国道465号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道465号標識
国道465号
地図
総延長 123.7 km
実延長 081.2 km
現道 071.1 km
制定年 1993年平成5年)
起点 千葉県茂原市北緯35度25分28.00秒 東経140度17分14.75秒 / 北緯35.4244444度 東経140.2874306度 / 35.4244444; 140.2874306
主な
経由都市
千葉県いすみ市夷隅郡大多喜町
君津市
終点 千葉県富津市
新井交差点(北緯35度18分54.47秒 東経139度49分34.18秒 / 北緯35.3151306度 東経139.8261611度 / 35.3151306; 139.8261611 (新井交差点)
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

国道465号(こくどう465ごう)は千葉県茂原市から富津市に至る一般国道である。

概要[編集]

路線データ[編集]

画像[編集]

歴史[編集]

1992年(平成4年)4月3日政令第104号で、(第5次)一般国道の路線として追加指定を受けたもので、1993年(平成5年)4月1日に施行された路線である。その前身となった既存路線は、主要地方道大多喜大原線、主要地方道大多喜君津線の一部、一般県道三島大多喜線、主要地方道君津丸山線の一部、主要地方道君津天羽線で、これらの道路を引き継いでつなぎ合わせて、一般国道に昇格したことで誕生した[2]

年表[編集]

路線状況[編集]

バイパス[編集]

  • 深堀バイパス(2016年(平成28年)3月15日開通)(いすみ市新田 - 若山)
  • 佐室バイパス(新トンネル供用)(いすみ市佐室)
  • 苅谷・新田野バイパス(未開通)(いすみ市新田野 - 苅谷)
  • 筒森バイパス(1期区間供用)(夷隅郡大多喜町筒森 - 君津市黄和田畑)
  • 釜生バイパス(未開通)(君津市蔵玉 - 滝原)
  • 藤林バイパス(君津市坂畑 - 高水)
  • 内房バイパス(富津市更和「湊小学校下」 - 湊「浅間山運動公園」)

重複区間[編集]

  • 国道128号(茂原市茂原 - いすみ市大原・大原交差点)
  • 国道297号(夷隅郡大多喜町船子・船子交差点 - 夷隅郡大多喜町八声・八声交差点)
  • 国道410号(君津市)
  • 国道127号(富津市湊・浅間山運動公園交差点 - 富津市佐貫・佐貫交差点)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

国道128号重複区間は国道128号参照。

主な他交通機関との接点・近接点[編集]

国道128号重複区間は国道128号参照。

道路施設[編集]

橋梁[編集]

トンネル[編集]

新筒森トンネルの筒森側坑口(国道465号・〈筒森バイパス〉
  • 佐室トンネル(いすみ市)
  • 筒森トンネル(夷隅郡大多喜町)※ 国道465号旧道
  • 新筒森トンネル(夷隅郡大多喜町)※ 筒森バイパス
    • 筒森バイパス上にある延長394m、幅員6.0m、高さ4.5mのトンネル。2012年7月完成。
  • 蔵玉トンネル(君津市)
  • 藤林トンネル(君津市)※ 現道
  • 大岩トンネル(君津市)
  • 平田トンネル(君津市 - 富津市)
  • 九十九トンネル(富津市)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g 2019年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 Page white excel.png (Microsoft Excelの.xls)”. 道路統計年報2020. 国土交通省道路局. 2021年7月18日閲覧。
  2. ^ 平沼義之 2018, p. 86.
  3. ^ 一般国道465号(黄和田畑拡幅)の一部が開通します。 (PDF)”. 千葉県県土整備部道路整備課 (2015年3月23日). 2015年5月1日閲覧。

参考文献[編集]

  • 平沼義之「酷道は、なぜできるのか」『酷道大百科』〈ブルーガイド・グラフィック〉、実業之日本社、2018年12月28日、 84 - 88頁、 ISBN 978-4-408-06392-8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]