西臼杵郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 九州地方 > 宮崎県 > 西臼杵郡
宮崎県西臼杵郡の位置(1.高千穂町 2.日之影町 3.五ヶ瀬町 薄黄:後に他郡に編入された区域)

西臼杵郡(にしうすきぐん)は、宮崎県

人口17,775人、面積686.94km²、人口密度25.9人/km²。(2022年9月1日、推計人口

以下の3町を含む。

高千穂町には、宮崎県庁の出先機関として西臼杵支庁が設置されている。

郡域

1873年明治17年)に行政区画として発足した当時の郡域は、上記3町に東臼杵郡諸塚村椎葉村を加えた区域にあたる。

歴史

郡発足までの沿革

知行 村数 村名
幕府領 人吉藩預地 4村 大河内村、松尾村、向山村、下福良村
藩領 日向延岡藩 18村 七折村、岩井川村、分城村、山裏村、三田井村、下野村、押方村、向山村、田原村、上野村、河内村、五ヶ所村、鞍岡村、三ヶ所村、家代村、七ツ山村、岩戸村、桑野内村[1]

郡発足以降の沿革

  • 明治17年(1884年1月26日 - 臼杵郡のうち三田井村ほか22村の区域をもって西臼杵郡が発足。郡役所が三田井村に設置。
1.高千穂村 2.上野村 3.岩戸村 4.七折村 5.岩井川村 6.諸塚村 7.椎葉村 8.鞍岡村 9.三ヶ所村 10.田原村(紫:高千穂町 桃:日之影町 橙:五ヶ瀬町 青:合併なし)
  • 明治22年(1889年5月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。(10村)
    • 高千穂村 ← 三田井村、押方村、向山村(現・高千穂町)
    • 上野村 ← 上野村、下野村(現・高千穂町)
    • 岩戸村 ← 山裏村(現・高千穂町、日之影町)、岩戸村(現・高千穂町)
    • 七折村(単独村制。現・日之影町)
    • 岩井川村 ← 岩井川村、分城村(現・日之影町)
    • 諸塚村 ← 家代村、七ツ山村(東臼杵郡に現存
    • 椎葉村 ← 下福良村、大河内村、不土野村、松尾村(東臼杵郡に現存
    • 鞍岡村(単独村制。現・五ヶ瀬町)
    • 三ヶ所村 ← 桑野内村、三ヶ所村(現・五ヶ瀬町)
    • 田原村 ← 田原村、河内村、五ヶ所村(現・高千穂町)
  • 明治30年(1897年4月1日 - 郡制を施行。
  • 大正9年(1920年4月1日 - 高千穂村が町制施行して高千穂町となる。(1町9村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止され、内務省告示第82号により西臼杵支庁(第1次)が設置される[2]
  • 昭和17年(1942年)12月1日 - 県内各郡に地方事務所が設置され、西臼杵支庁(第1次)を西臼杵地方事務所に改組。
  • 昭和24年(1949年)4月1日 - 諸塚村・椎葉村の所属郡が東臼杵郡に変更。(1町7村)
  • 昭和25年(1950年)4月1日 - 西臼杵地方事務所を西臼杵支庁(第2次)に改組。
  • 昭和26年(1951年)4月1日 - 七折村・岩井川村が合併して日の影町が発足。(2町5村)
  • 昭和31年(1956年
    • 8月1日 - 鞍岡村・三ヶ所村が合併して五ヶ瀬町が発足。(3町3村)
    • 9月30日
      • 高千穂町・田原村および岩戸村の一部(岩戸および山裏の一部)が合併し、改めて高千穂町が発足。
      • 岩戸村の残部(山裏の残部)が日の影町に編入。日の影町は即日改称して日之影町となる。(3町1村)
  • 昭和44年(1969年)4月1日 - 上野村が高千穂町に編入。(3町)

変遷表

自治体の変遷
明治22年以前 明治22年5月1日 明治22年 - 昭和19年 昭和20年 - 昭和29年 昭和30年 - 昭和63年 平成1年 - 現在 現在
上野村 上野村 上野村 昭和44年4月1日
高千穂町に編入
高千穂町 高千穂町
高千穂村 大正9年4月1日
町制
高千穂町 昭和31年9月30日
高千穂町
田原村 田原村 田原村
岩戸村 岩戸村 岩戸村 昭和31年9月30日
高千穂町
(岩戸・山裏一部)
昭和31年9月30日
日の影町に編入
(山裏一部)
日之影町 日之影町
七折村 七折村 昭和26年1月1日
日の影町
昭和31年9月30日
改称
日之影町
岩井川村 岩井川村
鞍岡村 鞍岡村 鞍岡村 昭和31年8月1日
五ヶ瀬町
五ヶ瀬町 五ヶ瀬町
三ヶ所村 三ヶ所村 三ヶ所村
諸塚村 諸塚村 昭和24年4月1日
東臼杵郡
諸塚村 諸塚村 諸塚村
椎葉村 椎葉村 椎葉村 椎葉村 椎葉村

行政

歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治17年(1884年)1月26日
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 記載なし。石高は三ヶ所村のうち。
  2. ^ 丑木幸男「宮崎県の郡役所文書(『別府大学紀要』53号、2012年), p51

参考文献

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編 『角川日本地名大辞典』 45 宮崎県、角川書店、1986年9月1日。ISBN 4040014502 
  • 旧高旧領取調帳データベース

関連項目

外部リンク

先代
臼杵郡
行政区の変遷
1884年 -
次代
(現存)