多氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
多氏
O-jinja, haiden.jpg
氏神とされる多坐弥志理都比古神社
奈良県田原本町
氏姓朝臣
始祖 神八井耳命
(初代神武天皇皇子
種別 皇別
本貫 九州
大和国十市郡飫富郷
後裔 意富臣
小子部連
坂合部連
火君
大分君
阿蘇君
筑紫三家連
雀部臣
雀部造
小長谷造
都祁直
伊余國造
石城国造
椋橋宿禰
科野国造
道奧石城國造
常道仲國造
長狹國造
伊勢船木直
尾張丹波臣
嶋田臣
太朝臣
金刺氏社家
他田氏武家) など多数
凡例 / Category:氏

多氏(おおし/おおうじ)は、「多」をの名とする氏族

日本最古の皇別氏族とされる。「太」「大」「意富」「飯富」「於保」とも記され、九州畿内に系譜を伝える。

概要[編集]

皇別氏族屈指の古族であり、神武天皇の子の神八井耳命の後裔とされる。

古事記』によると古族多氏の子孫は、多朝臣、意富臣、小子部連、坂合部連など中央豪族で繁栄した系統、火君(火国造)、大分君(大分国造)、阿蘇君阿蘇国造)、筑紫三家連、雀部臣、雀部造、小長谷造、伊余國造など九州を中心に繁栄した系統、科野国造道奧石城國造常道仲國造長狭国造、伊勢船木直、尾張丹波臣(丹羽県主)、嶋田臣など東国に繁栄した系統があり、国造県主になっている例も多い。

多氏のうち、畿内の本流一族は大和国十市郡飫富郷に住み、支流の都祁直は同国山辺郡都祁郷に勢力を持った。

地方に繁栄した多氏の後裔で有名なものに、西国の系統では阿蘇国造の後裔、阿蘇神社神主家の阿蘇氏がある。阿蘇氏の祖は一般に神八井耳命の子とされる健磐龍命で、『日本書紀』では景行天皇の親征に「阿蘇都彦」として登場する。さらに子孫は阿蘇氏となったが、その本流はのちに断絶し、傍流の宇治部公菟道稚郎子皇子の子代部に由来。のちに宇治宿禰を賜姓。)が継承したため、現在の阿蘇氏は宇治部公の系統である。健磐龍命とは兄弟ともされる神八井耳命の6世孫・建諸組命が火国造、その第2子建弥阿久良命が大分国造、建諸組命の弟建川邊命の孫、建後上命が伊余国造を賜ったとされ、さらに系図によれば龍造寺氏がこの後裔であるという。

東国の系統では神八井耳命の4世孫である武五百建命科野国造に任じられ、七世の孫の金弓君は欽明天皇に仕え金刺舎人の姓を賜り、八世孫の目古君は敏達天皇に仕え他田舎人の姓を賜った。この一族は諏訪在地の建御名方神の後裔である洲羽君洲羽国造神氏)と通婚を深めており、これによって子孫はそれぞれ諏訪大神大祝、諏訪評督伊那郡主帳などを世襲し諏訪氏金刺氏諏訪神党の祖先となったという。

科野国造とは別に、武五百建命の兄で多氏本宗の武恵賀前命からも東国方面において活発に後裔氏族を輩出されている。武恵賀前命の子・建黒坂命は石城国造に、その兄弟である建借馬命は仲国造にそれぞれ任じられており、建借馬命からは更に長狭国造印波国造、伊勢船木直、丹羽県主、嶋田臣などが輩出された。

九州方面に大族が多く存在した理由については、神武天皇が本拠地を近畿地方に移したのち、元の本拠であった九州を神八井耳命に与え、その子孫が各地で繁栄したためとする説がある[1]。一方、阿蘇氏等に関しては出自に対する疑問が大きく、本来は火国造や大分国造、伊予国造らと共に九州在地の宇佐国造と同族であって、『記紀』編纂時までに多氏と同族化したものと見る説もある[2][3]

諸説[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 太田亮『日本古代史新研究』磯部甲陽堂、1928年。
  2. ^ 多氏族概観」『古樹紀之房間』、2006年。
  3. ^ 宝賀寿男村崎真智子氏論考「異本阿蘇氏系図試論」等を読む-併せて阿蘇氏系図を論ず-」『古樹紀之房間』、2006年。
  4. ^ 太田亮『姓氏家系大辞典』(角川書店 1963年
  5. ^ 『姓氏家系大辞典』では丹羽氏が良岑姓であることを仮冒とし、多氏の一族尾張丹羽臣の後裔と述べている。

関連項目[編集]