国道405号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
Japanese National Route Sign 0405.svg
一般国道405号
地図
総延長 124.7 km
実延長 107.7 km
現道 106.9 km        
制定年 1982年
起点 群馬県吾妻郡中之条町地図
主な
経由都市
長野県下水内郡栄村
新潟県十日町市
終点 新潟県上越市
鴨島交差点(地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0292.svg国道292号
Japanese National Route Sign 0018.svg国道18号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
国道405号・群馬県中之条町入山の野反湖まで1km手前の地点(2016年5月)
新潟県津南町 町役場付近(国道117号との重複区間)

国道405号(こくどう405ごう)は、群馬県吾妻郡中之条町から新潟県上越市に至る一般国道である。

概要[編集]

歴史[編集]

  • 1982年昭和57年)4月1日:一般国道405号(新潟県上越市 - 新潟県南魚沼郡塩沢町)
  • 1993年平成5年)4月1日:一般国道405号(群馬県吾妻郡六合村(現・中之条町) - 新潟県上越市)

路線状況[編集]

長野県との県境に近い群馬県中之条町の野反湖から長野県下水内郡栄村の秋山郷までの区間は未開通で、秋山郷内は地元住民の生活道路である[3]。新潟県中魚沼郡津南町の役場付近に、国道117号との重複区間がある[3]。長野県・新潟県の区間は、いわゆる「酷道」が多く山間部で連続するが、市街地では2車線の道路もある[3]。秋山郷へ通じる川沿いの道は、道幅が狭く所々で待避所が設けられているが、ガードレールの整備は行き届いていない[3]交通量は少ないが、秋山郷 - 津南は路線バス乗合タクシーが運行されている(秋山郷#交通を参照)。

バイパス[編集]

重複区間[編集]

不通区間[編集]

(この区間は国道に指定されていないが、登山道につき徒歩でならば通行可能。)

地理[編集]

日本の秘境100選」にも数えられ、多くの温泉を擁する長野県の秋山郷へ通じる1本道は、新潟県側しか入ることのできない行き止まりの道路である[3]。新潟県上越市や十日町市の松之山地区の沿線には、複数の集落で美しい棚田が広がっている[3]。特に、松之山地区の棚田は、農林水産省が制定する「日本の棚田百選」にも選ばれている[3](詳細は越後松代棚田群を参照)。

通過する自治体[編集]

2006年の通行規制地点(津南町側)
  • 群馬県
    • 吾妻郡中之条町
  • 長野県
    • 下水内郡栄村 -
  • 新潟県
(冬期は山道の豪雪のため通行止めになる区間あり。)

交差する道路[編集]

  • 国道292号(中之条町荷付場)
  • 国道117号(津南町・大割野交差点、津南町下船渡)
  • 国道403号(上越市安塚区・濁川橋、和田交差点)
  • 国道18号(上越市・鴨島交差点)

長野県内においては、他の県内の国道、県道と一つも接続していない(栄村内には国道117号が通っているが、当道路と接続するのは新潟県津南町内)。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g 2015年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ 平成5年群馬県告示第345号 道路の区域決定(群馬県報 号外(第1号)、1993年4月1日、p. 2、群馬県立図書館所蔵)
  2. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 22. 2017年5月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 鹿取茂雄 2018, pp. 26–27.

参考文献[編集]

  • 鹿取茂雄「国道405号〈秋山郷〉」『酷道大百科』〈ブルーガイド・グラフィック〉、実業之日本社、2018年12月28日、 26 - 27頁、 ISBN 978-4-408-06392-8

関連項目[編集]