国道292号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道292号
一般国道

国道292号標識

国道292号
総延長 124.4 km
制定年 1970年
起点 群馬県吾妻郡長野原町
新須川橋交差点(地図
主な
経由都市
長野県下高井郡山ノ内町、中野市飯山市
終点 新潟県上越市
寺町交差点(地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0145.svg国道145号
Japanese National Route Sign 0406.svg国道406号
Japanese National Route Sign 0405.svg国道405号
Japanese National Route Sign 0403.svg国道403号
Japanese National Route Sign 0117.svg国道117号
Japanese National Route Sign 0018.svg国道18号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
長野原町・新須川橋交差点(2015年9月)
現道における起点である。
↓方向(手前)が国道292号現道、←→方向が国道145号旧道・国道406号である。
長野原町・大津交差点(2015年9月)
草津道路における端点である。
↓方向(手前)が国道292号草津道路、←方向が国道145号旧道・国道406号、→方向が国道145号現道・国道406号、↑方向(奥正面)が国道145号現道(長野原バイパス)である。
草津町・草津交差点(2015年9月)
現道と草津道路の合流地点である。
↑方向(奥正面)が国道292号現道(至長野原)、→方向が草津道路(至長野原)、↓方向(手前)が国道292号現道(至山ノ内)である。
日本国道最高地点の碑
渋峠付近(2009年7月)
長野県中野市大字壁田付近(2011年5月)
新潟県妙高市大字美守付近(2012年10月)

国道292号(こくどう292ごう)は、群馬県吾妻郡長野原町から新潟県上越市に至る一般国道である。

概要[編集]

本国道は、群馬県長野原町国道145号交点から草津温泉草津町)や渋峠志賀高原長野県山ノ内町)を経由しながら北西方向に進み、新潟県上越市国道18号交点までを結ぶ路線である。

長野原町 - 草津町の区間は2つのルートがあり、西側の区間は一般有料道路草津道路として1964年に開通した。当初、長野原町 - 草津町間は草津道路経由のみが指定されたが、1980年代六合村を経由する区間が追加指定された。なお、草津道路は1993年に無料開放された。また、渋峠をはさんだ41.1kmの区間は、一般有料道路の志賀草津道路として整備され、1992年に無料開放された。

国道の中では日本一標高の高いところを通る道路でもある[1][2]。国道最高地点は渋峠より数百メートル群馬県側にあり、標高2,172mの「日本国道最高地点」の碑が建てられている[2]。渋峠の群馬県側は急勾配のため、いったん南側の最高地点を通ってから渋峠に至る路線設計となっている。11月から4月までは草津町・天狗山ゲートから渋峠の先、長野県山ノ内町の陽坂ゲートまでの区間が通行止めとなる。

当初、終点は旧・新井市(現在の妙高市)大字姫川原であったが、国道18号の上新バイパスの開通により区域が変更され、1991年に終点は上越市内に移転した。しかし、法令では現在も妙高市のままとなっている。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[3] [注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

  • 1970年4月1日 - 一般国道292号(群馬県吾妻郡長野原町 - 新潟県新井市)として指定[6]。当初、渋峠の区間は未開通であり、分断区間をかかえた。
  • 1970年9月12日 - 志賀草津道路の供用開始。
  • 1991年7月30日 - 一般国道292号(群馬県吾妻郡長野原町 - 新潟県上越市(法令では新井市のまま))
  • 1992年11月17日 - 志賀草津道路が無料開放。
  • 1993年4月24日 - 草津道路が無料開放。

路線状況[編集]

群馬・長野県境の渋峠に冬季閉鎖区間が設けられており、例年5月から10月までの期間のみ通行できる[2]

通称[編集]

  • 日本ロマンチック街道(起点 - 嬬恋村干俣)
  • すずらん通り(草津町)
  • 志賀草津道路(草津町 - 山ノ内町)
  • オリンピック道路(山ノ内町 - 中野市)※下記バイパス名が正式名称であるが、一般的ではない
    • 上林 - 夜間瀬バイパス
    • 一本木バイパス
  • 飯山街道(飯山市蓮・古牧橋北交差点 - 妙高市)
  • 飯山バイパス(飯山市)
  • 富倉バイパス(飯山市)

―通称(草津道路)―

  • 日本ロマンチック街道(起点 - 草津町草津・草津交差点)

重複区間[編集]

道路施設[編集]

道の駅[編集]

  • 群馬県
    • 道の駅六合(中之条町小雨)
    • (国道292号草津道路端点)(草津町草津・草津交差点)

―道の駅(草津道路)―

トンネル[編集]

  • 長野県
    • 有尾隧道(飯山市飯山 - 小佐原)
    • 大川トンネル(飯山市旭)
    • 富倉トンネル(飯山市富倉)
    • 長沢トンネル(妙高市長沢)

ループ橋[編集]

  • 長野県
    • 十二沢橋(山ノ内町平穏)

路線概況[編集]

群馬県[編集]

  • 長野原町 - 草津町(六合村経由)
以前、有料道路だった草津道路を避けるために指定された。起点は長野原草津口駅・長野原合同庁舎にほど近い「新須川橋交差点」である。国道405号が分岐する中之条町入山まで白砂川に沿い、役場などがある旧・六合村(現・中之条町)の中心街や、道の駅六合を通る。国道405号の起点を過ぎると草津町まで登りとなり、急カーブ・急勾配が続く。吾妻郡草津町に入るとなだらかな道になり、草津温泉バスターミナルや草津町役場、草津温泉街を通る。草津道路とは「草津交差点」で合流する。
  • 長野原町 - 草津町(草津道路)
国道145号現道(長野原バイパス)と「大津交差点」で接続。この道は六合村を通らず、急勾配を避けたバイパス的存在である。遅沢川に沿って登り、西吾妻福祉病院や道の駅草津運動茶屋公園、草津町立草津小学校を通る。六合村経由の現道とは「草津交差点」で合流する。
  • 草津町 - 渋峠
草津交差点を過ぎると、長野県中野市の「一本木交差点」までの50km弱は信号機がない。草津国際スキー場の天狗山レストハウスを過ぎると、天狗山ゲート(草津町)があるが、ここから、急カーブや急勾配が多くなる。なお冬季は天狗山ゲートから長野県山ノ内町側の陽坂ゲートまでが通行止めとなる。さらにその時期は、天狗山ゲートから白根火山ロープウェイの山頂駅までが草津国際スキー場のゲレンデになる場所であり、道路はゲレンデとして利用される。嬬恋村干俣にある群馬県道466号牧干俣線との分岐点を過ぎ、中之条町(旧六合村)に入ると、国道最高地点を通り、県境である渋峠に至る。

長野県[編集]

  • 渋峠 - 山ノ内町
この区間は、いわゆる志賀高原にあたる。急カーブ・急勾配を下っていくと、陽坂ゲートがある。熊の湯温泉木戸池温泉を通り、三角池(みすまいけ)、上の小池などを見ながらさらに下ると、長野県道471号奥志賀公園線の分岐地点の蓮池がある。蓮池は志賀高原の中心地であり、観光協会・消防署・郵便局などがみられる。丸池を過ぎ、旭山を見ながらカーブを進み、その先で谷に迫り出したループ橋の十二沢橋を通過すると、やがて上林温泉に至る。上林温泉から道の駅北信州やまのうちを通過しながらさらに北西に進むと中野市に入る。
  • 中野市 - 飯山市
中野市一本木では国道403号と合流し、起点から2車線だった道路は4車線となる。周辺では郊外型店舗が多くみられる。同市吉田で、志賀中野道路と分岐、国道292号と国道403号は側道に進む。その先の志賀中野道路が上にある七瀬交差点で、国道292号は右折し国道403号とは離れる。ここからは再び2車線の道路へと戻り、田畑が広がる道を北進する。古牧橋により千曲川(信濃川)を渡り飯山市に入ると、国道117号現道と合流する。さらに五位野交差点で左の上信越自動車道豊田飯山インターチェンジから来る国道117号新道と交差し、国道292号は国道117号現道とともに東方向へ右折する。千曲川左岸を下ると、中央橋西交差点で再び国道403号と合流し、有尾交差点まで国道117号・国道292号・国道403号の3路線重複区間となる。有尾交差点にさしかかると国道292号は左折し、再び単独区間となる。ここからは皿川や長沢川、松田川に沿って道路は走り、途中、有尾隧道や富倉トンネルなど3つのトンネルを通過、新潟県妙高市へ至る。

新潟県[編集]

  • 妙高市 - 上越市
新潟県妙高市に入るとすぐに長沢トンネルを通過、長沢川に沿って下る。妙高市猿橋で関川を渡ると山道が終わり、関川に沿ってなだらかに下って行く。同市姫川原の姫川原交差点で国道292号は北方向へ右折、ここからは関川に加ええちごトキめき鉄道妙高はねうまラインとも並行して道路が走る。妙高市の中心街を通りさらに北進、上越市に入るとすぐに終点の寺町交差点となる。なお国道18号がオーバークロスする下が、国道292号の終点となっている。

地理[編集]

草津と志賀を結ぶ区間にあたる志賀草津道路では、ゴールデンウィーク中は開通直後の雪の壁を見ることができる[7]。この区間の群馬県側では、白根山を中心に荒涼とした風景が多く、殺生河原(せっしょうがわら)は強い硫黄臭の漂う硫化水素が噴き出す危険地帯である[8]。山田峠と渋峠のあいだにある日本国道最高地点2172mの展望台からは、足元に高層湿原の風景が広がる[8]。渋峠より西の長野県に入っていくと、横手山の中腹を西へと進み、笠ヶ岳や遠くの北アルプスまでのパノラマ風景を見ることができる[8]

通過する自治体[編集]

―通過する自治体(草津道路)―

  • 群馬県
    • 吾妻郡長野原町 - 吾妻郡草津町

交差する道路[編集]

―交差する道路(草津道路)―

交差する河川[編集]

  • 群馬県
    • 矢ノ下沢川(中之条町赤岩)
    • 白砂川(出立大橋 : 中之条町赤岩 - 日影)
    • 水戸沢川(花園大橋 : 中之条町太子)
    • ウルシ沢川(下平橋 : 中之条町太子 - 小雨)
    • 小雨川(中之条町小雨)
    • (国道292号草津道路端点)(草津町草津・草津交差点)
  • 長野県
    • 角間川(角間大橋 : 山ノ内町平穏 - 佐野)
    • 三沢川(伊沢橋 : 山ノ内町戸狩)
    • 信濃川(千曲川)(古牧橋 : 中野市壁田 - 飯山市蓮・古牧橋北交差点)
    • 田草川(飯山市蓮 - 蓮/静間)
    • 清川(清川橋 : 飯山市静間)
    • 皿川(飯山市飯山など、3ヶ所で交差)<①飯山市飯山、②飯山市小佐原 - 飯山、③旭橋 : 飯山市旭>
  • 新潟県
    • 長沢川(妙高市長沢など、7ヶ所で交差)<①②③妙高市長沢、④妙高市長沢原、⑤ウラ鳥橋 : 妙高市長沢原 - 猿橋、⑥ウソ鳥橋 : 妙高市猿橋、⑦新砂原橋 : 妙高市猿橋>
    • 関川(猿橋 : 妙高市猿橋)
    • 渋江川(渋江川橋 : 妙高市高柳1丁目 - 中川)

―交差する河川(草津道路)―

  • 群馬県
    • 遅沢川(長野原町大津、2ヶ所で交差)<①洞口橋 : 長野原町大津、②長野原町大津>

交差する鉄道[編集]

  • 群馬県
    • JR吾妻線(長野原町長野原)※吾妻線の高架下を通過する
    • (国道292号草津道路端点)(草津町草津・草津交差点)
  • 長野県
    • 長野電鉄長野線(栗和田高架橋 : 中野市一本木)※高架橋により長野線をまたぐ
    • JR北陸新幹線(中野市壁田など、2ヶ所で交差)<①中野市壁田、②飯山市静間 - 飯山>※①②とも北陸新幹線の高架下を通過する
    • JR飯山線(飯山市飯山)※高架橋により飯山線をまたぐ
    • JR北陸新幹線(飯山市旭など、3ヶ所で交差)<①②飯山市旭、③新潟県妙高市長沢>※①~③で北陸新幹線のトンネルをまたぐ

[編集]

  • 群馬県
    • (国道292号草津道路端点)(草津町草津・草津交差点)
    • 山田峠(標高2048m、嬬恋村・草津町の境界未定地域 - 中之条町入山)
    • 渋峠(標高2172m、中之条町入山 - 長野県山ノ内町平穏)

沿線[編集]

  • 新潟県
    • 妙高市立新井南小学校(妙高市除戸)
    • 新井駅妙高はねうまライン)(妙高市栄町)
    • 妙高市立新井中央小学校(妙高市諏訪町2丁目/関川町2丁目)
    • 妙高市立新井北小学校(妙高市栗原4丁目)
    • 北新井駅(妙高はねうまライン)(妙高市柳井田町1丁目)

―沿線(草津道路)―

  • 群馬県
    • 草津町立草津小学校(草津町草津)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 2010年(平成22年)3月28日、編入合併により中之条町となる。
  3. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令の最終改正日である2015年4月22日の政令(平成27年4月22日政令第219号)に基づく表記。

出典[編集]

  1. ^ 浅井建爾 2001, p. 48。標高2,000mを越す標高の高い一般国道は、国道292号の他に、長野県の蓼科高原の東にある麦草峠通る国道299号の2路線だけである。
  2. ^ a b c 佐藤健太郎 2014, p. 139、「国道最高地点」より。
  3. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2015年10月閲覧。
  4. ^ a b c 道路統計年報2014. 道路の現況 凡例”. 国土交通省道路局. p. 16. 2015年10月閲覧。
  5. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2015年10月閲覧。
  6. ^ 群馬県県土整備部道路管理課『道路台帳 27年4月1日現在』
  7. ^ 須藤英一 2013, pp. 80-81.
  8. ^ a b c 須藤英一 2013, p. 80.

参考文献[編集]

関連項目[編集]