宇佐郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大分県宇佐郡の位置(水色:後に他郡から編入した区域)

宇佐郡(うさぐん)は、大分県豊前国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

歴史[編集]

古代[編集]

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
宇佐郡 3座(並大)
八幡大菩薩宇佐宮 名神大 宇佐神宮 大分県宇佐市南宇佐 豊前国一宮 [1]
比売神社 ヒメカミ 名神大 [2]
大帯姫廟神社 オホタラシヒメノ- 名神大 [3]
凡例を表示

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 西国筋郡代[1] 59村 平ヶ倉村、斎藤村、宮原村、景平村、別府村、樋田村、五名村、日岳村、原口村、山城村、月俣村、大門村、定別当村、吉松村、東今井村、中原村、葛原村、法鏡寺村、四日市村、上麻生村、畑田村、川部村、江島村、中須賀村、神子山新田、沖須村、住江村、郡中新田、高砂新田、順風新田、上乙女村、下乙女村、乙女新田、閤村、辛島村、下麻生村、山口村、上田村、田所村、野地村、温見村、中麻生村、下高家村、浜高家新田、芝原村、岩保新田、南鶴田新田、北鶴田新田、房ヶ畑村、正覚寺村、久兵衛新田、城村、石田村、今成村、木内村、森山村、東高家村、西高家村、上高家村
旗本領[2] 13村 木部村、猿渡村、黒村、中村、下元重村、上元重村、西山下村、上時枝村、下時枝村、末村、山袋村、東荒木村、西荒木村
藩領 豊前中津藩 128村 南毛村、衲屋敷村、有徳原村、矢上村、上畑村、広連村、水車村、畳石村、山ノ口村、福貴野村、寒水村、元村、下内河野村、上内河野村、今井村、森村、野山村、筌ノ口村、萱籠村、東椎屋村、若林村、板場村、川崎村、六郎丸村、尾立村、五郎丸村、妻垣村、大口田村、松本村、庄村、上楢本村、戸方村、下楢本村、東恵良村、塔尾村、口ノ坪村、広谷村、笹ヶ平村、古川村、矢津村、大見尾村、落ヶ倉村、二日市村、櫛野村、上敷田村、南敷田村、副村、大副村、上副村、下副村、御沓村、西今井村、大根川村、佐野村、今仁村、清水村、香下村、荻迫村、台村、土岩屋村、田平村、来鉢村、和田村、羽馬礼村、上恵良村、下恵良村[3]、西椎屋村、大塚村、広瀬村、小坂村、新洞村、沖村、北山村、東山下村、下高村、尾永井村、平原村、上納持村、下余村、大坪村、岡村、栗山村、上余村、滝貞村、小平村、上高村、山本村、船板村、新貝村、平山村、番木村、村部村、仏木村、境坪村、川底村、灘村、岳ノ首村、高並村、下舟木村、上舟木村、小稲村、大重見村、小野川内村、笠松村、上赤尾村、中赤尾村、下赤尾村、中敷田村、下敷田村、飯田村、原村、上矢部村、大仏村、垣松村、下矢部村、富山村、宮熊村、下庄村、上庄村、田ノ口村、辻村、大村、西光寺村、上拝田村、下拝田村、上市村、古市村、折敷田村、下市村
肥前島原藩 39村 金屋村、長洲村、高森村、西大堀村、蜷木村、松崎村、佐々礼村、水崎村、東大堀村、青森村、横田村、苅宇田村、立石村、西木村、江熊村、両戒村、山村、西屋敷村、金丸村、出光村、岩崎村、和気村、橋津村、日足村、北宇佐村、山蔵村、房ヶ畑村、内川野村、佐田村、且尾村、矢崎村、久井田村、熊村、木裳村、竜王村、鳥越村、新原村[4]、中山村、小向野村
その他 宇佐神宮[5] 1村 南宇佐村
  • 慶応4年
  • 明治2年(1869年)7月 - 宇佐神宮領が日田県の管轄となる。
  • 明治3年(1870年)1月 - 幕府領の一部(城村・石田村・今成村・木内村・森山村・東高家村・西高家村・上高家村)が対馬厳原藩領となる。
  • 明治4年
  • 明治9年(1876年
  • 明治初年 - 房ヶ畑村(幕府領)が房ヶ畑村(島原藩領)を合併。(239村)
  • 明治11年(1878年11月1日 - 郡区町村編制法の大分県での施行により、行政区画としての宇佐郡が発足。郡役所が四日市町に設置。
  • 明治17年 - 明治22年までの間に以下の各村の統合が行われる。(222村)
    • 城井村 ← 東今井村、西今井村、城村
    • 山下村 ← 西山下村、東山下村
    • 麻生村 ← 上麻生村、下麻生村、中麻生村
    • 江須賀村 ← 江島村、中須賀村、沖須村
    • 荒木村 ← 東荒木村、西荒木村
    • 下毛村 ← 南毛村、下市村
    • 西衲村 ← 衲屋敷村、西光寺村
    • 矢畑村 ← 矢上村、上畑村
    • 楢本村 ← 上楢本村、下楢本村
    • 副村 ← 上副村、下副村
    • 赤尾村 ← 笠松村、上赤尾村、中赤尾村、下赤尾村
    • 大口田村が妻垣村に合併。

町村制以降の沿革[編集]

1.天津村 2.長峰村 3.横山村 4.麻生村 5.糸口村 6.高家村 7.八幡村 8.柳ヶ浦村 9.長洲村 10.和間村 11.封戸村 12.北馬城村 13.宇佐町 14.西馬城村 15.駅館村 16.四日市村 17.豊川村 18.両川村 19.高並村 20.東院内村 21.院内村 22.南院内村 23.明治村 24.竜王村 25.安心院村 26.津房村 27.佐田村(紫:豊後高田市 赤:宇佐市)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。特記以外は全域が現・宇佐市。(1町26村)
    • 天津村 ← 下敷田村、上庄村、下庄村、宮熊村、上敷田村、中敷田村、富山村、南敷田村
    • 長峰村 ← 大根川村、佐野村、木部村、清水村、今仁村、赤尾村
    • 横山村 ← 上元重村、木内村、今成村、中村、山袋村、黒村、山下村、下元重村、末村
    • 麻生村 ← 麻生村、山口村、灘村、岳ノ首村
    • 糸口村 ← 上時枝村、猿渡村、下時枝村、上高村、下高村
    • 高家村 ← 東高家村、西高家村、上高家村、下高家村、浜高家新田
    • 八幡村 ← 下乙女村、乙女新田、上乙女村、尾永井村、森山村、荒木村
    • 柳ヶ浦村 ← 江須賀村、住江村、神子山新田、順風新田、高砂新田、郡中新田
    • 長洲村 ← 長洲村、金屋村
    • 和間村 ← 松崎村、佐々礼村、西大堀村、蜷木村、久兵衛新田、岩保新田、南鶴田新田、北鶴田新田
    • 封戸村 ← 青森村、東大堀村、横田村、苅宇田村、立石村、西木村(現・宇佐市)、水崎村(現・豊後高田市)
    • 北馬城村 ← 岩崎村、西屋敷村、金丸村、江熊村、両戒村、出光村、山村、和気村、橋津村、日足村
    • 宇佐町 ← 南宇佐村、北宇佐村、高森村、小向野村
    • 西馬城村 ← 上矢部村、下矢部村、正覚寺村、平ヶ倉村、熊村
    • 駅館村 ← 上田村、芝原村、畑田村、閤村、川部村、辛島村、法鏡寺村
    • 四日市村 ← 四日市村、城井村、吉松村、石田村、葛原村
    • 豊川村 ← 中原村、樋田村、別府村、大塚村、山本村、上拝田村、下拝田村
    • 両川村 ← 香下村、北山村、沖村、広瀬村、小坂村、新洞村、櫛野村
    • 高並村 ← 小稲村、高並村、下舟木村、上舟木村、大重見村、小野川内村
    • 東院内村 ← 副村、二日市村、大副村、御沓村、山城村、原口村、五名村、日岳村
    • 院内村 ← 景平村、落ヶ倉村、斎藤村、宮原村、大門村、月俣村、定別当村
    • 南院内村 ← 下恵良村、田所村、野地村、温見村、上恵良村、西椎屋村、来鉢村、和田村、羽馬礼村、田平村、台村、土岩屋村、荻迫村、平原村、大坪村、下余村、上納持村、上余村、栗山村、岡村、小平村、滝貞村
    • 明治村 ← 上内河野村、福貴野村、寒水村、元村、山ノ口村、畳石村、水車村、広連村、矢畑村、下内河野村、筌ノ口村、番木村、仏木村、村部村、境坪村、川底村、新貝村、船板村、平山村
    • 竜王村 ← 竜王村、今井村、大村、有徳原村、西衲村、野山村、森村、鳥越村、中山村、田ノ口村、辻村、恒松村、大仏村
    • 安心院村 ← 木裳村、妻垣村、古市村、上市村、折敷田村、下毛村、原村、飯田村、新原村、庄村、戸方村
    • 津房村 ← 六郎丸村、楢本村、東恵良村、尾立村、川崎村、板場村、松本村、萱籠村、東椎屋村、若林村、五郎丸村
    • 佐田村 ← 佐田村、塔尾村、大見尾村、矢津村、広谷村、口ノ坪村、笹ヶ平村、古川村、内川野村、山蔵村、房ヶ畑村、且尾村、矢崎村、久井田村
  • 明治24年(1891年
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和10年(1935年)時点での当郡の面積は437.74平方km、人口は76,381人(男37,011人・女39,370人)[6]
  • 昭和13年(1938年10月1日 - 安心院村が町制施行して安心院町となる。(4町23村)
  • 昭和15年(1940年)7月1日 - 柳ヶ浦村が町制施行して柳ヶ浦町となる。(5町22村)
  • 昭和17年(1942年)7月1日 - 「宇佐地方事務所」が四日市町に設置され、本郡を管轄。
  • 昭和26年(1951年)4月1日
    • 龍王村の一部(恒松・龍王・田ノ口・大仏・辻)が安心院町に編入。
    • 明治村・龍王村の残部が合併して深見村が発足。(5町21村)
  • 昭和29年(1954年3月31日
    • 駅館村・豊川村・西馬城村が合併して駅川村が発足。(5町19村)
    • 四日市町・横山村・麻生村・高家村・八幡村・天津村・長峰村・糸口村が合併し、改めて四日市町が発足。(5町12村)
  • 昭和30年(1955年
    • 1月1日(5町5村)
      • 南院内村・院内村・東院内村・高並村・両川村が合併し、改めて院内村が発足。
      • 深見村・津房村・佐田村・安心院町・駅川村の一部(平ヶ倉および熊・正覚寺の各一部)が合併し、改めて安心院町が発足。
    • 3月31日(4町2村)
      • 柳ヶ浦町・長洲町・和間村が合併し、改めて長洲町が発足。
      • 封戸村の一部(水崎)が豊後高田市に編入。
      • 宇佐町・北馬城村および封戸村の残部が合併し、改めて宇佐町が発足。
    • 8月1日 - 駅川村が町制施行して駅川町となる。(5町1村)
  • 昭和35年(1960年)10月1日 - 院内村が町制施行して院内町となる。(6町)
  • 昭和42年(1967年)4月1日 - 駅川町・四日市町・長洲町・宇佐町が合併して宇佐市が発足。(2町)
  • 平成17年(2005年)3月31日 - 院内町・安心院町が宇佐市と合併し、改めて宇佐市が発足。同日宇佐郡消滅。

変遷表[編集]

自治体の変遷
明治22年以前 明治22年4月1日 明治22年 - 昭和19年 昭和20年 - 昭和29年 昭和30年 - 昭和63年 平成元年 - 現在 現在
封戸村 封戸村 封戸村 昭和30年3月31日
(水崎)
豊後高田市に編入
豊後高田市
昭和30年3月31日
(青森・東大堀・横田
苅宇田・立石・西木)
宇佐町
昭和42年4月1日
宇佐市
平成17年3月31日
宇佐市
宇佐市
宇佐町 宇佐町 宇佐町 昭和30年3月31日
宇佐町
北馬城村 北馬城村 北馬城村
四日市村 明治24年11月2日
町制
昭和29年3月31日
四日市町
四日市町
天津村 天津村
長峰村 長峰村
横山村 横山村
麻生村 麻生村
糸口村 糸口村
高家村 高家村
八幡村 八幡村
長洲村 明治24年5月24日
町制
長洲町 昭和30年3月31日
長洲町
柳ヶ浦村 昭和15年7月1日
町制
柳ヶ浦町
和間村 和間村 和間村
駅館村 駅館村 昭和29年3月31日
駅川村
昭和30年8月1日
町制 駅川町
豊川村 豊川村

西馬城村 西馬城村

昭和30年1月1日
安心院町
佐田村 佐田村 佐田村
安心院村 昭和13年10月1日
町制
安心院町
龍王村 龍王村 昭和26年4月1日
(龍王・恒松・田ノ口
大仏・辻)
安心院町に編入
昭和26年4月1日
(今井・大・有徳原
野山・森・鳥越
中山・西納)
深見村
明治村 明治村 昭和26年4月1日
深見村
津房村 津房村 津房村
院内村 院内村 院内村 昭和30年1月1日
院内村
昭和35年10月1日
町制 院内町
東院内村 東院内村 東院内村
南院内村 南院内村 南院内村
両川村 両川村 両川村
高並村 高並村 高並村

行政[編集]

  • 歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治11年(1878年)11月1日
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 城村以下8村は厳原藩領として記載。
  2. ^ 記載は幕府領。
  3. ^ 記載は下恵良町。
  4. ^ 「旧高旧領取調帳」では中津藩との相給となっているが、本項では「角川」に従って島原藩領とする。
  5. ^ 記載は幕府領。
  6. ^ 昭和10年国勢調査による。国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧可能。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典』44 大分県、「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1980年11月1日。ISBN 4040014405
  • 旧高旧領取調帳データベース

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 2005年
次代:
(消滅)