宇佐市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
うさし
宇佐市
Chokushimon Gate in Upper Shrine of Usa Shrine 2.jpg
宇佐神宮南中楼門
Flag of Usa Oita.JPG
宇佐市旗
Symbol of Usa Oita.svg
宇佐市章
 2005年平成17年)3月31日制定
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 大分県
団体コード 44211-9
面積 439.05km2
総人口 55,852
推計人口、2016年6月1日)
人口密度 127人/km2
隣接自治体 別府市中津市豊後高田市
杵築市由布市
速見郡日出町玖珠郡玖珠町
市の木 イチイガシ
市の花 ツツジ
宇佐市役所
所在地 879-0492
大分県宇佐市大字上田1030番地1
北緯33度31分55.2秒東経131度20分58.1秒座標: 北緯33度31分55.2秒 東経131度20分58.1秒
宇佐市役所
外部リンク 宇佐市

宇佐市位置図

― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト

宇佐市(うさし)は、大分県の北部、国東半島の付け根に位置する

全国4万社余りの八幡宮の総本宮・宇佐神宮があり、正月には全国からの参拝客でにぎわう。また本願寺別院(西とも)も旧北東部の広大な地域を管轄するものでこれも規模は大きい。また市内には宇佐神宮以外にも観光名所が多く、県内有数の観光都市である。

地理[編集]

豊前国の南東端に位置し、旧豊後国との境界に位置する。北は周防灘、西は中津市、南は玖珠町・由布市、東は杵築市・豊後高田市にそれぞれ隣接している。また交通の要衝で市内を国道10号や宇佐別府道路が通過し、東九州自動車道を経由して大分市別府市佐伯市へのアクセスも容易である。

宇佐神宮の門前町として発展した宇佐地区(特に南宇佐)、本願寺別院の寺内町として発展した四日市地区、港町として発展した長洲地区の3地区が、伝統的に経済的同時に文化的中心地である。これ以外はほぼ全域が農村地域であり、県下最大の穀倉地帯となっている。

経済圏・生活圏[編集]

経済的に隣接する中津市との関係が深く、中津市を中心とする中津都市圏都市雇用圏(10%通勤圏)に属する。一方、大分市を中心とする大分都市圏や、北九州市を中心とする北九州都市圏には属さない。

宇佐市を通過する高速道路である東九州自動車道及び並行する一般国道自動車専用道路は、大分方面は1994年宇佐別府道路宇佐IC-院内ICが開通して大分ICまでが全通していたが、北九州方面も2015年3月1日豊前IC-宇佐IC間が開通。さらに、2016年4月24日には北九州JCTまで全通した。

2005年3月31日に合併する以前から、旧宇佐市と院内町、安心院町との結びつきは強く、院内町、安心院町がいずれも「院」の字を含むことから、これらの1市2町は総称して宇佐両院(うさりょういん)と呼ばれていた。

隣接している市町村[編集]

地名[編集]

長洲地区のいくつかの町を除き全域が明治以来の大字を継承している。平成の大合併の旧院内町・安心院町は大字の前に旧町名を冠している。

  • 北宇佐(宇佐町)
  • 小向野(宇佐町)
  • 高森(宇佐町)
  • 南宇佐(宇佐町)
  • 青森(封戸村→宇佐町)
  • 苅宇田(封戸村→宇佐町)
  • 西木(封戸村→宇佐町)
  • 立石(封戸村→宇佐町)
  • 東大堀(封戸村→宇佐町)
  • 横田(封戸村→宇佐町)
  • 出光(北馬城村→宇佐町)
  • 岩崎(北馬城村→宇佐町)
  • 江熊(北馬城村→宇佐町)
  • 金丸(北馬城村→宇佐町)
  • 西屋敷(北馬城村→宇佐町)
  • 橋津(北馬城村→宇佐町)
  • 日足(北馬城村→宇佐町)
  • 山(北馬城村→宇佐町)
  • 両戒(北馬城村→宇佐町)
  • 和気(北馬城村→宇佐町)
  • 石田(四日市町)
  • 葛原(四日市町)
  • 城井(四日市町)
  • 吉松(四日市町)
  • 四日市(四日市町)
  • 上敷田(天津村→四日市町)
  • 上庄(天津村→四日市町)
  • 下敷田(天津村→四日市町)
  • 下庄(天津村→四日市町)
  • 富山(天津村→四日市町)
  • 中敷田(天津村→四日市町)
  • 南敷田(天津村→四日市町)
  • 宮熊(天津村→四日市町)
  • 赤尾(長峰村→四日市町)
  • 今仁(長峰村→四日市町)
  • 大根川(長峰村→四日市町)
  • 木部(長峰村→四日市町)
  • 佐野(長峰村→四日市町)
  • 清水(長峰村→四日市町)
  • 今成(横山村→四日市町)
  • 上元重(横山村→四日市町)
  • 木内(横山村→四日市町)
  • 黒(横山村→四日市町)
  • 下元重(横山村→四日市町)
  • 末(横山村→四日市町)
  • 中(横山村→四日市町)
  • 山下(横山村→四日市町)
  • 山袋(横山村→四日市町)
  • 麻生(麻生村→四日市町)
  • 岳の首(麻生村→四日市町)
  • 灘(麻生村→四日市町)
  • 山口(麻生村→四日市町)
  • 上高(糸口村→四日市町)
  • 上時枝(糸口村→四日市町)
  • 猿渡(糸口村→四日市町)
  • 下高(糸口村→四日市町)
  • 下時枝(糸口村→四日市町)
  • 上高家(高家村→四日市町)
  • 下高家(高家村→四日市町)
  • 西高家(高家村→四日市町)
  • 浜高家(高家村→四日市町)
  • 東高家(高家村→四日市町)
  • 荒木(八幡村→四日市町)
  • 乙女新田(八幡村→四日市町)
  • 尾永井(八幡村→四日市町)
  • 上乙女(八幡村→四日市町)
  • 下乙女(八幡村→四日市町)
  • 森山(八幡村→四日市町)
  • 金屋(長洲町)
  • 長洲(長洲町)
  • 江須賀(柳ヶ浦町→長洲町)
  • 郡中新田(柳ヶ浦町→長洲町)
  • 順風新田(柳ヶ浦町→長洲町)
  • 住江(柳ヶ浦町→長洲町)
  • 高砂新田(柳ヶ浦町→長洲町)
  • 神子山新田(柳ヶ浦町→長洲町)
  • 岩保新田(和間村→長洲町)
  • 北鶴田新田(和間村→長洲町)
  • 久兵衛新田(和間村→長洲町)
  • 佐々礼(和間村→長洲町)
  • 西大堀(和間村→長洲町)
  • 蜷木(和間村→長洲町)
  • 松崎(和間村→長洲町)
  • 南鶴田新田(和間村→長洲町)
  • 沖須町1丁目~3丁目(1954年、江須賀より独立)
  • 貴船町1丁目~2丁目(1954年、江須賀より独立)
  • 子安町1丁目~4丁目(1954年、江須賀より独立)
  • 住吉町1丁目~3丁目(1954年、江須賀より独立)
  • 上田(駅館村→駅川町)
  • 辛島(駅館村→駅川町)
  • 川部(駅館村→駅川町)
  • 閤(駅館村→駅川町)
  • 芝原(駅館村→駅川町)
  • 畑田(駅館村→駅川町)
  • 法鏡寺(駅館村→駅川町)
  • 上矢部(西馬城村→駅川町)
  • 熊(西馬城村→駅川町)
  • 下矢部(西馬城村→駅川町)
  • 正覚寺(西馬城村→駅川町)
  • 大塚(豊川村→駅川町)
  • 上拝田(豊川村→駅川町)
  • 下拝田(豊川村→駅川町)
  • 中原(豊川村→駅川町)
  • 樋田(豊川村→駅川町)
  • 別府(豊川村→駅川町)
  • 山本(豊川村→駅川町)
院内町
  • 落狩倉(院内村)
  • 景平(院内村)
  • 斎藤(院内村)
  • 定別当(院内村)
  • 大門(院内村)
  • 月俣(院内村)
  • 宮原(院内村)
  • 大副(東院内村)
  • 五名(東院内村)
  • 副(東院内村)
  • 原口(東院内村)
  • 日岳(東院内村)
  • 二日市(東院内村)
  • 御沓(東院内村)
  • 山城(東院内村)
  • 大坪(南院内村)
  • 岡(南院内村)
  • 荻迫(南院内村)
  • 上余(南院内村)
  • 上恵良(南院内村)
  • 上納持(南院内村)
  • 来鉢(南院内村)
  • 栗山(南院内村)
  • 小平(南院内村)
  • 下余(南院内村)
  • 下恵良(南院内村)
  • 滝貞(南院内村)
  • 田所(南院内村)
  • 田平(南院内村)
  • 台(南院内村)
  • 土岩屋(南院内村)
  • 西椎屋(南院内村)
  • 温見(南院内村)
  • 野地(南院内村)
  • 羽馬礼(南院内村)
  • 平原(南院内村)
  • 和田(南院内村)
  • 沖(両川村)
  • 小坂(両川村)
  • 北山(両川村)
  • 櫛野(両川村)
  • 香下(両川村)
  • 新洞(両川村)
  • 広瀬(両川村)
  • 大重見(高並村)
  • 小野川内(高並村)
  • 上船木(高並村)
  • 小稲(高並村)
  • 下船木(高並村)
  • 高並(高並村)
安心院町
  • 折敷田(安心院町)
  • 上市(安心院町)
  • 木裳(安心院町)
  • 下毛(安心院町)
  • 荘(安心院町)
  • 妻垣(安心院町)
  • 戸方(安心院町)
  • 新原(安心院町)
  • 原(安心院町)
  • 飯田(安心院町)
  • 古市(安心院町)
  • 熊(西馬城村)
  • 正覚寺(西馬城村)
  • 平ヶ倉(西馬城村)
  • 田ノ口(竜王村→安心院町)
  • 大仏(竜王村→安心院町)
  • 辻(竜王村→安心院町)
  • 恒松(竜王村→安心院町)
  • 竜王(竜王村→安心院町)
  • 今井(竜王村→深見村)
  • 有徳原(竜王村→深見村)
  • 大(竜王村→深見村)
  • 鳥越(竜王村→深見村)
  • 中山(竜王村→深見村)
  • 西衲(竜王村→深見村)
  • 野山(竜王村→深見村)
  • 森(竜王村→深見村)
  • 筌ノ口(明治村→深見村)
  • 上内河野(明治村→深見村)
  • 川底(明治村→深見村)
  • 境ノ坪(明治村→深見村)
  • 下内河野(明治村→深見村)
  • 新貝(明治村→深見村)
  • 寒水(明治村→深見村)
  • 村部(明治村→深見村)
  • 畳石(明治村→深見村)
  • 番木(明治村→深見村)
  • 平山(明治村→深見村)
  • 広連(明治村→深見村)
  • 福貴野(明治村→深見村)
  • 舟板(明治村→深見村)
  • 仏木(明治村→深見村)
  • 水車(明治村→深見村)
  • 元(明治村→深見村)
  • 矢畑(明治村→深見村)
  • 山ノ口(明治村→深見村)
  • 内川野(佐田村)
  • 大見尾(佐田村)
  • 且尾(佐田村)
  • 久井田(佐田村)
  • 口ノ坪(佐田村)
  • 笹ヶ平(佐田村)
  • 佐田(佐田村)
  • 塔尾(佐田村)
  • 広谷(佐田村)
  • 古川(佐田村)
  • 房ヶ畑(佐田村)
  • 矢崎(佐田村)
  • 矢津(佐田村)
  • 山蔵(佐田村)
  • 板場(津房村)
  • 尾立(津房村)
  • 萱篭(津房村)
  • 川崎(津房村)
  • 五郎丸(津房村)
  • 楢本(津房村)
  • 東恵良(津房村)
  • 東椎屋(津房村)
  • 松本(津房村)
  • 六郎丸(津房村)
  • 若林(津房村)
  • 南畑(南端村)

歴史[編集]

1967年4月1日現在の市域

近代以前[編集]

律令下での行政区分は豊前国宇佐郡(ぶぜんのくに・うさごおり/現在の宇佐市のほぼ全域)。記紀にも、神武天皇が東征の際に宇佐(記紀の表記では菟沙)に立ち寄った際、在地の菟沙津彦・菟沙津比売が歓待したというかたちで登場している。

伝統的に宇佐神宮の勢力が強かったこともあり、大勢力となるような武士は現れなかった。中世には佐田氏・赤尾氏・麻生氏・時枝氏・中島氏ほかの小規模国人が割拠する状態で、この地方を統一するほどの武士は出現していない。宇佐郡代を務めた佐田氏が最大勢力ではあり、宇佐郡衆としてまとまって行動することもあったものの(門司合戦耳川の戦いなど)、基本的にはそれぞれが独立勢力であった。ただ宇佐郡の武士団にとって宇佐神宮への祭祀だけは大事な役目であったようである。

戦国時代になると当初は大内氏の勢力下に置かれ、大内氏滅亡後は大友氏に従った。いずれの勢力も豊前・豊後国境に近い龍王城(現・安心院町龍王)や妙見嶽城を重視し、とくに妙見嶽城には大内方からは杉氏、大友方からは田原親賢といった有力武将が送り込まれた。大友・大内が豊前の覇権を巡って激突する際には、たいてい妙見嶽城が最前線となり、そのたびに宇佐郡衆が妙見嶽城に登っている。島津氏に豊後府内を追われた大友吉統が、最終的には妙見嶽城の田原親盛を頼ってここにたてこもり、その最終防衛線として機能した。もっともこの時点で宇佐郡衆でも大友方に残ったのは佐田氏くらいであり、他は秋月氏や島津氏に内通していた。

安土桃山時代豊臣秀吉による九州征伐によって、宇佐郡もほぼ全体が中津城の黒田氏に与えられた。ただし戦略的要地である妙見嶽城・龍王城とその直接支配地域は蔵入地とされた。のちに龍王城には細川氏が入り、高田城に移った後に破却された。妙見嶽城も大友氏改易と前後して破却されたようである。

江戸時代には天領中津藩領・島原藩領飛び地・宇佐神宮領が混在した。特に四日市地区には天領日田代官所(四日市陣屋)がおかれた他、東西本願寺の別院(真宗大谷派四日市別院〈東別院〉本願寺四日市別院〈西別院〉)がおかれ、一時は「九州御坊」として九州全体を管轄していた。

江戸幕末には豊前四日市陣屋(現在の宇佐市四日市地区)で、佐田秀率いる花山院隊を名乗る部隊が蜂起した。佐田らは四日市陣屋から大砲等を強奪したあと御許山に立て籠もり、長州藩との連携を模索したが、逆にこれを迷惑がった長州藩兵によって急襲・鎮圧された(御許騒動)。

近現代[編集]

西南戦争時には隣接する中津市で蜂起した中津隊(西郷軍)の影響で大規模な一揆が発生している。廃藩置県後の所属県は(1)中津県(旧中津藩領と統合)→(2)小倉県(北九州の小倉県に旧豊前一帯が編入)→(3)大分県(旧中津県を分離し旧豊後一帯の大分県に編入)、の順に変化し現在に至る。

現在も使われている日出生台演習場への弾薬輸送基地として、かつては国鉄(現JR)豊前善光寺駅から旧宇佐郡院内町方面へ豊州鉄道が走っていた。廃線後も駅館川(やっかんがわ)鉄橋の橋脚などが残っていたが、現在は撤去されている。太平洋戦争中は平野部に宇佐海軍航空隊が設置され、戦争末期には一大特攻基地となる。このため米軍のB-29や戦闘機による空襲を受けた。

行政区域の変遷[編集]

行政[編集]

  • 歴代市長

国の行政機関[編集]

県の行政機関[編集]

  • 北部振興局
  • 宇佐土木事務所

警察[編集]

  • 宇佐警察署
    • 交番
      • 四日市交番 - 大字四日市
      • 長洲交番 - 大字長洲
    • 駐在所
      • 糸口警察官駐在所 - 大字下時枝
      • 天津警察官駐在所 - 大字下敷田
      • 長峰警察官駐在所 - 大字大根川
      • 宇佐警察官駐在所 - 大字南宇佐
      • 岩崎警察官駐在所 - 大字岩崎
      • 院内警察官駐在所 - 院内町原口
      • 両川警察官駐在所 - 院内町櫛野
      • 安心院警察官駐在所 - 安心院町下毛
      • 津房警察官駐在所 - 安心院町六郎丸

経済[編集]

宇佐市に本社を置く主要企業[編集]

地域[編集]

人口[編集]

Demography44211.svg
宇佐市と全国の年齢別人口分布(2005年) 宇佐市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 宇佐市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
宇佐市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 71,020人
1975年 67,777人
1980年 67,811人
1985年 67,960人
1990年 65,541人
1995年 63,819人
2000年 62,349人
2005年 60,809人
2010年 59,015人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

高等学校[編集]

公立
私立

中学校[編集]

市立
  • 北部中学校
  • 西部中学校
  • 長洲中学校
  • 宇佐中学校
  • 駅川中学校
  • 安心院中学校
  • 院内中学校

小学校[編集]

市立
  • 天津小学校
  • 長峰小学校
  • 横山小学校
  • 糸口小学校
  • 高家小学校
  • 八幡小学校
  • 四日市北小学校
  • 柳ケ浦小学校
  • 長洲小学校
  • 和間小学校
  • 封戸小学校
  • 北馬城小学校
  • 宇佐小学校
  • 西馬城小学校
  • 駅館小学校
  • 豊川小学校
  • 四日市南小学校
  • 深見小学校
    • 福貴野分校
  • 安心院小学校
  • 津房小学校
  • 佐田小学校
  • 南院内小学校
    • 羽馬礼分校
  • 院内中部小学校
    • 上院内分校
  • 院内北部小学校

交通[編集]

空港[編集]

最寄の空港は大分県国東市にある大分空港

鉄道路線[編集]

宇佐駅

市内に6駅があり、柳ケ浦駅宇佐駅の2駅に特急列車が停車する。JTB時刻表では宇佐駅を中心駅としているが、宇佐市役所など官公庁へは柳ケ浦駅のほうが近い。

宇佐市は旧豊前国の最南端で、豊後国との境界に位置する交通の要所であるため、普通列車の運行形態もここで分割される。

本数は北九州・中津の影響が強い地域であるため、小倉方面には日中の時間帯では1時間に1本運転されており、2009年3月のダイヤ改正により日中における中津 - 宇佐間のワンマン運転が始まった。朝の時間帯は柳ケ浦駅から小倉・門司港駅方面に多くの列車が始発設定されている。なお、大分方面は本数こそ多くないものの、2009年3月14日のダイヤ改正で大分方面の普通列車が増発されたことから、1 - 2時間に1本程度の運行が確保されている。

廃止路線[編集]

バス[編集]

高速バス・特急バス[編集]

一般路線バス[編集]

コミュニティバス

道路[編集]

東九州自動車道豊前IC - 宇佐IC間は2015年3月1日に開通した[1]福岡県京築地方から中津市を経由して宇佐別府道路と直結している。

高速道路・自動車専用道路[編集]

高速自動車国道
高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路
その他の自動車専用道路

一般国道[編集]

県道[編集]

主要地方道

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

行事・伝統芸能[編集]

  • 夏場には宇佐神宮で「夏越大祭」(なごしたいさい)、長洲地区では「みなとまつり」、四日市地区で「よさこいそうちこ七夕祭り」が開催。宇佐神宮ではほかにも放生会など種々行事があるが、それらについては宇佐神宮の項目を参照。秋には四日市地区で「おとりこし」「天神祭」「こんこんちきりん」という祭それぞれ開催される。新年には駅川(えきせん)地区にある鷹栖観音にて「鬼会」(おにえ)が行われる。
  • 全市的に行われる行事としては、伝統的な盆踊り「まっかせ踊り」と正月に行われるどんど焼き、4月21日には大師講由来の行事「おせったい」がある。またまっかせ踊りについては、各地区の代表者たちが競演する「まっかせ大会」も開催されていたが、現在では中止されている。
    • 「まっかせ踊り」とは、「まっかせ」「れそ」「七つ拍子」「蹴出し」「浦辺の唐芋」「三つ拍子」「二つ拍子」「大津絵」などといった踊りからなる盆踊りである。これらすべてを踊るわけではなく、「まっかせ」と「れそ」を中心にして、あとは地区によって「浦辺の唐芋」を踊ったり、「蹴出し」や「大津絵」を踊ったりする。旧安心院町および旧院内町では、古い盆行事である「庭入り」が伝承されている。これは、全国的にも大分県と熊本県にしか見られないものである。庭入りを行なう地域は踊りの種類も多く、安心院町では7~8種類ほど踊るようである。
  • 麻生(あそう)地区には「麻生神楽」(あそうかぐら)、院内町日岳(ひのたけ)地区には「日岳神楽」(ひのたけかぐら)という神楽が伝えられている。

施設・史跡[編集]

大分県立歴史博物館
  • 古代の遺跡が数多い。特に東上田古墳群は歴史公園・「宇佐風土記の丘」として整備され、敷地内には「大分県立歴史博物館」が設置されている。また風土記の丘に隣接して総合運動公園が整備されており、屋内武道場、総合グラウンド(陸上競技・各種球技)、相撲場(屋根・各種設備つき)、アスレチック遊具場があり、相撲場では毎年、全国高等学校選抜相撲大会が開催される。
  • 宇佐海軍航空隊の名残として、現在も航空隊の掩体壕跡・司令部跡・訓練標的跡などが残っており、戦跡として保存・整備されている。また駅館川周辺には横穴式の防空壕が多数残っている。
  • 在地武士の居城であった「光岡城址」や、当地出身の大横綱・「双葉山生家」なども観光用に整備されている。
  • 宇佐神宮:全国四万といわれる八幡宮の総本社。
  • 四日市別院:九州における浄土真宗の中核寺院で、かつては「九州御坊」として九州内の全真宗寺院を統括していた。現在は、真宗大谷派浄土真宗本願寺派それぞれの別院がある。
  • 大楽寺:木造弥勒仏及両脇侍像、木造四天王像は重要文化財である。
  • 龍岩寺:阿弥陀如来坐像、薬師如来坐像、不動明王坐像の三尊像、奥の院礼堂は重要文化財である。

産物など[編集]

  • 代表的な地元銘菓として、宇佐地区の「宇佐飴」がある。ほかに産物として、麦焼酎いいちこ」が全国的に有名な三和酒類が駅川地区の山中に存在し、全国に出荷される「いいちこ」がすべてここで製造されている。

その他[編集]

  • 九州自然動物公園アフリカンサファリ:旧安心院町にあるサファリパーク。九州最大級の規模を誇る。
  • 四日市地区にある大乗院(寺院)には「鬼のミイラ」が保管されており、オカルト関係の書籍などでしばしば取り上げられている。ミイラの正体は巨人症の女性といわれている。
  • アメリカ合衆国では、宇佐に関して、「戦後、米国では『Made in Japan』の製品は低品質というイメージがあったため、日本のある町が『Made in USA』を名乗ることができるようにUsaと改名した。」という都市伝説がある。ただし、これは現存する宇佐から思いついた冗談であろうとされる[2]
  • 神輿の発祥の地であり、から揚げの専門店の発祥の地でもある。

百選[編集]

宇佐市出身の著名人・有名人[編集]

郵便番号[編集]

  • 四日市郵便局:879-04xx
  • 長洲郵便局:872-00xx, 872-8xxx
  • 宇佐郵便局:872-01xx
  • 安心院郵便局:872-05xx, 872-06xx, 872-07xx, 872-08xx, 872-03xx, 872-04xx
  • 今津郵便局中津市):879-01xx
  • 長峰郵便局:879-02xx
  • 乙女郵便局:879-03xx
  • 麻生郵便局:879-05xx
  • 北馬城郵便局:879-11xx

脚注[編集]

外部リンク[編集]