国道376号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般国道
国道376号標識
国道376号
地図
総延長 70.0 km
実延長 64.5 km
現道 64.5 km
制定年 1975年昭和50年)
起点 山口県山口市
仁保入口交差点(北緯34度12分25.70秒 東経131度30分53.79秒 / 北緯34.2071389度 東経131.5149417度 / 34.2071389; 131.5149417 (仁保入口交差点)
主な
経由都市
山口県周南市
終点 山口県岩国市
西長野郵便局前交差点(北緯34度5分28.57秒 東経132度0分37.88秒 / 北緯34.0912694度 東経132.0105222度 / 34.0912694; 132.0105222 (西長野郵便局前交差点)
接続する
主な道路
記法
国道9号標識 国道9号
国道262号標識 国道262号
国道489号標識 国道489号
国道315号標識 国道315号
国道434号標識 国道434号
国道2号標識 国道2号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

国道376号(こくどう376ごう)は、山口県山口市から岩国市に至る一般国道である。

概要[編集]

山口県東部の山間部を東西に横切る路線で、山口市と県東部を短絡する路線の一つである。山口市内の徳地から仁保付近では中国自動車道とほぼ並行し、その後は周南市山間部の和田地区・須々万地区を通過し、中国山地を縫うようにして走行する。全区間が2車線で整備されている。[要出典]島地川ダムから徳地方面へは、[[2020年(令和2年)7月]]から周南市高瀬での通行止めのため通り抜けできない。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

路線状況[編集]

バイパス[編集]

  • 須々万バイパス(山口県周南市、3.6 km)

道路施設[編集]

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

主な峠[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 2006年3月20日に旧岩国市・玖珂町・周東町・由宇町・美和町・錦町・美川町・本郷村が合併し、新「岩国市」発足。
  3. ^ 2005年10月1日に旧山口市・吉敷郡小郡町・吉敷郡秋穂町・吉敷郡阿知須町・佐波郡徳地町が合併し、新・山口市発足。
  4. ^ a b 2003年4月21日に徳山市・新南陽市・熊毛郡熊毛町・都濃郡鹿野町が合併し、周南市発足。
  5. ^ a b c d e f g 2020年3月31日現在

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 山口県土木建築部 道路整備課/道路建設課 - (山口県公式ウェブサイト)
    • 防府土木建築事務所山口支所:山口市の区間を管理
    • 周南土木建築事務所:周南市の区間を管理
    • 岩国土木建築事務所:岩国市の区間を管理