直入郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大分県直入郡の位置(薄黄:後に他郡に編入された区域 水色:のちに他郡から編入された区域)

直入郡(なおいりぐん)は、大分県豊後国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

歴史[編集]

古代[編集]

天平12年(740年)頃までに成立したとされる『豊後国風土記』において、豊後国の8つの郡のひとつとして直入郡(なおりのこおり)が挙げられている。同書の直入郡の条には、昔、この地に真っ直ぐに伸びた大きなの樹があったことから直桑(なおくわ)村といったのが訛ったものであると記されている。範囲は、概ね、現在の竹田市全域、由布市の一部(旧庄内町南部)にあたる。

また、承平年間(931年 - 938年)に成立した『和名類聚抄』には、この郡に、朽網、三宅、直入、柏原の4郷があったと記されている。

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
直入郡 1座(小)
建男霜凝日子神社 タケヲシモコリヒコノ   (論)健男霜凝日子神社 大分県竹田市神原
(論)穴森神社 大分県竹田市神原
凡例を表示

近世以降の沿革[編集]

  • 明治11年(1878年11月1日 - 郡区町村編制法の大分県での施行により、行政区画としての直入郡が発足。郡役所が竹田町に設置。
  • 明治20年(1887年) - 高城村が恵良原村に合併。(1町68村)

町村制以降の沿革[編集]

1.竹田町 2.豊岡村 3.岡本村 4.玉来村 5.松本村 6.入田村 7.嫗岳村 8.宮砥村 9.柏原村 10.荻村 11.菅生村 12.宮城村 13.城原村 14.明治村 15.白丹村 16.久住村 17.都野村 18.長湯村 19.阿蘇野村 20.下竹田村(紫:竹田市 桃:由布市)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。特記以外は全域が現・竹田市。(1町19村)
    • 竹田町 ← 竹田村、竹田町
    • 豊岡村 ← 会々村、飛田川村
    • 岡本村 ← 三宅村、挟田村、中村、枝村
    • 玉来村 ← 玉来村、拝田原村、吉田村、岩本村
    • 松本村 ← 穴井迫村、君ヶ園村、渡瀬村、岩瀬村、向山田村
    • 入田村 ← 門田村、入田村、太田村
    • 嫗岳村 ← 田井村、倉木村、神原村、中角村
    • 宮砥村 ← 次倉村、九重野村
    • 柏原村(単独村制)
    • 荻村 ← 藤渡村、新藤村、馬場村、桑木村、木下村、政所村、恵良原村、馬背野村、南河内村
    • 菅生村 ← 今村、菅生村、戸上村、小塚村
    • 宮城村 ← 炭竈村、上坂田村、上畑村、刈小野村、古園村、志土知村、川床村、市用村、久保村、下志土知村
    • 城原村 ← 米納村、高伏村、城原村、下坂田村、小川村、福原村
    • 明治村 ← 平田村、植木村
    • 白丹村 ← 白丹村、添ヶ津留村
    • 久住村(単独村制)
    • 都野村 ← 仏原村、栢木村、有氏村
    • 長湯村(単独村制)
    • 阿蘇野村(単独村制。現・由布市)
    • 下竹田村 ← 下田北村、上田北村
    • 今市村が大野郡今市村の一部となる。
  • 明治24年(1891年)4月1日 - 郡制を施行。
  • 明治39年(1906年6月30日 - 玉来村が町制施行して玉来町となる。(2町18村)
  • 大正9年(1920年1月1日 - 久住村が町制施行して久住町となる。(3町17村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和17年(1942年
    • 4月1日 - 竹田町・豊岡村・明治村・岡本村が合併し、改めて竹田町が発足。(3町14村)
    • 7月1日 - 「直入地方事務所」が竹田町に設置され、本郡を管轄。但し、一部は「大分地方事務所」の管轄。
  • 昭和23年(1948年)4月1日 - 長湯村が町制施行して長湯町となる。(4町13村)
  • 昭和25年(1950年
    • 1月1日 - 阿蘇野村の所属郡が本郡から大分郡に変更。(4町12村)
    • 9月1日 - 竹田町の一部(会々・飛田川)が分立して豊岡村が発足。(4町13村)
  • 昭和29年(1954年3月31日(2町4村)
    • 白丹村・久住町が合併し、改めて久住町が発足。
    • 竹田町・豊岡村・玉来町・松本村・入田村・嫗岳村・宮砥村・菅生村・宮城村・城原村が合併して竹田市が発足し、郡より離脱。
  • 昭和30年(1955年
    • 3月20日 - 久住町・都野村が合併して久住都町が発足。(2町3村)
    • 3月31日 - 長湯町・下竹田村が合併して直入町が発足。(2町2村)
    • 4月1日 - 柏原村・荻村が合併して荻町が発足。(3町)
  • 昭和31年(1956年2月1日 - 直入町が大野郡朝地町の一部(神堤)を編入。
  • 昭和32年(1957年1月15日 - 久住都町が改称して久住町となる。
  • 平成17年(2005年)4月1日 - 荻町・久住町・直入町が竹田市と合併し、改めて竹田市が発足。同日直入郡消滅。

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 右記のほか原村がもう一ヶ所と来村が記載されているが、詳細不明。
  2. ^ 無高のため記載なし。
  3. ^ 無高のため記載なし。
  4. ^ 末広利人「日田県管地化の実体:佐伯藩預所の場合 (PDF) 」 大分縣地方史 No.105(1982年3月) pp.20- 37、大分県地方史研究会

参考文献[編集]

関連項目[編集]