四日市郵便局 (大分県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Postal Mark w (Japan).svg 四日市郵便局
Oita yokkaichi post-office 72017.jpg
基本情報
正式名称 四日市郵便局
前身 四日市郵便取扱所
局番号 72017
設置者 日本郵便株式会社
所在地 879-0499
大分県宇佐市葛原780-3
位置 北緯33度32分7.8秒 東経131度19分46.4秒 / 北緯33.535500度 東経131.329556度 / 33.535500; 131.329556座標: 北緯33度32分7.8秒 東経131度19分46.4秒 / 北緯33.535500度 東経131.329556度 / 33.535500; 131.329556
貯金
店名 ゆうちょ銀行 代理店
保険
店名 かんぽ生命保険 代理店
特記事項
ATMホリデーサービス実施
テンプレートを表示

四日市郵便局(よっかいちゆうびんきょく)は大分県宇佐市にある郵便局民営化前の分類では集配特定郵便局であった。

概要[編集]

住所:〒879-0499 大分県宇佐市葛原780-3

民営化直前の集配業務再編において、多くの集配特定郵便局は配達センターとなったが、当局は地域郵便輸送の拠点として統括センターとされたため、民営化に際し郵便事業株式会社の支店が併設された。

宇佐市内には、民営化前に集配普通郵便局であった長洲郵便局があるが、こちらは郵便事業会社の支店ではなく集配センターの併設となっていた。通常とは逆のパターンである「旧普通局であった集配センター併設局」と「旧特定局であった直営支店併設局」の両方が同一市内に存在した、全国で唯一のケースである。

その後、郵便事業株式会社と郵便局株式会社の統合による日本郵便株式会社発足に伴い、どちらの郵便事業株式会社の施設もそれぞれ元の郵便局と統合されている。

沿革[編集]

  • 1872年3月9日明治5年2月1日) - 四日市郵便取扱所として開設[1]
  • 1875年(明治8年)1月1日 - 四日市郵便局となる。
  • 1880年(明治13年) - 為替取扱を開始。
  • 1882年(明治15年) - 貯金取扱を開始。
  • 1896年(明治29年)12月16日 - 四日市郵便電信局となる。
  • 1903年(明治36年)4月1日 - 通信官署官制の施行に伴い四日市郵便局となる。
  • 1953年昭和28年)12月1日 - 電話通話事務を除く電気通信業務の取扱を四日市電報電話局に移管[2]
  • 1956年(昭和31年)9月17日 - 和文電報受付事務の取扱を開始。
  • 1982年(昭和57年)11月22日 - 宇佐市四日市から同市葛原に移転。
  • 2007年平成19年)10月1日 - 民営化に伴い、併設された郵便事業宇佐四日市支店に一部業務を移管。
  • 2012年(平成24年)10月1日 - 日本郵便株式会社の発足に伴い、郵便事業宇佐四日市支店を四日市郵便局に統合。

取扱内容[編集]

周辺[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山口修監修 『全国郵便局沿革録 明治編』 日本郵趣出版 1980年12月28日発行
  2. ^ 昭和28年郵政省告示第1592号(昭和28年12月9日付官報第8080号掲載)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]