倭国造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
倭国造
No image available.svg
本姓 倭氏
家祖 珍彦(宇豆毘古)
種別 神別地祇
出身地 吉備国速吸門:古事記)?
豊国速吸門:日本書紀)?
主な根拠地 吉備国?
豊国?
穴磯邑大市長岡岬?
大和国城下郡大和郷?
著名な人物 倭吾子籠(伝説上の人物?)
倭手彦
大和長岡
凡例 / Category:日本の氏族

倭国造(やまとのくにのみやつこ・やまとこくぞう)は、後世の大倭国(大和国)中央部にあたる領域を支配した国造大倭国造大和国造を称したともいわれるが不詳。

概要[編集]

祖先[編集]

珍彦(うづひこ)(宇豆毘古)。後の槁根津彦(古事記)、椎根津彦日本書紀)。イワレビコ(神武天皇)が吉備国の高嶋宮を出発した後、吉備国速吸門で出会い、水先案内や献策などを行った。神武東征の功により、神武天皇2年に初めて倭国造に任じられたという。

氏族[編集]

倭氏(やまと — )。国名の変遷とともに氏族名も変わった(大倭・大養徳・大和など)。姓はだが、天武天皇10年(681年)に倭竜麻呂姓に、12年に一族が連に、14年に忌寸姓に、さらに奈良時代には大和長岡と水守が宿禰に昇格した。

なお、和氏は百済の国王・武寧王の子孫なので、別系統である。

本拠[編集]

「倭田」・「和田」と呼ばれる[1]吉備国?。豊国?。穴磯邑大市長岡岬(大和神社旧社地)?。大和国城下郡大和郷、現在の奈良県天理市?。6-7世紀には磯城・十市地方(奈良盆地東部)も支配していたという。

氏神[編集]

大和坐大国魂神社(やまとにますおおくにたまじんじゃ)。つまり、大和神社。あるいは、大和大国魂神社。斎主だった皇女渟名城入姫は、髪が落ち体は痩せて祭祀を続けることができなくなり、崇神天皇7年(紀元前91年)に倭迹迹日百襲媛命が夢で「市磯長尾市をもって、倭大国魂神を祭る主とせば、必ず天下太平ぎなむ」との神託を受け、垂仁朝に市磯長尾市倭大国魂神を祭って創建された。

子孫[編集]

  • 倭吾子籠(あごこ) - 古墳時代の伝説上の人物。仁徳朝から雄略朝の国造。皇位継承争いに絡んで履中天皇に殺されかけたが、妹の日之媛釆女として献上したことによって助命された。以後、倭氏は大王家に釆女を献上することが恒例になった。
  • 倭手彦(てひこ) - 古墳時代の将軍。欽明朝の国造。対新羅戦で活躍した。
  • 大倭五百足 - 大倭竜麻呂の子とする系図がある(鈴木真年『百家系図稿』巻21)。大倭國造・氏上、刑部少輔。
  • 大和長岡 - 奈良時代の法律家。大倭五百足(いおたり)の子。『養老律令』撰定に関与した。初名は大倭忌寸小東人。のち大倭宿禰、大養徳宿禰、再び大倭宿禰を経て、大和宿禰長岡。刑部少輔、民部大輔兼坤宮大忠、摂津亮・三河守・河内守、西海道巡察使次官、左京大夫。大和國造、正四位下。刪定律令編纂。
  • 大和舘子 - 仁明朝の掌侍。朝臣姓を賜う。のち典侍・従四位上。

脚注[編集]

  1. ^ これについて武光誠は、「わだ」は海をあらわす古代語「わだつみ」からきたものだと説明している。武光(1999年)p.29

関連項目[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]