豊国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

豊国(とよのくに、とよくに、古墳時代~7世紀)は、古墳時代にあった律令制以前のの一つ。旧国名を豊日別(とよひわけ)と言い、現在の福岡県東部および大分県全域に相当する九州の北東部地域に存在した。律令制の時代には豊前国豊後国に分かれた。

由来[編集]

豊国は、『古事記』の国産み神話の中で、筑紫島九州島)の4面のうちの一つで、当時は豊日別であったされる。

次生、筑紫島。此島亦、身一而、有面四。面毎有名。故、筑紫国謂、白日別。豊国、言、豊日別肥国、言、建日向日豊久士比泥別。熊曾国、言、建日別。

なお、『日本書紀』には「豊国を豊日別とする記述」は無い。国生み以前には天地開闢の段に、「豊」の字がつく神世七代第3代の豊斟渟尊(とよくむぬのみこと。国常立尊国狭槌尊の次)がおり、『古事記』の神世七代第2代の豊雲野神にあたるが、いずれも姿を隠している。

日本書紀』は、豊国の初代国造豊門別皇子と記す。豊門別皇子は文献によるが、第12代景行天皇の息子、または建弥阿久良命の息子である。また日本書紀天皇本紀景行天皇のもう一人の息子である豊国別皇子のほうは、日向国造となったとしている。 『豊後国風土記』は豊国の国名の由来を次のように記す。

景行天皇の命によってこの地域を治めていた菟名手(うなで)[注釈 1]仲津郡を訪れると、白鳥が飛んで来て、まずとなり、次いでであったにもかかわらず幾千もの芋草(里芋)となって茂ったので、菟名手がこの天皇に献じたところ、天皇は「天の瑞物、土の豊草なり」と喜んで、この地を「豊国」と名付けた。

歴史[編集]

旧石器・石器時代[編集]

大分県大野郡の大野川流域にある上田原東遺跡(大分県豊後大野市)では、旧石器時代の遺物の出土がある。扁平打製石斧(石クワ)が多く出土し、稲作に関連する石包丁は出土していないため、当時は水田稲作ではなく、畑作を中心とした生業が営まれていたとみられている[1]

縄文・弥生時代[編集]

縄文時代後期から弥生時代中期に竪穴式住居や、花弁形の建物、土坑(貯蔵穴)が使用されていたことが分かっている。この時代は大野郡陣箱遺跡の地域が発達した[1]

邪馬台国・九州王朝との関係[編集]

  • 3世紀の魏志倭人伝には、邪馬台国には鉱物のや、植物のボケクスノキがあり、貿易の要地である伊都国糸島市)に一大率などの警備機関があり、[邪馬台国と帯方郡が交易している旨がある。これら産物は豊国の産物との類似がある。海部郡や大分郡に丹生の地名があり、クスノキは九州に分布する木であり、また少なくとも玖珠郡にはクサボケの自生がある。
  • 日田街道日田から九州各地を繋ぐ街道であり、内陸部ではあるが日田邪馬台国九州王朝の要地であった可能性がある。
  • 邪馬台国の地域の国名にしばしば現われるの字(狗奴、蘇奴など)は、古代朝鮮の高句麗にあった(な)、(か)といった地縁的政治集団に由来する可能性がある。高句麗は円形・方形の古墳築造や殉死の文化があり、248年まで東川王があって帯方郡を攻撃するなどしており、が240年代に高句麗の国都を陥落させたときには、王は沃沮(東海・日本海側)に退避していた。
  • 248年に邪馬台国の卑弥呼が没し、その後、帯方郡の武官長政が266年まで滞在していたが、313年には帯方郡が滅びている。その後の4世紀は、倭の五王中国南朝など)に朝貢して官職を得ていた。
  • 大分県と宮崎県の県境にある祖母山の名前は、神武天皇の祖母の豊玉姫に由来しており、また、山の宮崎県の側には天照大神天の岩戸隠れの場所であるとされる天岩戸神社がある。
  • 日本書紀によれば、九州北部の筑紫国には豪族の宇沙都彦がおり[注釈 2]神武東征の逸話では、日向国の初代神武天皇のために一柱騰宮(あしひとつ あがりのみや)を造営して饗応したとされる(宇沙都彦の子孫は8世紀には宇佐郡で勢力を持つ)。
  • 第12代景行天皇の息子豊門別皇子は、初代の豊国国造となり、その弟の豊国別皇子は、初代の日向国国造となった。
  • 第13代成務期、筑紫国に天竺(インド)の霊鷲山の僧「清賀」が渡来し、千如寺糸島市)を開創した(寺伝)。
  • 第14代仲哀天皇期には、筑紫の橿日宮にいたときの神功皇后による馬韓弁韓辰韓(それぞれのちの百済任那加羅新羅の地域)への三韓征伐の逸話がある。この直前に皇后が武内宿祢を召して筑紫国那珂郡に作った裂田の溝(うなで)は、日本最古の用水路であり現在も利用されている。
  • 283年(第15代応神期)には、百済から多数の弓月君の氏族が渡来し、帰化したと言われている。
  • 豊後国風土記によれば、豊国には土蜘蛛の部族もいた。
  • 391年、新羅百残が高句麗の属国であったころに、倭国が攻め入り、百残・加羅・新羅を属国とした(好太王碑の解釈の一説)。

古墳時代[編集]

大野郡の遺跡や、日田郡小迫辻原遺跡(おざこ つじばる、日田市)の調査から、弥生時代終盤から古墳時代にかけて集落の移動があり、竪穴式住居が方形になったことが分かっている。古墳時代の後半にはそうした住居にも作られるようになった。

小迫辻原の環壕居館の遺構は、3世紀末から4世紀初頭のもので、日本最古の豪族の居館であるとされている。

このような豪族が土地を開墾していくなどして、宇佐郡、三毛郡(上毛郡下毛郡)、企救郡田川郡京都郡仲津郡築城郡(のちの豊前国)、また日田郡大分郡大野郡海部郡国東郡速見郡直入郡玖珠郡国崎郡(のちの豊後国)の(こおり、「」)が形成されていったと見られる。

5世紀の第21代雄略の時代には、日本の高句麗侵攻・新羅侵攻、また高句麗の百済侵攻があり、この時期には、大陸から才伎(手工業者)の漢織(あやはとり)・呉織(くれはとり)が招かれたり、秦民(秦氏後裔)の養蚕業が整備されるなど、渡来人技術者が重用されている。

各評[編集]

速見郡の名の由来は、豊国よりも前にあった碩田国の早津村の長であった速津媛である。纏向日代宮の景行天皇は、熊襲征伐に向かうときにこの媛と出会い、鼠石窟という場所と禰疑野という場所にいた土蜘蛛も討伐した[2]。景行12年、宇奈岐日女神社(うなぐひめ じんじゃ)が創始されている。

日田郡では、3世紀末から4世紀初頭に豪族の居館が建造されている(小迫辻原遺跡)。

大野郡では、4世紀末頃に前方後円墳である立野古墳が築造されている(上田原東遺跡)。遺跡から縄文土器石器弥生土器土師器須恵器鉄製品青磁白磁常滑焼等が出土していることからすれば古代から交易が活発である。貴船神社がある。

大分郡は、4世紀末から5世紀前半に前方後円墳の亀塚古墳が築造された。石棺、短甲・鉄刀の破片、滑石製の勾玉、碧玉製の管玉、ガラス製の小玉などが出土している。

玖珠郡では、6世紀中頃に亀都起古墳(きつきこふん、きどきこふん)が築造されており、ここからは円筒埴輪や人物埴輪も出土している。垂仁天皇以降の土師部などの部民制品部(世襲制の職業)の普及もあったと思われる。

宇佐郡(菟狭。宇沙)は、568年(欽明天皇29年)に霊媒大神比義が、応神天皇の魂を祀る鷹居八幡神社・鷹居社(大八島八幡神の総本社。のちの宇佐神宮)を建立し、比義の子孫が神部(大神部・少神部)の大神氏となり宇佐郡や大分郡の地域で栄えた。宇佐神宮には社伝に水銀中毒事件らしきものの記録があり、大神氏が鉱業家であったという説もある[3]。宇佐郡にも貴船神社が多く造営されている。769年の道鏡事件のあとには、ヤマト政権と繋がりのある宇沙都彦を祖とする宇佐氏が社家として台頭した。

律令制以降[編集]

令制国(豊前国/豊後国)
豊前国(■)
豊前国()
豊後国(■)
豊後国()
6世紀の九州

九州北部の筑紫国においては、527年(第26代継体21年)、新羅阻止のために朝鮮半島に出兵する近江毛野と、新羅と通じていたとされる筑紫国造の豪族筑紫君磐井とのあいだで磐井の乱が起きた。また、531年に北魏から善正上人が渡来して霊泉寺を創設して修験道を作った。534年の北魏の分裂と、第29代欽明天皇期の任那伽耶の滅亡からしても、鮮卑新羅の民族の影響が少なくない。

7世紀

660年(第35代斉明6年)に新羅百済を滅ぼしたため、ヤマト政権は百済復興を目指して朝鮮半島に出兵したが、白村江の戦いにおいて、日本百済遺民の連合軍は、新羅の連合軍に敗北した。このことから国内でも軍備の見直しが行われることになり、九州北部の大宰府の周囲に土塁が築かれたと言われている。この大宰府も、日田とは日田街道で繋がっている。672年には壬申の乱の影響が各地に広がった。飛鳥の法隆寺が北魏様式に再建されるなど、北魏文化の影響が強まった。

こうしたなかで、九州の国は、7世紀末の第42代文武天皇のころに、筑前・筑後、肥前・肥後、豊前国豊後国、などのように二つに分けられたといわれる。一方、考古学的見地からは、豊国を統治する勢力があったわけではなく、ヤマト朝廷がこの地域の一部にあった豊国の名称を全体を指して使用した、あるいは豊前国、豊後国の制定時に使用した、との説もある。

8世紀

九州南部で隼人の反乱が起き始め、朝廷軍は大宰府を利用して鎮圧のための出兵をしている。また宇佐の神軍も出兵したが、そのときには薦神社(の前身の社)のマコモも使われたといわれている。

宇佐八幡荘園であった国東半島には、養老年間に、仏僧の仁聞が28の寺院「六郷満山」を開基したという伝説がある。また、仁聞は同時期、柚富郷(由布市)に六所権現(大神氏阿南荘)も造営したとされているが、延喜式外神社であり、ヤマト政権と直接の関わりがなかった可能性がある。

玖珠郡では、718年(養老2年)に亀都起古墳の場所に亀都起神社が造営された。杵築神社(初期の出雲大社)の朱砂男櫛名田比売を勧請して祀ったものとされている。境内には巨石を使った手水舎があり、茅葺屋根の拝殿があり、また入口の池の中央には島が造形されている。

一方、第43代元明の命により、710年には風土記として出雲国風土記、712年には史書として古事記が奈良で編纂される。720年には、群郷の特徴や由緒が記録された豊前国風土記豊後国風土記が編纂され、また第40代天武天皇の命によって舎人親王が編纂した日本書紀が献上された。

後に令制国に対し中国風の別称がつけられた際、豊前国と豊後国のどちらか一方、あるいは両方をさして豊州(ほうしゅう)と称するようになった。また、豊国と同じ地域、すなわち、豊前国と豊後国の両国をさす語としては、二豊(にほう)・両豊(りょうほう)も用いられる。福岡県東部を除く豊国のほぼ全域が大分県にあたることから、今日でも「豊国」や「二豊」が大分県の別名として用いられることがある。

人物[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
注釈
  1. ^ 「うなで」には「溝」、「用水路」の意味がある。「裂田の溝」を参照。
  2. ^ 他方、古事記に現われる同じ宇沙都彦は、宇佐郡の豪族であるとされている。
出典

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]