近江毛野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

近江 毛野(おうみ の けな[1]、生年不詳 – 継体天皇24年(530年))は、継体天皇朝の豪族将軍(カバネ)は(おみ)。日本書紀では「近江毛野臣」の名で記される。

出自[編集]

近江氏(近江)は近江国の豪族で、武内宿禰の後裔で波多氏の支族[2]

経歴[編集]

継体21年(527年)、新羅によって奪われた南加羅・喙己呑などの諸国を奪還すべく任那への赴任を命じられる。しかし、その途中に筑紫国造磐井が新羅と組んで毛野の進軍を妨害しようとしたため、渡海できなかった。このとき、磐井は毛野に対して、「昔は吾が伴として、肩摩り肘触りつつ、共器にして同食ひき」(かつて同じ飯を食った仲間がなぜ命令するか)と詰問したとされる[3]が、近江の豪族・毛野と筑紫の豪族・磐井との間に、それ以前に交流があったかどうかは不明である。

結局、物部麁鹿火によって磐井の乱が平定された後、翌々年の529年に、毛野はようやく任那の安羅に赴任し、新羅との間で領土交渉を行った[4]。しかし、毛野は驕慢な振る舞いが多く、新羅・百済両国王を召し出そうとしたが、両者が応じず失敗。逆に両国から攻撃される始末であった。その打開策として、洛東江の河口岸の金官(こむかん)・背伐(へぼつ)・安多(あた)・委陀(いだ)、もしくは多多羅(たたら)・須那羅・(すなら)和多(わた)・費智(ほち)の4村を掠め取ったという[5]。さらに。日本人と任那人との子供の認知訴訟で、誓湯(うけいゆ)を行い、多くの人の手をただれさせて死に追いやったり、吉備韓子那多利(きび の からこ なたり)・斯布利(しふり)を殺したりと、常に人民を悩まし、和解することがなかったという[6]。事態を重く見た朝廷から帰還の命令が出されたが、これを無視。530年、再び召還されて応じるも、その帰途対馬で病死した。故郷の近江国野洲郡小篠原村滋賀県野洲市小篠原)に葬られたという。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「毛野」を「けな」と読むのは、『日本書紀』継体天皇24年是歳条の妻の挽歌による。
  2. ^ 太田亮『姓氏家系大辞典』角川書店、1963年
  3. ^ 『日本書紀』継体天皇21年6月3日条
  4. ^ 『日本書紀』継体天皇23年3月条
  5. ^ 『日本書紀』継体天皇23年4月条
  6. ^ 『日本書紀』継体天皇24年9月条