により、5ヶ所の交差はすべて立体交差となっている。

路線データ

  • 陸上距離:35.2km
  • 起点:佐賀県武雄市武雄町大字武雄(下西山交差点 = 国道34号交点)
  • 終点:長崎県佐世保市八幡町(八幡歩道橋(佐世保市役所前) = 国道204号終点)
  • 主な経由地:西松浦郡有田町
  • 指定区間:佐賀県武雄市武雄町大字武雄5836番1-長崎県佐世保市八幡町51番1(全線)

歴史

武雄と佐世保とを結ぶ国道の起源は、1887年明治20年)7月8日に「國道表」に追加された国道47号「東京より佐世保鎮守府に達する路線」である。この路線は、国道4号(現1号・2号ほか)を経由し、武雄で分岐して佐世保に至るもので、武雄以降は今日の35号と同じルートである。同時に、各地の鎮守府(横須賀、呉)に至る道路が国道に編入されている。

1920年大正9年)施行の旧道路法に基づく路線認定では、旧47号がそのまま国道33号「東京市より佐世保鎮守府所在地(佐世保市)に達する路線」となった。

1952年昭和27年)12月4日、新道路法に基づく路線指定で、旧33号は一級国道35号(佐賀県杵島郡武雄町(現 武雄市) - 長崎県佐世保市)として指定された。1965年4月1日に、道路法改正によって一級・二級の別がなくなり一般国道35号となった。

路線状況

バイパス

  • 日宇バイパス 佐世保市大塔町(脇崎交差点)-同市日宇町(日宇町交差点)間1.2km・4車線。昭和40年1966年)開通。供用開始時より通行料無料。

昭和30年代以降の郊外宅地開発により、旧道1.9kmの渋滞が慢性化していたために短絡ルートとして開通した。旧道は市道に降格した上で、生活道路として機能し、バイパスは郊外ロードサイドショップが並ぶ。日宇町交差点は上り・下りともランプウェイ形で、旧道とバイパスの相互交通はできない。

  • 早岐バイパス 佐世保市陣の内町(陣の内交差点)-同市田の浦町(田の浦町交差点)1.2km・4車線。昭和44年1969年)開通。供用開始時より通行料無料

国道202号と旧国道205号が合流し、渋滞が激しい田子の浦交差点を避けるために短絡ルートとして開通した。旧道1.7kmは国道202号と市道に分割され、生活道路として機能し、バイパスは佐世保線と並走しつつ郊外ロードサイドショップが並ぶ。

  • 有田バイパス 有田町泉山(有田泉山交差点)-同町南原(南原交差点)4.9km・2車線。昭和47年1972年)開通。供用開始時より通行料無料。

バイパスは旧道4.8kmより若干長くなったが、有田焼工房や商店・民家が建て込む狭隘な市街地を避け、各交差点に右折レーンを設定し、流動はスムーズになった。旧道は県道233号県道281号に降格した。

  • 山内バイパス 武雄市山内町鳥海-同市同町宮野(山内町狩立交差点)4.8km・2車線。平成8年1996年)開通。供用開始時より通行料無料。

バイパスは旧道4.7kmkmより若干長くなったが、佐世保線と集落に挟まれた三間坂駅前後の狭隘な市街地を避け、各交差点に右折レーンを設定し、流動はスムーズになった。旧道は県道45号県道104号に降格した。道の駅山内が設置されている。

重複区間

  • 佐賀県西松浦郡西有田町原明(伊万里口交差点) - 長崎県佐世保市田の浦町(田の浦交差点):国道202号
  • 長崎県佐世保市田の浦町(田の浦交差点) - 長崎県佐世保市八幡町(八幡歩道橋):国道206号

道の駅

地理

通過する自治体

接続路線

一般国道・高速道路

県道

関連項目

外部リンク