国道325号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道325号標識
国道325号
地図
総延長 75.7 km
実延長 70.1 km
現道 70.1 km
起点 福岡県久留米市
東町交差点(地図
主な
経由都市
福岡県八女郡立花町
熊本県山鹿市阿蘇郡高森町
終点 宮崎県西臼杵郡高千穂町
総合公園前交差点(地図
接続する
主な道路
記法
国道3号標識 国道3号
国道209号標識 国道209号
国道322号標識 国道322号
国道443号標識 国道443号
国道387号標識 国道387号
国道57号標識 国道57号
国道265号標識 国道265号
国道218号標識 国道218号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

国道325号(こくどう325ごう)は、福岡県久留米市から宮崎県西臼杵郡高千穂町に至る一般国道である[1]。起点から熊本県山鹿市までは国道3号と重複する。

概要[編集]

路線は大まかに、山鹿市から大津町の区間、南郷谷阿蘇山のカルデラ盆地)を横断する区間、南阿蘇と高千穂を最短距離で結ぶ区間にわかれる。

以前は宮崎県高千穂町田原地区および県境付近に離合困難な狭隘路があったが、寧静ループ橋や玄武山トンネルといったバイパス道路の建設により、全線において両側2車線が確保されている。

路線データ[編集]

熊本県南阿蘇村阿蘇大橋付近、2009年撮影)
南阿蘇村・栃木温泉付近(2017年撮影、阿蘇長陽大橋復旧前)
熊本県高森町街(熊本市方面)

歴史[編集]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

  • 国道3号(福岡県久留米市東町・東町交差点(起点) - 熊本県山鹿市中央通・山鹿中央通交差点)
  • 国道443号(熊本県山鹿市中央通・山鹿中央通交差点 - 菊池郡大津町室・大津町室交差点)
  • 国道387号(熊本県菊池市北原・下北原交差点 - 菊池市北原・北原交差点)
  • 国道57号(熊本県菊池郡大津町室・大津町室交差点 - 阿蘇郡南阿蘇村大字立野・阿蘇大橋交差点)
  • 国道265号国道503号(熊本県阿蘇郡高森町大字高森 - 上益城郡山都町柳・山都町柳交差点)

バイパス[編集]

  • 田原バイパス[9]
宮崎県西臼杵郡高千穂町河内から同町上野に至る、全長6.7 kmの道路である。2004年平成16年)4月、全線の供用を開始した。
起点で大分県道・熊本県道・宮崎県道8号竹田五ヶ瀬線と、終点で宮崎県道204号下野鹿狩戸線とそれぞれ接している。
宮崎県西臼杵郡高千穂町大字河内にある、全長1.1 kmの道路である。2011年(平成23年)12月、全線の供用を開始した。
急カーブや勾配があり線形が悪いことから特に大型車の通行のネックとされた区間を短絡している。当道路の当初の事業費は約25億円と試算され、維持管理費を含めた費用便益比は2.0であるとされた。なお、最終的な事業費は約31億円となっている。
  • 上野バイパス
  • 高森バイパス

道路施設[編集]

阿蘇大橋(2009年撮影)。2016年4月16日平成28年熊本地震で発生した地盤のずれにより崩落した[12][13]

橋梁[編集]

  • 奥阿蘇大橋
  • 新阿蘇大橋(南阿蘇村長陽)
  • 寧静ループ橋(宮崎県・熊本県境)
  • 田原新橋(宮崎県、田原バイパスにある)

トンネル[編集]

  • 起雲山トンネル
  • 内山トンネル
  • 高森峠隧道(国道265号と重複)
  • 草部トンネル(熊本県)
  • 玄武山トンネル(宮崎県、田原バイパスにある)

道の駅[編集]

すべての道の駅が、他の国道との重複区間に位置している。

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

交差する道路 都道府県名 市町村名 交差する場所
国道3号 重複区間起点
国道209号
国道322号
福岡県 久留米市 東町 東町交差点 / 起点
福岡県道750号御井諏訪野線 諏訪野町
福岡県道728号南久留米停車場線 諏訪野町
福岡県道752号藤山国分一丁田線
福岡県道753号一丁田久留米停車場線
諏訪野町 諏訪野町一丁田交差点
福岡県道755号安武本国分線 国分町 刈原交差点
福岡県道86号久留米筑後線 重複区間起点 上津町
福岡県道86号久留米筑後線 重複区間終点 上津町 二軒茶屋交差点
福岡県道82号久留米立花線 上津町
E3 九州自動車道
福岡県道84号三潴上陽線 重複区間起点
八女郡 広川町 大字新代 工業団地入口交差点
10-1 広川インターチェンジ[注釈 2]
福岡県道84号三潴上陽線 大字新代 川瀬交差点
熊本県道・福岡県道4号玉名八女線 八女市 本村 本村北交差点
国道442号 大島 大島交差点
福岡県道96号八女瀬高線
福岡県道795号湯辺田八女線
納楚 納楚交差点
福岡県道715号湯辺田瀬高線 重複区間起点 立花町山崎
福岡県道715号湯辺田瀬高線 重複区間終点 立花町谷川 働く女性の家交差点
福岡県道82号久留米立花線 立花町兼松
福岡県道796号吹春本分線 立花町下辺原 吹春交差点
福岡県道805号白木上辺春線 立花町上辺原 長瀬三ツ角交差点
熊本県道・福岡県道6号玉名立花線 立花町上辺原
福岡県道・熊本県道13号黒木鹿北線 熊本県 山鹿市 鹿北町岩野
熊本県道18号菊池鹿北線 鹿北町岩野 鹿北町岩野交差点
熊本県道197号津留鹿本線 津留 金堀交差点
国道443号 重複区間起点
熊本県道200号畑中山鹿線
山鹿 西上町交差点
国道3号 重複区間終点
熊本県道16号玉名山鹿線
中央通 中央通り交差点
熊本県道301号方保田山鹿線 山鹿 上広町交差点
熊本県道198号田底鹿本線 鹿本町御宇田 鹿本町御宇田交差点
熊本県道197号津留鹿本線 鹿本町来民
大分県道・熊本県道9号日田鹿本線
熊本県道138号辛川鹿本線
鹿本町来民 鹿本町来民交差点
熊本県道37号熊本菊鹿線 菊池市 七城町辺田
熊本県道139号旭志鹿本線 七城町辺田 七城町辺田交差点
国道387号 重複区間起点
熊本県道18号菊池鹿本線
北原 下北原交差点
国道387号 重複区間終点 北原 北原交差点
熊本県道139号旭志鹿本線 重複区間起点 赤星 赤星交差点
熊本県道139号旭志鹿本線 重複区間終点 甲森北
熊本県道204号西古閑泗水線 甲森北
熊本県道329号原植木線 旭志伊坂 旭志伊坂交差点
熊本県道329号原植木線 / 旧道 旭志伊坂
熊本県道49号熊本大津線 菊池郡 大津町 大字杉水
熊本県道30号大津植木線 重複区間起点
熊本県道341号大津西合志線
大字室
熊本県道30号大津植木線 重複区間終点 大字室
国道57号 重複区間起点 大字室 大津町室交差点
熊本県道202号矢護川大津線 重複区間起点 大字大津 大津町大津交差点
熊本県道202号矢護川大津線 重複区間終点 大字引水
熊本県道30号大津植木線 大字引水 引水交差点
熊本県道225号山西大津線
熊本県道339号北外輪山大津線
大字引水 ミルクロード入口交差点
熊本県道208号外牧大林線 大字大林
熊本県道207号瀬田竜田線 阿蘇郡 南阿蘇村 大字立野 阿蘇口交差点
熊本県道174号立野停車場線 大字立野
南阿蘇村道栃の木・立野線 大字立野 長陽大橋ルート経由[14]
国道57号 重複区間終点 大字立野 阿蘇大橋交差点
熊本県道299号草千里浜栃木線
南阿蘇村道栃の木・立野線
大字河陽
熊本県道149号河陰阿蘇線 大字河陽
熊本県道39号矢部阿蘇公園線 大字中松
熊本県道111号阿蘇吉田線 大字一関
国道265号 重複区間起点
国道503号 重複区間起点
高森町 大字高森
熊本県道28号熊本高森線 大字高森 [注釈 3]
国道265号 重複区間終点
国道503号 重複区間終点
上益城郡 山都町 山都町柳交差点
熊本県道212号津留柳線
熊本県道218号上色見草部線未供用 阿蘇郡 高森町 大字草部
大分県道・熊本県道・宮崎県道8号竹田五ヶ瀬線 重複区間起点 宮崎県 西臼杵郡 高千穂町 大字河内
大分県道・熊本県道・宮崎県道8号竹田五ヶ瀬線 重複区間終点 大字河内
宮崎県道204号下野鹿狩戸線 大字下野 下野交差点
国道218号 大字三田井 総合公園前交差点 / 終点

交差する鉄道[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g 2018年4月1日現在
  2. ^ 工業団地入口交差点から広川ICへの連絡を介して利用できる
  3. ^ 大津方面からは右折禁止。

出典[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2008年12月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 Page white excel.png (Microsoft Excelの.xls)”. 道路統計年報2019. 国土交通省道路局. p. 18. 2020年5月24日閲覧。
  3. ^ “阿蘇大橋崩落「地盤のずれ主因」、両岸から圧縮…学会調査”. 読売新聞. (2017年12月28日). http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20171228-OYS1T50005.html 2021年3月7日閲覧。 
  4. ^ “阿蘇大橋、地盤ずれ崩落 熊本地震 直下に断層の可能性”. 西日本新聞. (2017年12月31日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kumamoto_earthqueake/article/383727/ 2021年3月7日閲覧。 
  5. ^ 国道325号阿蘇大橋ルートが3月7日15時に開通 〜熊本と南阿蘇方面とのアクセスルートが回復〜 (PDF)”. 国土交通省九州地方整備局 熊本復興事務所・熊本県 (2021年2月2日). 2021年3月9日閲覧。
  6. ^ 国道325号阿蘇大橋ルートの開通について 〜新橋梁名称の決定、展望所の完成〜 (PDF)”. 熊本県 (2021年2月2日). 2021年3月10日閲覧。
  7. ^ “阿蘇大橋、3月7日に開通 赤羽国交相が発表”. 熊本日日新聞. (2021年2月2日). オリジナルの2021年2月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210202081927/https://kumanichi.com/news/id97187 2021年3月7日閲覧。 
  8. ^ “新阿蘇大橋が開通 一般車両の通行始まる”. 熊本日日新聞. (2021年3月7日). オリジナルの2021年3月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210307065747/https://kumanichi.com/news/id137157 2021年3月7日閲覧。 
  9. ^ 国道325号田原バイパスの整備効果”. 宮崎県 (2006年1月23日). 2012年9月21日閲覧。[リンク切れ]
  10. ^ 新規事業採択時評価結果(平成17年度新規事業化箇所) 一般国道325号 河内バイパス (PDF)”. 国土交通省道路局. 2012年9月21日閲覧。
  11. ^ 国道325号 河内バイパス開通 (PDF)”. 宮崎県西臼杵支庁 (2011年12月20日). 2012年9月21日閲覧。[リンク切れ]
  12. ^ “阿蘇大橋崩落「地盤のずれ主因」、両岸から圧縮…学会調査”. 読売新聞. (2017年12月28日). http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20171228-OYS1T50005.html 2017年12月31日閲覧。 [リンク切れ]
  13. ^ “阿蘇大橋、地盤ずれ崩落 熊本地震 直下に断層の可能性”. 西日本新聞. (2017年12月31日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kumamoto_earthqueake/article/383727/ 2017年12月31日閲覧。 
  14. ^ “長陽大橋ルートが平成29年8月27日に開通” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省九州地方整備局 date=2017-, http://www.qsr.mlit.go.jp/site_files/file/n-kisyahappyou/h29/1708010100.pdf 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]