第21回国民体育大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第21回国民体育大会
剛健国体
参加人数 冬季(スケート):1,379人
冬季(スキー):1,725人
夏季:3,716人
秋季:17,177人
競技種目数 冬季:2競技
夏季:3競技
秋季:28競技
開会 冬季(スケート):1966年1月27日
冬季(スキー):1966年2月19日
夏季:1966年9月18日
秋季:1966年10月23日
閉会 冬季(スケート):1966年1月30日
冬季(スキー):1966年2月23日
夏季:1966年9月21日
秋季:1966年10月28日
主競技場 大分市営陸上競技場

第21回国民体育大会(だい21かいこくみんたいいくたいかい)は、1966年大分県(夏季大会、秋季大会)、岩手県(冬季大会スケート競技)、北海道(冬季大会スキー競技)を会場に開催された。

概要[編集]

初めて愛称が付けられた国体である。「剛健」という名は、華美になりすぎた大会を見直す意味を込めて付けられた。スローガンは「剛健・友愛・信義」。

天皇杯は開催地の大分県、皇后杯は東京都が獲得した。なお、大分県は皇后杯(女子総合成績)では第5位であった。

期間 開催地 競技数 参加者数
1966年1月27日 - 1月30日 岩手県盛岡市 1 1,379
1966年2月19日 - 2月23日 北海道旭川市 1 1,725
1966年9月18日 - 9月21日 大分県別府市日田市 3 3,716
1966年10月23日 - 10月28日 大分県 28 17,177
合 計 33 23,997

実施競技と会場[編集]

  • スケート - 岩手県盛岡市盛岡農高特設スケートリンク)
  • スキー - 北海道旭川市(嵐山会場他)
  • 水泳 - 別府市(別府市営青山プール)
  • 漕艇 - 日田市夜明ダム
  • ヨット - 別府市(北浜ヨットハーバー)
  • 陸上 - 大分市(大分市営陸上競技場)
  • サッカー - 別府市(実相寺蹴球場他)
  • テニス(庭球) - 別府市(別府市営青山庭球コート他)
  • ホッケー - 湯布院町(自衛隊湯布院駐屯地グラウンド)
  • ボクシング - 津久見市(津久見市営体育館)
  • バレーボール - 大分市、臼杵市(大分市営総合球技場他)
  • 体操 - 大分市(大分商高体育館)
  • バスケットボール - 中津市豊後高田市中津北高体育館他)
  • レスリング - 佐伯市佐伯鶴城高
  • ウエイトリフティング - 湯布院町(湯布院町営体育館他)
  • ハンドボール - 大分市(大分鶴崎高
  • 自転車 - 別府市(別府市営競輪場)
  • ソフトテニス(軟式庭球) - 大分市(大分県営庭球場)
  • 卓球 - 日出町(日出高体育館他)
  • 軟式野球 - 大分市、別府市、中津市(大分県営野球場他)
  • 相撲 - 宇佐市宇佐神宮相撲場)
  • 馬術 - 三重町(大原陸上競技場)
  • 柔道 - 大分市(大分県営体育館)
  • ソフトボール - 大分市、竹田市大分東高グラウンド他)
  • フェンシング - 別府市(別府商高体育館)
  • バドミントン - 日田市(日田林高体育館)
  • 弓道 - 日田市(日田市弓道場)
  • ライフル射撃 - 大分市、別府市(警察学校他)
  • クレー射撃 - 別府市(湯山クレー射撃場)
  • 剣道 - 杵築市杵築高体育館)
  • ラクビー フットボール - 大分市(大分市営総合球技場他)
  • 山岳 - 竹田市他(久住・大船、祖母・傾山群)
  • 高校野球 - 佐伯市、三重町(佐伯球場他)

総合成績[編集]

天皇杯[編集]

  • 1位 - 大分県
  • 2位 - 東京都
  • 3位 - 大阪府

皇后杯[編集]

  • 1位 - 東京都
  • 2位 - 大阪府
  • 3位 - 愛知県

参考文献[編集]

外部リンク[編集]