豪族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

豪族(ごうぞく)とは、国家諸侯などの広域政権の領域の内部に存在し、ある地方において多くの土地や財産や私兵を持ち一定の地域的支配権を持つ一族のこと。地域的支配権の源泉は自分自身の所有する財産武力であり、広域政権の権威を権力の源泉とする地方官は豪族とは呼ばれない。ただし地方官と豪族は排他的なカテゴリーではなく、同一人物が双方を兼ねたり、カテゴリー間を移行したりするケースは多くある。広域政権側が政権安定のために豪族層の政権内への取り込みを行ったり、逆に広域政権の支配力が弱まると地方官が豪族化することがあるからである。

日本史の用語[編集]

豪族という単語は本来は普通に使われた漢語であり、江戸時代でも当時の地方の名士を兼ねた豪農などを豪族と呼ぶことがあった。しかし日本の歴史学界では本来の意味とは別に、古墳時代大和時代頃までの地方の首長層、在地勢力を豪族と呼ぶ(例えば葛城氏物部氏蘇我氏磯城氏安曇氏多治比氏息長氏県犬養氏橘氏吉備氏紀氏巨勢氏平群氏多氏毛野氏阿部氏和邇氏春日氏十市氏膳氏和気氏越智氏中臣氏大中臣氏大伴氏穂積氏佐伯氏宇佐氏尾張氏曾禰氏倭氏大倭氏出雲氏忌部氏三輪氏賀茂氏東漢氏秦氏百済氏土師氏その他)。ただしこれは厳密に定義されたものではなく、慣用的なものである。

これら豪族については、館・集落や祭礼施設など堀に囲まれた豪族居館跡が発掘されている(三ッ寺遺跡など)。大和朝廷は大王(おおきみ)を推戴する豪族、特に大和の中央豪族たちによる連合政権というべきものであり、大王位の継承を巡る争いは豪族たちの軍事力によって行われ、豪族たちの向背が帰趨を制した。その後律令制度の導入により朝廷の任命する官僚による地方統治と中央豪族の宮廷貴族化が計られるとともに、豪族のある者は政権の中枢を担う貴族となり、またある者は中央の官衙機構を担う中・下級の実務系の官人となり、また地方の首長層であった豪族たちの多くは郡司層に姿を変えてゆき、中央から派遣される官僚である国司の監督下で地方統治を行った。こうして歴史的用語としての豪族の語は歴史記述の表舞台からは姿を消す。律令制下における国司による地方統治は、民衆に対して古来の首長権の権威をもって臨む郡司層との協力関係に依存するものであったが、次第にこの権威は平安時代初期の社会変動とともに衰え、同時にそれに依存していた律令制の地方支配体制もほころびていく。

代わって在地社会の民衆を直接把握して支配下に置いたのは、元郡司層や土着国司子弟などから成長し、田堵負名の資格で大規模な農地経営を行うようになっていった富豪の輩、有力百姓階層であり、彼らを現地赴任国司の筆頭者たる受領が支配するようになっていく。この地方統治構造の変化と共に登場した武士は、その初期の一部において、例えば平将門などのように豪族的な性格を持つものであるが、古代史と同様な意味合いでの豪族としては扱われない。

豪族を、「勢力のある一族」「有力な一族」という意味での一般的な使用(例えば「南北朝時代の○○国△△郡の豪族」というような使用)では、豪族という形容は、その後の時代の地頭悪党国人出自などの領主クラスの大名分の武家に対してしばしば使用され、戦国時代安土桃山時代まで豪族という形容をすることがある。これは豪族という単語の本来の言葉の意味に準拠した用法ではあるが、日本史学界の慣例からは逸脱した用法である。

関連項目[編集]