乙瀬氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
乙瀬氏
家紋
本姓 乙瀬朝臣
家祖 粟田臣乙瀬
種別 皇別
出身地 近江国
主な根拠地 近江国坂田郡
和泉国大鳥郡
阿波国板野郡
周防国玖珂郡
ほか
支流、分家 (乙瀬家)(おとぜ)
(乙瀬家)(おつせ)
その他
凡例 / Category:日本の氏族

乙瀬氏(おとせうじ)は、「乙瀬」をの名とする氏族粟田氏の流れを汲む氏族。始祖は天足彦国押人命(孝昭天皇)の第1皇子

概要[編集]

乙瀬氏の始まりは近江国坂田郡人粟田臣乙瀬が徳島県鳴門市瀬戸町明神弐軒家に移り住んだのが起源とされている。

孝昭天皇皇子である天足彦国押人命(あめのおしたらしひこのみこと)を祖とする和珥氏の枝氏である。 和珥氏春日氏粟田氏乙瀬氏

ははじめはであったが、天平神護元年(七六五)三月癸巳朝臣に列せられた。

安土桃山時代から 赤松氏 に仕えていた。

徳島県板野郡藍住町乙瀬は江戸時代から記録のある地名。
山口県岩国市小瀬乙瀬という地名もある。

子孫は大阪府堺市中区に乙瀬家(おつせ)、徳島県鳴門市に乙瀬家(おとぜ)が居るとされる。

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の乙瀬領は以下の通り。(3村・2325石余)

  • 阿波国板東郡のうち - 3村
    • 乙瀬村 - 294石1斗1升3合0勺
    • 奥野村 - 1123石4斗3升9合0勺
    • 大寺村 - 908石5斗2升4合0勺

脚注[編集]

1. 『続日本紀』巻第二十六、称徳天皇 天平神護元年3月2日条

関連項目[編集]