上毛郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福岡県上毛郡の位置

上毛郡(こうげぐん)は、福岡県豊前国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

歴史[編集]

古代には三毛郡(みけのこおり)であったが、後に山国川を境に上三毛郡と下三毛郡に分けられ、さらに上毛郡・下毛郡となった。現在でも、山国川を挟んで隣接する旧下毛郡地域(現在の大分県中津市)とは文化・歴史的に関係が深く、合併後100年あまり経った現在でも中津市(旧・下毛郡)と経済・文化面などで一体である。また、2005年10月11日新吉富村大平村が合併して誕生した「上毛町」の町名は、この旧郡名から名付けられている。

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
藩領 豊前小倉藩 27村 東上村、東下村、西友枝村、尻高村、矢方村、河原田村、大村、鳥越村、川内村、四郎丸村、八屋村、赤熊村、川底村、狭間村、薬師寺村、永久村、沓川村、三毛門村、上大西村[1]、青畑村、才尾村、山内村、下河内村、大河内村、岩屋村、篠瀬村、鳥井畑村
豊前小倉新田藩 26村 久路土村、鬼木村、下大西村、塔田村、野田村、荒堀村、今市村、吉木村、清水町村、恒富村、小犬丸村(現・豊前市)、久松村、三楽村、安雲村、緒方村、成恒村、広瀬村、岸井村、堀立村、梶屋村、市丸村、森久村、六郎村、小石原村、皆毛村、高田村
豊前中津藩 18村 小祝村、百留村、八ッ並村、中村、吉岡村、楡生村、広津村、小犬丸村(現・吉富町)、鈴熊村、今吉村、幸子村、上垂水村、下垂水村、宇野村、大ノ瀬村、下唐原村、上唐原村、原井村
豊津藩・中津藩 4村 土佐井村、直江村、土屋村、別府村

町村制以降の沿革[編集]

11.山田村 12.八屋町 13.宇島町 14.千束村 15.三毛門村 16.黒土村 17.横武村 18.合河村 19.岩屋村 20.西吉富村 21.友枝村 22.唐原村 23.南吉富村 24.東吉富村 25.高浜村(水色:中津市 紫:豊前市 桃:吉富町 赤:上毛町 1 - 8は築城郡)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。特記以外は現・豊前市。(2町13村)
    • 山田村 ← 四郎丸村、川内村、鳥越村
    • 八屋町 ← 八屋村、大村
    • 宇島町 ← 宇島村、赤熊村
    • 千束村 ← 千束町、今市村、野田村、塔田村、吉木村、荒堀村
    • 三毛門村 ← 三毛門村、三楽村、森久村、六郎村、市丸村、清水町村、小犬丸村、恒富村、沓川村、久松村
    • 黒土村 ← 岸井村、堀立村、梶屋村、小石原村、皆毛村、高田村、広瀬村、鬼木村、久路土村
    • 横武村 ← 山内村、才尾村、狭間村、薬師寺村、河原田村、永久村、上大西村、下大西村、青畑村
    • 合河村 ← 上川底村、中川底村、下川底村、天和村、下河内村
    • 岩屋村 ← 大河内村、岩屋村、篠瀬村、鳥井畑村、求菩提村
    • 西吉富村 ← 尻高村、矢方村、緒方村、成恒村、安雲村、大ノ瀬村、八ツ並村(現・築上郡上毛町)
    • 友枝村 ← 西友枝村、土佐井村、東上村、東下村(現・築上郡上毛町)
    • 唐原村 ← 原井村、百留村、上唐原村、下唐原村(現・築上郡上毛町)
    • 南吉富村 ← 宇野村、垂水村、中村、吉岡村(現・築上郡上毛町)
    • 東吉富村 ← 幸子村、別府村、楡生村、今吉村、鈴熊村、土屋村、直江村、広津村(現・築上郡吉富町)
    • 高浜村 ← 小犬丸村(現・築上郡吉富町)、小祝村(現・中津市、築上郡吉富町)
  • 明治29年(1896年)4月1日

脚注[編集]

  1. ^ 記載は大西村。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
築上郡