国道502号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
Japanese National Route Sign 0502.svg
国道502号
地図
総延長 52.4 km
実延長 45.9 km
現道 45.6 km
制定年 1993年
起点 大分県臼杵市
土橋交差点(地図
終点 大分県竹田市
天神交差点(地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0217.svg国道217号
Japanese National Route Sign 0010.svg国道10号
Japanese National Route Sign 0326.svg国道326号
Japanese National Route Sign 0057.svg国道57号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

国道502号(こくどう502ごう)は、大分県臼杵市から豊後大野市を経由し、竹田市に至る一般国道である。

概要[編集]

改正鉄道敷設法別表に記載された「大分県臼杵ヨリ三重ニ至ル鉄道」を実現するため、軽便鉄道敷設用地の買収が進んでいたが、途中でバス路線への転換が決まり、そのまま道路へと転用された区間が大部分を占める。 1990年頃までは道幅が狭く、豊後大野市清川町内の区間や竹田市大字竹田など普通乗用車同士の往来も難しい区間が随所に存在していたが、現在は竹田市内の終点付近のバイパス建設等の道路拡幅が進み、全線二車線になった。

路線データ[編集]

歴史[編集]

土砂崩れ[編集]

2009年8月10日18時半頃、大分県竹田市片ヶ瀬で土砂崩れが発生し、通行中の車8台が巻き込まれ、5台が土砂に埋もれた。3台が国道から10 m下の大野川に押し流され、乗っていた13人が救出された。このため、豊後大野市緒方町から竹田市の間が通行止めとなっていたが、仮復旧が完了したため、解除された。

路線状況[編集]

バイパス[編集]

  • 竹田バイパス
  • 岩戸バイパス

重複区間[編集]

  • 国道10号(臼杵市野津町大字宮原・日当三差路交差点 - 臼杵市野津町大字野津市・野津市明治橋交差点)
  • 国道326号(豊後大野市三重町芦刈・三重原交差点 - 豊後大野市三重町市場・市場一区交差点)

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

交差する道路 市町村名 交差する場所
国道217号
大分県道33号臼杵停車場線
臼杵市 温井 土橋交差点 / 起点
E10 東九州自動車道 野田 16 臼杵IC
大分県道633号川登臼杵線 深田
大分県道25号臼杵上戸次線 武山
国道10号 重複区間起点 野津町大字宮原 日当三差路交差点
大分県道204号津久見野津線 野津町大字野津市
国道10号 重複区間終点 野津町大字野津市 野津市明治橋交差点
国道326号 重複区間起点 豊後大野市 三重町芦刈 三重原交差点
大分県道35号三重弥生線 三重町市場
大分県道517号三重停車場線 三重町市場 市場ロータリー交差点
国道326号 重複区間終点 三重町市場 市場一区交差点
大分県道718号伏野三重線 三重町秋葉
大分県道26号三重野津原線 清川町臼尾
大分県道45号宇目清川線 清川町砂田 砂田交差点
大分県道410号牧口徳田竹田線 清川町天神
奥肥後グリーンロード 緒方町井上
大分県道634号六種緒方線 緒方町井上
大分県道210号緒方大野線 緒方町馬場 馬場交差点
大分県道46号緒方朝地線 緒方町下自在 三郎大橋北交差点
大分県道・宮崎県道7号緒方高千穂線 緒方町上自在 原尻の滝入口交差点
大分県道・熊本県道・宮崎県道8号竹田五ヶ瀬線 竹田市 竹田 運動公園入口交差点
国道57号
大分県道638号白丹竹田線
飛田川 天神交差点 / 終点

交差する鉄道[編集]

沿線にある施設など[編集]

道路施設[編集]

トンネル[編集]

  • 新小田無トンネル
    • 小田無トンネル(旧道)
  • 岡の里トンネル
  • 七万石トンネル

これらトンネルはすべて竹田市に存在

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g 2018年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 Page white excel.png (XLS)”. 道路統計年報2019. 国土交通省道路局. 2020年8月31日閲覧。

関連項目[編集]