三重町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三重町
廃止日 2005年3月31日
廃止理由 新設合併
三重町清川村緒方町朝地町大野町千歳村犬飼町豊後大野市
現在の自治体 豊後大野市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 大分県
大野郡
団体コード 44422-7
面積 162.17km².
総人口 18,215
(2004年10月1日)
隣接自治体 本文参照
町の木 ケヤキ
町の花 ミツバツツジ
三重町役場
所在地 879-7198
大分県大野郡三重町大字市場1200番地
三重町役場(豊後大野市役所)
外部リンク 豊後大野市
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

三重町(みえまち)はかつて大分県南部の大野郡に位置し、大野郡の中心として知られていたである。大分市のベッドタウンで人口が増加している。大分県内では数少ない人口が増加している市町村である。町内には国道326号に沿ってロードサイド店舗が林立している。

2005年3月31日、他の大野郡4町2村とともに豊後大野市として新設合併され、同市の中心部となった。自治体としての三重町は消滅したが、合併後も住所表記には「大分県豊後大野市三重町」と残されており、地元では当町の区域を現在でも「三重」と呼ぶことがある。

地理[編集]

隣接している自治体[編集]

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 1902年(明治35年)4月4日 - 町制施行により三重町となる。
  • 1951年(昭和26年)4月1日 - 三重町と菅尾村、百枝村、新田村が合併。
  • 1956年(昭和31年)10月1日 - 野津町の入北地区を編入。
  • 1957年(昭和32年)4月1日 - 清川村の白山地区の大部分を編入。
  • 1957年(昭和32年)7月1日 - 本匠村の片内地区を編入し、現在の町域をほぼ確定する。
  • 2005年(平成17年)3月31日 - 他の大野郡4町2村とともに、豊後大野市として新設合併し、同市の中心部となった。

行政[編集]

  • 町長:芦刈幸雄(廃止時)

経済[編集]

産業[編集]

  • 主な産業
  • 産業人口

地域[編集]

健康[編集]

  • 平均年齢

教育[編集]

小学校[編集]

  • 三重町立
    • 菅尾小学校
    • 三重町立百枝小学校
    • 三重町立三重第一小学校
    • 三重町立三重東小学校
    • 三重町立新田小学校

中学校[編集]

  • 三重町立
    • 三重中学校

高等学校[編集]

専修学校[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

道路[編集]

一般国道[編集]

県道[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

その他[編集]

  • 水の郷百選:水と緑と蛍光を 名水と伝説の町・三重町

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


このページはウィキプロジェクト 日本の市町村のテンプレートを使用しています。